りそな銀行の住宅ローンを徹底解説!都市銀行のなかで低金利が魅力の住宅ローン

住宅ローンフラット35基本
じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に合った住宅資金の借入先を見つけるには時間がかかると思います。しかし住宅ローン選びは時間をかける価値があります。一般的な住宅ローンの基準がわかれば、どの金融機関がお得でどの金融機関のサービスが特徴的なのか、区別を付けられるようになるでしょう。

これから住宅ローン選びをしようとしている人は、どのような金融機関があるか、それぞれの金融機関はどのような特徴があるかを調べることが大切です。そこで今回は、りそな銀行の住宅ローンに注目し、その特徴やメリット・デメリット、どのような人に向いているかなどFPの立場で解説していきます。

執筆者情報

F&J FP事務所

F&J FP事務所 ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーとして、住宅ローンや保険の相談・アドバイスをしております。これから住宅ローンを利用しようとしている方々に向けて、公正中立な立場で役に立つ情報を発信できればと考えております。


詳細はコチラ

りそな銀行 住宅ローンの特徴

りそな銀行は、埼玉りそな銀行、関西アーバン銀行、近畿大阪銀行、みなと銀行と同じ、りそなホールディングスの金融機関です。りそな銀行と埼玉りそな銀行の住宅ローンは、金利や諸費用などほとんど同じです。

りそな銀行の住宅ローンは、都市銀行のなかでも金利が低いことが特徴で、利用しやすい金融機関の一つではないでしょうか。

また二世帯住宅希望者向け、女性向け、省エネ住宅向けとニーズに合わせた商品を取りそろえていることも特徴です。

出典:りそな銀行「住宅ローン」

りそな銀行
りそな銀行
適用金利
変動金利
0.470%

2019年9月適用金利

融資手数料型の金利

当初10年固定
0.550%

2019年9月適用金利

融資手数料型の金利

当初20年固定
0.850%

2019年9月適用金利

融資手数料型の金利

全固定25年
1.095%

2019年9月適用金利

融資手数料型の金利

全固定35年
1.145%

2019年9月適用金利

融資手数料型の金利

保証料 事務手数料 審査期間
一部あり 保険会社事務取扱手数料:32,400円(税込) 融資手数料:借入金額×2.16% 1ヵ月
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
毎月元利均等返済 必要 一部無料 ※1
固定期間 借入可能額 対応地域
50万~1億円 全国 ※2

マイホームを「買いたい」「建てたい」「リフォームしたい」そんなあなたの夢を応援する住宅ローンの基本形です。4つのメリットでオトク。

公式サイトはこちら

※1 Webコミュニケーションサービス「マイゲート」からのお手続きで一部繰上返済手数料が無料となります。マイゲートから全額返済のお手続きはできません。詳細はりそな銀行公式ページをご確認ください。
※2 一部取り扱いできない地域がございます。

おすすめの金利タイプ

店舗型の金融機関のなかでは金利が低い方で、特に変動金利型の金利は低く設定されています。変動金利型を中心に住宅ローンの返済をお考えの人にとっては魅力のある金融機関の一つと言えるでしょう。

ただ金利が低いことだけでなく、諸費用を含めて負担が軽いかどうかを確認し、判断しなければなりません。諸費用を低く抑えている金融機関が増えていますので、最終的な決定はシミュレーションをしてからにしましょう。

