じぶん銀行住宅ローンのメリット・デメリット!金利や審査の流れを徹底解説

住宅ローンじぶん銀行
じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FPがじぶん銀行の住宅ローンについて解説します。メリットなど良いところだけでなく、デメリットも正直に解説していますので、住宅ローン選びの参考にしてください。

住宅ローンを選ぶ手順は、金利の低いところを複数選び、自分の条件でシミュレーションをしながら絞り込みます。2~3行程度まで絞り込んだら対面相談や仮審査に申し込みます。

最近は、差別化を図るために様々な特徴を打ち出す金融機関も増えていますが、住宅ローンを選ぶ順番は変わりません。優先順位を意識して、記事を読んでください。

じぶん銀行
適用金利
変動金利
0.457%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.590%

2019年7月適用金利

当初20年固定
1.293%

2019年7月適用金利

全固定35年
2.220%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 2週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~1億円 全国

三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資の住宅ローンの安心感!手厚い保証がついて低金利で提供。また、申込みから契約までネットで完結が可能!契約書の捺印は一切不要です。【借換えキャンペーン中!現金2万円キャッシュバック※2019年9月30日まで】

公式サイトはこちら

じぶん銀行住宅ローンの金利・諸費用

じぶん銀行住宅ローンの金利は、業界の中でもトップクラスの低金利となっています
当然のことですが金利が低ければ、それだけ利息による負担額を抑えられるので、少しでも利息負担を抑えたいという方にとって、魅力的な住宅ローンといえます。

金利プランは、最もニーズのある変動金利型と固定金利期間選択型(固定金利特約)を扱っており、固定金利の期間は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年と幅広い期間から選択することができます。

また、全期間引下げプランと当初期間引下げプランからの選択が可能であったり、変動金利と固定金利を組み合わせるミックスタイプも取り扱われていたりと、幅広い金利プランから選択をできるという点も魅力のひとつと言えます。

