• 2017.11.30
  • 2019.11.20

じぶん銀行住宅ローンの口コミってどうなの?デメリットや金利、審査の流れを解説します

じぶん銀行住宅ローンの口コミってどうなの?デメリットや金利、審査の流れを解説します
じぶん銀行

じぶん銀行住宅ローンは、KDDIと三菱UFJ銀行が共同で設立した住宅ローンです

ネット銀行に不安のある方でも、三菱UFJ銀行の安心感があるのが嬉しいですね。

しかし、じぶん銀行を検討し始めると、

「じぶん銀行の金利は、他の銀行と比べて低い?」
「公式サイトには良いことばかり書いてあるけど、デメリットはある?」

など「じぶん銀行住宅ローンって、実際どうなの?」という事を知りたくなるかと思います。

そこでこの記事では、

  • じぶん銀行住宅ローンの金利とメリット
  • 利用する際の注意点と対策
  • 利用している方の口コミ
  • じぶん銀行住宅ローンが向いている人
  • 審査の厳しさやスピード

について解説していきます。

実際に借りてから後悔しないように、デメリットも含めて正直に解説していきますね。

【結論】じぶん銀行住宅ローンが向いている人

  • 低金利のローンを利用したい人
  • 無料の範囲で、働けなくなった時に備えられるローンを利用したい人
  • 審査完了までが早い住宅ローンを利用したい人
  • 手続きをすべてネットで完結させたい

【公式】じぶん銀行で事前審査に申し込む

じぶん銀行住宅ローンの金利

  新規 借り換え
変動 0.457%

2019年11月適用金利

0.457%

2019年11月適用金利

固定10年 0.570%

2019年11月適用金利

0.570%

2019年11月適用金利

固定20年 0.861%

2019年11月適用金利

0.861%

2019年11月適用金利

全期間固定 1.267%

2019年11月適用金利

1.267%

2019年11月適用金利

フラット35

じぶん銀行住宅ローンの金利は、業界の中でもトップクラスに低く設定されています

特に「変動金利」「固定10年」「固定20年」の金利が低く、少しでも金利の低い住宅ローンを探している方にとって魅力的な商品となっています。

35年固定の金利も業界水準と比べると低いのですが、フラット35と比べるとやや高めのため、全期間固定を検討している方は他の銀行を検討しましょう。

またフラット35の取り扱いはありません。

おすすめの金利タイプは「変動金利」

じぶん銀行住宅ローンで、特におすすめの金利タイプは「変動金利型」です

他の銀行と比べて金利が低いことは先ほどお伝えした通りですが、金利以外にも「無料で付帯できる団信特約が充実している」というメリットがあります。

団信の内容については詳しくは次の章で解説していますが、「全疾病保障特約」と「がん50%保障団信」が0円で付帯しつつ、さらにこの金利の低さの住宅ローンは他にはありません。

また固定10年と固定20年も当初の金利は低いのですが、固定期間が終わってからの優遇幅が小さめに設定されているため、完済までのトータルコストで見ると高くなってしまうケースもあります

そのためここでは、固定10年や固定20年はおすすめの金利タイプには挙げていません。

優遇幅については記事後半の「じぶん銀行住宅ローンの注意点と対策」で解説しています。

じぶん銀行住宅ローンの3つのメリット

じぶん銀行住宅ローンのメリット

じぶん銀行住宅ローンは金利の低さが特徴であることをお伝えしましたが、金利以外にも多くのメリットがあります。

公式ホームページに書かれている「団信保険料が0円」「繰り上げ返済手数料が0円」などは、ネット銀行の住宅ローンでは一般的です

ですので、この記事では他の銀行の住宅ローンにはない、"じぶん銀行住宅ローンだからこそのメリット"を厳選して3つ紹介します

じぶん銀行住宅ローンの3つのメリット

メリット1:がん50%団信・全疾病保障団信が0円で付けられる

住宅ローンを契約する際には、団体信用生命保険(団信)への加入が必要です(フラット35を除く)。

一般的な団信では「死亡もしくは高度障害になった場合に、住宅ローンの残高が0円になる」という内容となっていて、ここまではどの銀行でも同じです。

しかし、じぶん銀行住宅ローンでは一般団信に加えて「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つが0円で付帯します

じぶん銀行住宅ローンの団信

がん50%団信だけ、全疾病保障だけが付帯している住宅ローンは他の銀行にもあります。

しかし、この両方が0円で付帯していて、さらに低金利なのは「じぶん銀行住宅ローン」だけです(au住宅ローンを除く)。

それぞれの団信特約について簡単に説明しますね。

がんと診断されるとローン残高が半分になる

「がん50%保障団信」は、住宅ローンの返済中に"がん"と診断されると、住宅ローン残高の50%が保障される団信です

がんと診断された場合、通院代や薬代など多くのお金が必要になったり、通院のための欠勤が重なったことで収入が少なくなってしまったり、様々な理由で住宅ローン返済の負担がとても重たくなります。