<2019年09月01日現在 金利一覧>

分類 金融機関 変動金利型 当初固定金利10年
都市銀行 みずほ銀行 新規 0.525%
借換 0.525%
新規 0.600%
借換 0.600%
三菱UFJ銀行 新規 0.525%
借換 0.525%
新規 0.590%
借換 0.590%
三井住友銀行 新規 0.500%
借換 0.625%
新規 1.000%
借換 1.000%
りそな銀行
※2019年9月適用金利
新規 0.470% ※1
借換 0.429% ※2
新規 0.550%※1
借換 0.550%※2
信託銀行 三菱UFJ信託銀行 新規 0.525%
借換 0.525%
新規 0.590%
借換 0.590%
三井住友信託銀行 新規 0.475%
借換 0.475%
新規 0.600%
借換 0.600%
ネット銀行等 イオン銀行 新規 0.520%
借換 0.470%
新規 0.690%
借換 0.690%
じぶん銀行 新規 0.457%
借換 0.457%
新規 0.590%
借換 0.590%
新生銀行 新規 0.450%
借換 0.450%
新規 0.800%
借換 0.800%
住信SBIネット銀行 新規 0.447%
借換 0.418%
新規 0.650%
借換 0.650%
ソニー銀行 新規 0.457%
借換 0.507%
新規 0.580%
借換 0.630%
楽天銀行 新規 0.527%
借換 0.527%
新規 0.879%
借換 0.879%

※金利はいずれも、適用期間中、ずっと割引される「全期型(通期型)」です。
※各金融機関のサイト上の数値で、最も低い金利を掲載しております。借り入れ条件により金利は変化します。
※1 融資手数料型の金利となります。
※2 Web申込限定プランの金利となります。 

りそな銀行の金利についてかんたんに確認できたら、りそな銀行のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

りそな銀行のメリット・デメリットを徹底解説

これから金融機関を選ぶ人向けに、りそな銀行のメリットとデメリットを紹介していきます。特徴をどのようにとらえたらよいかわからない人は参考にしてみてください。

メリット

店舗型の金融機関のなかでは低金利で総返済額が少なくて済む


住宅ローンで適用される金利は、審査により基準となる金利からどのぐらい引き下げるかを決定しています。一般的に引き下げ幅が固定されているネット銀行等とは異なり、審査結果を見てみなければ適用される金利はわかりません。これは期待する適用金利にはならないけれども、審査には通る可能性がある、ということもできます。

そのためネット銀行等の低金利では審査が通らないが、りそな銀行の審査では通ることもあるでしょう。住宅ローンは審査に通らなければなりませんので、金融機関のなかでも最低金利ではなくても、審査に通る金融機関のなかでは最低金利になるかもしれません。

デメリット

保証料、融資手数料の額は標準的で負担が大きくなる


金利が低くても諸費用の額によって負担は変わります。りそな銀行の諸費用は保証料型と融資手数料型の2種類ありますが、いずれも標準的な金額となっています。

最近ではネット銀行等で金利だけでなく、諸費用も低い金融機関もありますので、諸費用を含めると負担は大きくなる可能性があります。

メリットやデメリットは、住宅ローンの借入金額や収入、考え方によって変わります。金融機関のどの特徴を重視するか考えてみてください。

他の金融機関にない、りそな銀行ならではの特徴を知ろう

ここでは借入先を決める際に選んだ理由となりそうな、りそな銀行の特徴を紹介していきます。りそな銀行は、一般的な住宅ローン以外にも様々なニーズに合わせた商品が用意されています。

太陽光発電システムを設置する予定の人向けの住宅ローン

住宅に太陽光発電システムを設置する予定の人向けに、日照補償付住宅ローン「晴れたらいいね」という商品があります。

日照補償付住宅ローンでは、太陽光発電システムの費用を合わせて借り入れることができ、日照補償サービスを無料で利用することができます。

日照補償は、借入後3年間、基準日照時間を下回った場合に補償金を受け取れるサービスです。具体的には、都道府県ごとの基準日照時間より、観測地点における日照時間の1年累計値が30時間以上短かった場合に1時間当たり100円の補償金(年間5万円が上限)を受け取ることができます。

たとえば埼玉県の基準日照時間が1,750時間で、 観測地点における日照時間の1年累計値が1,700時間の場合、基準日照時間より30時間以上短いので、「50時間×100円=5,000円」の補償金が支払われる仕組みです。