ここでは、じぶん銀行住宅ローンを全期間引下げプランと、当初期間引下げプランに分けて、それぞれを解説していきます。

全期間引き下げプラン

全期間引き下げプランは、「借り入れしている間、金利をずっと引き下げるプラン」です。

・長期間での借り入れを予定している人
・繰り上げ返済をあまり利用しない予定の人

などに向いていますね。

じぶん銀行住宅ローンの全期間引き下げプランの金利は下記の通りです。

金利タイプ 新規 借り換え
変動金利 0.457%

2019年7月適用金利

0.457%

2019年7月適用金利

固定2年 1.42%

2019年7月適用金利

1.42%

2019年7月適用金利

固定3年 1.42%

2019年7月適用金利

1.42%

2019年7月適用金利

固定5年 1.44%

2019年7月適用金利

1.44%

2019年7月適用金利

固定10年 1.54%

2019年7月適用金利

1.54%

2019年7月適用金利

固定15年 1.67%

2019年7月適用金利

1.67%

2019年7月適用金利

固定20年 1.8%

2019年7月適用金利

1.8%

2019年7月適用金利

固定30年 2.12%

2019年7月適用金利

2.12%

2019年7月適用金利

固定35年 2.22%

2019年7月適用金利

2.22%

2019年7月適用金利

関連記事住宅ローンの変動金利は怖くない!リスクを抑えてメリットを活かす賢い使い方

当初期間引き下げプラン

当初引き下げプランは、借り入れした後の「数年間の金利の引き下げ幅が大きくなるプラン」です。

・積極的に繰り上げ返済をして、当初期間前後で完済をする予定の人
・当初期間終了後に借り換えを検討している人

などに向いています。

当初期間引き下げプランの金利は、下記の通りです。

金利タイプ 新規 借り換え
固定2年 0.38%

2019年7月適用金利

0.38%

2019年7月適用金利

固定3年 0.48%

2019年7月適用金利

0.48%

2019年7月適用金利

固定5年 0.5%

2019年7月適用金利

0.5%

2019年7月適用金利

固定10年 0.59%

2019年7月適用金利

0.59%

2019年7月適用金利

固定15年 1.193%

2019年7月適用金利

1.193%

2019年7月適用金利

固定20年 1.293%

2019年7月適用金利

1.293%

2019年7月適用金利

固定30年 1.58%

2019年7月適用金利

1.58%

2019年7月適用金利

固定35年 1.68%

2019年7月適用金利

1.68%

2019年7月適用金利

おすすめの金利タイプ

じぶん銀行住宅ローンでは、変動金利と、当初期間引下げプランの固定10年がおすすめです

変動金利は、ネット銀行の中でも金利が低くなっています。
金利の低さでよく比較されるのは「住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン」ですが、じぶん銀行では「がん50%団信」などの特徴的なサービスが存在することがメリットですね

金利の差と、団信・保障の内容を比較して、どちらが自身にとってベストな住宅ローンなのかを考えてみましょう。

また、当初期間引下げプランの固定10年は、他の金融機関と比較しても金利が低く、2019年2月時点ではもっとも低金利の住宅ローンです(※)。
※同一の金利の住宅ローンに、au住宅ローン・ソニー銀行が存在します。

将来的に借り換えを検討している方や、返済期間が15年~20年を予定している方にとって、じぶん銀行住宅ローンの固定10年はおすすめです。

諸費用

ここではじぶん銀行住宅ローンを利用する際に必要な諸費用について解説します。

じぶん銀行は低金利が魅力ですが、事務手数料は「借り入れ金額×2.16%」となっているため、メガバンクと比較するとやや高めの部類に入ります。

住宅ローンを申し込む前に「諸費用がどれくらい必要なのか」ということは、必ず確認しておきましょう。


項目 費用
事務手数料 借り入れ金額×2.16%
一部繰り上げ返済手数料 無料
全額繰り上げ返済手数料 変動金利の場合 無料
固定金利特約期間中 32,400円
金利タイプの変更手数料 変動から固定金利への変更 無料

じぶん銀行住宅ローンの団信・保障

じぶん銀行住宅ローンでは一般の団信だけでなく、がん50%保障団信や、11疾病保障団信など、さまざまな団信プランが存在していて、住宅ローンを契約する場合には必ずどれかの団信プランに加入する必要があります。

団信プランは全部で5種類あり、保障内容を簡潔にまとめたのが次の表になります。

一般団信 がん50%
保障団信
がん100%
保障団信
11疾病
保障団信
ワイド
団信
金利の上乗せ なし なし +0.2% +0.3% +0.3%
死亡・所定の高度障害状態
余命6ヶ月以内と判断された場合
がんと診断された場合
10種類の生活習慣病で
180日以上継続入院した場合

それぞれ解説していきます。

一般団信

一般団信は、住宅ローンの契約者が下記の状態になった場合に住宅ローンの残高が0円になるというものです。

一般団信が適用される状態

  • 死亡または所定の高度障害状態になった場合
  • 医師により余命6ヶ月以内と判断された場合

一般団信は金利の上乗せや、保険料は0円で利用できます。

余談ですが、多くの金融機関のホームページでは「一般団信の保険料が0円で利用できる」ということがメリットとして記載されていますが、一般団信の保険料はどの金融機関でも0円です。

ですので、一般団信の保険料が0円であることは、他行と比較した場合のメリットではないという事は覚えておきましょう。

じぶん銀行住宅ローンの団信におけるメリットは、次で紹介する「がん50%保障団信」が挙げられます。

がん50%保障団信

じぶん銀行住宅ローンの大きなメリットのひとつとして、この「がん50%保障団信」が挙げられます。

がん50%保障団信は、一般団信の保障内容に加えて「がんと診断確定されたら、住宅ローンの残高が1/2になる」という保障が追加されたものです。 就業不能にならなくても、がんと診断確定された段階で保障が適用される点も嬉しいポイントです。

他行でもあまりないサービスで、なおかつ金利の上乗せなしで利用できるので、じぶん銀行住宅ローンの大きなメリットのひとつです。

また、医師の手配や紹介を受けることができる「セカンドオピニオンサービス」や、「24時間電話健康相談サービス」などのサービスを利用できる特典もあります。

じぶん銀行住宅ローンを利用する場合は、一般団信だけでなく、必ず「がん50%保障団信」も利用しましょう

ただし、満50歳まででなければ加入できない点には注意が必要です

がん100%保障団信

がん100%保障団信は、「がんと診断確定されたら、住宅ローンの残高が0円になる」という保障です。

がん50%保障団信と比較すると、がんと診断された時に保障される金額が大きくなりますが、がん100%保障団信を利用するには、金利が年0.2%高くなるため注意しましょう

セカンドオピニオンサービスと24時間電話健康相談サービスも受けられる点や、満50歳まででなければ加入できない点は、がん50%保障団信と同じです。

11疾病保障団信

11疾病保障団信は、がん100%団信の内容に加えて、「10種類の生活習慣病で180日以上の継続入院をした場合に、住宅ローン残高が0円になる」という保障が追加されたものです。

急性心筋梗塞や脳卒中なども対象となるため、返済中の「もしもの場合」に備えられる保障となっています。

対象となる疾病の種類

がん(所定の悪性新生物)、糖尿病、高血圧性疾患、腎疾患(慢性腎不全など)、肝疾患(ウイルス肺炎・肝硬変など)、慢性膵炎、脳血管疾患(脳卒中、くも膜下出血など)、心疾患(急性心筋梗塞・心筋症など)、大動脈瘤および解離、上皮内新生物、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん

幅広い病気が保障対象となりますが、金利は年0.3%の上乗せが必要ということには注意しましょう

がん50%保障団信、がん100%保障団信と同様に、セカンドオピニオンと24時間電話健康相談サービスも受けられる点、満50歳まででなければ加入できない点は同じです。

ワイド団信

ワイド団信は、健康上の理由で通常の団信に加入できない場合でも、加入できる場合がある団信です

高血圧症や脳卒中、糖尿病、肝機能障害などの人でも加入できる場合があり、保障内容は一般団信と同じです。

金利の上乗せが年0.3%必要ということには注意が必要です

じぶん銀行住宅ローンのメリット

じぶん銀行の住宅ローンは低金利が魅力ですが、他にも多くのメリットがある住宅ローンです。

じぶん銀行住宅ローンのメリットは、

  • 金利が低いため、総返済額をおさえることができる
  • がん50%団信の保険料が無料
  • 収入印紙が無料なので、諸費用が少しおさえられる
  • 電子契約で、申込みから契約までの期間が短く、住宅購入計画が立てやすい

などが挙げられます。
それぞれ解説していきます。

金利が低いため、総返済額をおさえることができる

住宅ローンは金利が低いことが第一です。じぶん銀行の金利は、次の表でも分かりますように、金利水準はかなり低くなっています

▼金利比較表

分類 金融機関 変動金利 固定金利10年
都市銀行 A銀行 0.600% 0.775%
B銀行 0.625% 0.750%
C銀行 0.625% 1.050%
D銀行 0.520% 1.295%
信託銀行 E銀行 0.575% 1.140%
F銀行 0.525% 0.700%
ネット銀行 G銀行 0.570% 0.690%
じぶん銀行 0.457%

2019年7月適用金利

0.59%

2019年7月適用金利

H銀行 0.477% 1.120%
I銀行 0.529% 1.012%
J銀行 0.517% 1.099%

※じぶん銀行の変動金利は「全期間引下げプラン」、固定10年は「当初期間引下げプラン」となります。A~J銀行も同じプランで比較しています。

がん50%保障団信の保険料が無料

「がん50%保障団信」とは、医師から「がん」と診断確定された場合に、住宅ローンの残高の半分が免除されるプランです
がんと診断された場合、その後は治療費や入院費など多くの費用が必要になります。
そんな時、がん50%保障団信があれば、住宅ローンによる家計への負担を大きく軽減することが可能です。