出典:りそな銀行「日照補償付住宅ローン「晴れたらいいね」」

女性向けの専用住宅ローン

りそな銀行には、「凛next」という女性向け住宅ローンがあります。金利の引き下げ幅は審査結果によりますが、基準金利より最大年2.005%引き下げられます。

またケガや病気で働くことができなくなった場合、ローン返済支援保険による保障を受けることができます。疾病や障害による就業障害が30日間超続いた場合に適用され、ローンの返済額分が保険金として支払われます。

ローン返済支払保険の保険料は無料で、最長3年間の補償を受けることができます。地震や噴火またはこれらによる津波を原因としたケガによる就業障害も対象となるのが特徴です。

※告知の内容によっては、ご加入いただけない場合がございます。

出典:りそな銀行「りそな女性向け住宅ローン・借りかえローン『凛next』」

FPが解説!りそな銀行住宅ローンが向いている人・向いていない人

向いている人

低金利で借りたい人

りそな銀行のメリットでも解説しましたが、りそな銀行の住宅ローンの金利は低い方で、諸費用は標準的です。一般的に借入条件がいいほど審査は厳しくなりますので、最も金利が低く、諸費用の安い金融機関で借りられるとは限りません。そのため、借入先の候補としておけば、現実的に借りることのできる金融機関で最も低い金利となる可能性があります。

他にも金利の低い銀行はこちらの記事「低金利だけで選ぶべき?住宅ローン選びのコツとネット銀行の金利事情」でまとめてありますので、よければ参考にしてください。

向いていない人

保証料・融資手数料等をおさえたい人

ネット銀行を中心に、保証料や融資手数料の金額はかなり低くなっています。そのため、りそな銀行のような保証料や融資手数料で借入金額3,000万円に対して60万円超かかる金融機関の諸費用は高く感じてしまうでしょう。
 
どの点を重視するかによって向き不向きは変わります。重視するポイントをまとめ、金融機関ごとに整理しておくといいでしょう。

りそな銀行の審査について知ろう

借入先が絞られてくると、審査に通るかどうかについて気になるところです。個々の状況によって審査に通りやすいかどうかは異なり、審査内容は公開されませんので、審査に通りやすいかどうかを断定することはできません。

金利が低いなど条件がいいほど審査は厳しくなるのが一般的です。最終的に複数の金融機関に審査を出すと思いますが、金利だけでなく総合的に選んでおくと審査に通りやすくなるでしょう。

審査の通りやすさ

りそな銀行の住宅ローン金利は低い方ですが、金利の引き下げ幅は審査によって決定しますので、ある程度、審査に柔軟性があります。通りやすいとは言えませんが、収入に見合う借入金額であれば通る可能性は高くなると思われます。

審査のスピード

りそな銀行の公式サイトに審査期間が明記されておりませんので詳細は分かりませんが、一般的に事前審査だけなら1週間程度と思われます。

審査の結果が出るまでにどのくらいかかるか、住宅取得の手続きに影響しますので事前に確認しておきましょう。

りそな銀行 住宅ローンの申し込みの流れ

申込の流れは、インターネット経由か窓口経由かによって違いはありますが、一般的な流れは次のようになります。

  1. 事前審査の申し込み(インターネットまたは窓口)
  2. 正式申込
  3. 契約
  4. 抵当権の設定
  5. 借り入れ

出典:りそな銀行「お手続きの流れ」

注文住宅か建売住宅か、建物のタイプによって手続きの詳細は変わってきますので、事前に確認しておきましょう。

まとめ

りそな銀行の住宅ローン諸費用は標準的ですが、都市銀行のなかでは金利が低く、ネット銀行のような原則、電話やメールでのやり取りが中心となる金融機関が苦手な人にとっては借入先の候補になるのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、最終的に借入先を決める際には、金利だけでなく諸費用や団信の保険料など総合的に判断し、ご自身に合った金融機関を見つけてください。

また、こちらの記事では自分にあった住宅ローンを選ぶポイント解説していますので、よければ参考にしてください。
あなたにぴったりな住宅ローンが見つかる!金利比較とかんたんシミュレーション

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年9月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

当初固定2年

2019年9月適用金利

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年9月適用金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

当初固定3年

2019年9月適用金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662