残高の100%が免除される訳ではないものの、残高の半分が免除されるプランが無料であることは、じぶん銀行住宅ローンのメリットの1つといえます。

ただし、がん50%保障団信には注意点もあります。

がん50%保障団信は、がん保険と同じなので責任開始日から90日間は免責期間となり、その間にがんと診断されても半分にはなりません

また免責期間中に診断確定されたがんが、免責期間後に再発・転移をしても対象とならず、保険金は支払われません(新たながんは対象となります)。悪性新生物のがんが対象(上皮内がんは対象外)ですので、過度の期待は禁物です。

収入印紙が無料なので、諸費用が少しおさえられる

じぶん銀行のサイトを見ると6つの「0円」を特徴としています。一般団信の保険料、保証料、一部繰上返済手数料が「0円」であることは他と変わりませんが、収入印紙が無料なので、諸費用の負担を減らすことができます

契約額が1,000万円超5,000万円以下で20,000円必要ですので、メリットといえます。ただ注意が必要なのは、契約書での手続きをした場合は無料になりません
無料になる理由は、契約書の記入や捺印は不要で、紙ベースの契約をしないためです。

電子契約で、申込みから契約までの期間が短く、住宅購入計画が立てやすい

じぶん銀行は、「申込から契約まで最短約10日を目指す」としており、仮審査は最短当日、本審査は最短2~3営業日での回答が可能です。

ただ実際には、仮審査の申込みでの入力時間、本審査に申し込むかの検討期間と書類の準備期間、司法書士との面談・調整などありますので、10日で契約成立までたどり着ける人は少ないと考えています。

じぶん銀行住宅ローンのデメリット

金利が低くても、総返済額は高くなることもある

じぶん銀行の団体信用生命保険は、がん50%保障団信という他にはない団信が無料となる特徴があります。
ですが、がん100%保障団信は金利上乗せ0.2%、11疾病保障団信は金利上乗せ0.3%となっています

疾病保障が金利の上乗せなしで利用できる金融期間もあるため、そのような金融期間の住宅ローンと比較すると、団信の組み合わせによっては総返済額が高くなってしまう場合があります。

例えば、住信SBIネット銀行の住宅ローンであれば、全疾病保障(8大疾病+その他の病気やケガ)が金利の上乗せなしで利用できます。
さらに住信SBIネット銀行の住宅ローンは、じぶん銀行と同水準の低金利となっています。

総返済額だけでなく団信・保障の内容も比較した上で、自分にとってどちらが重要かを判断して、住宅ローンを選ぶようにしましょう

対面相談ができないため、何らかの見落としに気づかない可能性がある

対面相談ができないことに不安を感じる人もいるでしょう。FPから見た場合の対面相談がないことによる影響は、何らかのミスに気付かないことです。

経験豊富な専門家に直接相談することで、アドバイスしてもらえることがありますし、会話の中で見落としていたポイントも出てくるでしょう。

サイト情報は基礎知識を身に付ける上では優れていますが、どのように考えたらよいか、どのような商品が自分に合っているかなどは分かりません。金額が大きいだけに注意が必要です。

返済が厳しくなった時の専用窓口や対応策の記載がなく、心配である

借り手のセーフティーネット(救済策)として、専用窓口の設置、専任担当者の明記、対応方法など公開している銀行もありますが、じぶん銀行のサイト上では見当たりませんでした。

FPが解説!じぶん銀行住宅ローンが向いている人・向いていない人

ここまで、じぶん銀行の特徴、おすすめの金利、メリット・デメリットを紹介してきましたが、これらを踏まえて、どのような人がじぶん銀行に向いているのか、逆に向いていない人はどのような人なのか解説していきます。

向いている人

  • 借り換えを検討している人
    じぶん銀行の住宅ローン金利は他の金融機関と比べて低いため、借り換えに向いています。現在、他の金融機関から借入を行っている人が、金利差を生かして、じぶん銀行に借入先を変更します。

    借り換えは、返済期間や借入金額によっても効果が異なりますが、金利差が大きければ大きいほど効果は高くなりますので、当初の借り入れから5年や10年が経過している人はシミュレーションしてみましょう。
  • 返済期間を短くできる人、借入金額の少ない人
    返済期間が10年~20年で設定できる人は、固定10年や変動金利を選ぶと、低金利で融資を受けることができます。

    返済期間が短いほど、金利変動によるリスクを受ける可能性は少なくなり、また借入金額が少なければ金利が上昇しても返済額の増加をおさえることができます。返済期間を短くすると毎月の返済額が増えますので、だれでも選べる選択肢ではありません。

向いていない人

  • 教育費支出など他に大きな支出を予定している人
    じぶん銀行の変動金利は低金利ですが、返済期間中、金融機関のタイミングで金利を上げることができます。他の金融機関と同じ金利水準にまで上げることも可能です。金利が上昇すれば返済額も増えますので、予定していた教育費にお金が回らないことも考えられます。

    ただ低金利は魅力があるのは事実ですので、基準金利でシミュレーションするなど厳しく試算し、金利上昇により返済額が増加した場合でも問題ないことを確認しておきましょう。

自分にあった住宅ローンをお探しの際は「おすすめ住宅ローンの金利比較!選び方からシミュレーション方法まで徹底解説」を参考にして下さい。

じぶん銀行住宅ローンでのシミュレーション

新規借り入れの場合のシミュレーション

条件:借入金額2,000万円 返済年数20年 年収500万円 年齢30歳
ボ-ナス払いなし 元利均等払い

シミュレーション結果

支払い総額 金利タイプ 金利 総返済額 諸費用
21,563,600円 変動 0.457%

2019年7月適用金利

20,931,600円 632,000円

借り換えの場合のシミュレーション

住宅ローンは一度借りて終わりではなく、定期的に借り換えをするなどのメンテナンスをすることも重要です。
借り換えをすることで利息の負担額を抑えたり、将来の金利上昇に備えることが可能です。

では、借り換えをすることで、具体的にどれくらいの利息負担額を軽減できるのでしょうか。

他行で借り入れしている住宅ローンを、じぶん銀行住宅ローンへ借り換えた場合の、借り換え効果のシミュレーションをしてみましょう。
まず、借り換え前の条件は下記の通りです。

借り換え前の状態
借入残高2,060万円
残りの返済年数20年0ヶ月
ボ-ナス払いなし 元利均等払い
借り換え前の金利:1.85%
借り換え前の月々の返済額:102,754円

ここから、じぶん銀行住宅ローンの全期間引き下げプラン:変動金利に借り換えをした場合、総支払額や総返済額の違いは下記のようになります。

金利 総支払額 総返済額 諸費用 月々の返済額
借り換え前 1.850% 24,660,960円 24,660,960円 0円 102,754円
借り換え後 0.457% 22,226,800円 21,559,440円 667,360円 89,831円
差額 - -2,434,160円 -3,101,520円 +667,360円 -12,923円

※金利は2019年7月時点の情報です。

今回のシミュレーション結果では、諸費用を含めた総支払額で、約-256万円軽減されるという結果になりました

借り換えには諸費用が必要になりますが、「諸費用の負担額 < 金利による負担軽減効果」となるため、総支払額が安くなっています。
また、月々の返済額も1万3千円ほど安くなっています。

借り換えには50万~100万円ほどの諸費用がかかるため、まとまった費用が必要というデメリットはあります。
ですが完済までのトータルで考えれば、負担金額を大きく軽減できる場合もあるのです。

借り換えをすることで得られるメリットとデメリットをしっかりとシミュレーションしてから、借り換えをするべきか否かを判断するようにしましょう。

じぶん銀行の審査について知ろう

住宅ローンの審査基準は公開されていませんが、借り入れできるかどうかの基準になりますので、関心が高いと思います。じぶん銀行の審査基準やスピードについて解説していきます。

審査の厳しさ

じぶん銀行の金利は他と比べて低くなっています。金利が低いほど審査は厳しくなるのが一般的です。審査では転職に関する書類の提出を求められていますので、転職して給料が下がった、勤務状況が変わったなど収入に大きな変動があると厳しい可能性があります。

ネット上で完結しますので、審査は書類でのみ行います。機械的な審査になる傾向が強くなりますので、個々の事情を踏まえて融通を利かせる可能性は低いと考えられます。

審査のスピード

最短で、仮審査が申し込み当日、本審査は2~3営業日とスピーディーな審査となっています。保証会社を利用しない金融機関は自社のみで審査しますので、あまり時間がかかりません。

審査が速ければ、申込みから融資まで短縮したいと考えるかもしれませんが、審査が短い分、住宅購入や住宅ローンの選定に時間をかけられることに利点があります。

じぶん銀行住宅ローンの申込みの流れ

新規借り入れの場合

  1. 住宅ローンマイページの登録
  2. 仮審査の申込み
  3. 団信の申込み
  4. 住宅ローンマイページ上で、仮審査結果の確認
  5. 本審査の申込み・必要書類の提出
  6. 住宅ローンマイページ上で、本審査結果の確認
  7. 不動産会社に連絡
  8. 契約手続き
  9. 電話での借り入れ意思の最終確認
  10. 司法書士と面談日の調整、面談の実施
  11. 契約成立・融資実行

じぶん銀行
適用金利
変動金利
0.457%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.590%

2019年7月適用金利

当初20年固定
1.293%

2019年7月適用金利

全固定35年
2.220%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 2週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~1億円 全国

三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資の住宅ローンの安心感!手厚い保証がついて低金利で提供。また、申込みから契約までネットで完結が可能!契約書の捺印は一切不要です。【借換えキャンペーン中!現金2万円キャッシュバック※2019年9月30日まで】

公式サイトはこちら

借り換えの場合

  1. 住宅ローンマイページの登録
  2. 仮審査の申込み
  3. 団信の申込み
  4. 住宅ローンマイページ上で、仮審査結果の確認
  5. 本審査の申込み・必要書類の提出
  6. 住宅ローンマイページ上で、本審査結果の確認
  7. 借り入れ中の金融機関に連絡
  8. 契約手続き
  9. 電話での借り入れ意思の最終確認
  10. 司法書士と面談日の調整、面談の実施
  11. 契約成立・融資実行
  12. 借り換え前の金融機関から抵当権抹消書類を受け取る
  13. 抵当権抹消書類を、司法書士に提出

まとめ

特徴やメリットには記載しませんでしたが、個人的にはサイトが見やすくて分かりやすいのがうれしいです。諸費用や手数料など、金融機関にとってあまり目立たせたくない情報を探すのに一苦労するサイトがありますが、じぶん銀行のサイトは欲しい情報にすぐにたどり着くことができます。

特徴やメリット・デメリットはしばらくすると変わってしまいます。いずれすべての金融機関で電子契約となるでしょう。人によっても金融機関の特徴に対する感じ方は異なりますので、何を基準に選んでいくかを明確にしておくと住宅ローン選びに迷わなくて済むでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

当初固定2年

2019年7月適用金利

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

当初固定3年

2019年7月適用金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

じぶん銀行
じぶん銀行 公式サイトはこちら
変動金利
0.457%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.590%

2019年7月適用金利

当初20年固定
1.293%

2019年7月適用金利

全固定35年
2.220%

2019年7月適用金利

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662