そんな時、がん50%保障団信があればローン残高が半分になるので、家計への負担を抑えられます

じぶん銀行住宅ローンのがん50%保障団信とは

例えば、「住宅ローン残高が2500万円、残り期間20年、変動金利0.457%、元利均等返済」の時に"がん"と診断されると、

  • 毎月の返済額は、109,019円54,509円
  • ローン残高は、2,500万円1,250万円

まで下がるので、返済の負担をグッと抑えられます。

さらに保障を充実させたい方は、金利を年0.2%上乗せすることで「がん100%保障団信」も利用できます。

けが・病気で180日以上継続入院した場合、残高の100%が保障される

じぶん銀行住宅ローンのもうひとつの保障特約に「全疾病保障」があります。

全疾病保障では、すべてのけが・病気*で入院が継続180日以上*となった場合に、住宅ローンの残高が0円になります

*精神障害を除く
*最初の31日は連続した入院である必要がある。

180日ということは、ほぼ半年です。

「住宅ローンの返済中に半年以上も入院が続いて、仕事ができなくなったら……」と考えると、毎月10万円近い住宅ローンを支払っていくのが厳しくなることは、容易に想像できますよね

じぶん銀行住宅ローンの全疾病保障なら、このような働けなくなった時の不安に備えておけます。

先日のがん50%保障団信とも合わさって、返済中のもしもに備える保障を0円で受けられるのは、じぶん銀行住宅ローンの大きなメリットです。

メリット2:面倒な契約書の記入や捺印が不要

じぶん銀行住宅ローンでは、借入条件の入力や書類の提出をすべてネット上で完結できます

一般的に住宅ローンを利用するためには、何種類もの書類への記入が必要です。

事前審査申込書や、借入申込書、個人情報に関する同意書など、人生で一番たくさんの書類を書くと言っても過言ではないですし、さらに銀行に書類を持っていく手間もあります

文章だけで見れば「それくらいならまぁ良いかな」と思うかも知れませんが、正直かなり大変です。

それに対して、じぶん銀行では必要な書類はパソコンやスマホからアップロードするだけで提出できるので、書類作成や、銀行へ訪問する手間が大幅に削減できます

忙しくで銀行に行く時間を作りづらい方でも、スムーズに手続きを進められるのが魅力ですね。

メリット3:最短10日で審査~契約完了までできるスピード感

ネットで手続きを完結できることに付随しているメリットとして、契約完了までのスピードの速さがあります。

じぶん銀行住宅ローンでは、公式ホームページ上にも「申込みから契約完了まで最短10日を目指す」と記載されていて、審査のスピードを重視していることが伺えます。

他の銀行では最短でも、「事前審査で1~2営業日、本審査で10営業日ほど、契約書類の発送に2営業日、さらに書類の返送に2日…」となっているため、融資実行を急いでいる方にとって、じぶん銀行の審査スピードは魅力的です

じぶん銀行住宅ローンの注意点と対策

じぶん銀行住宅ローンのデメリット

ここまでじぶん銀行住宅ローンのメリットをお伝えしてきましたが、もちろん良いところばかりではなく、デメリットや注意するべき点も存在しています。

これらの注意点は公式ホームページを見ているだけでは気付きづらく、不動産屋さんもはっきりと教えてくれないことが多くあります。

ローンの手続きを進めてから「こんなこと聞いてないんだけど……」となってしまわないように、中立的な立場からしっかりと解説していきますね。

じぶん銀行住宅ローンの注意点

注意点1:当初プランは固定期間終了後の優遇幅が小さめ

じぶん銀行住宅ローンの当初引下げプランでは、固定10年や固定20年などの金利はかなり低めに設定されています。

しかし、固定期間終了後の優遇幅が小さめに設定されているため注意が必要です

当初引下げプランは始めの10年間の金利だけで見れば、かなり低い金利に見えます。

しかし11年目以降の金利も加味して考えると、思っていた以上にトータルコストが掛かってしまうケースもあるのです

固定期間終了後の金利の決まり方

期間終了時の基準金利 ー 優遇幅* = 適用金利

対策:ローンの見直し時期を決めておく

固定期間終了後の優遇幅が小さい住宅ローンを利用する時は、下記2つの対策を意識しておきましょう

  • 繰り上げ返済を利用して、早めに完済をする
  • 固定期間終了時の金利情勢に合わせて、借り換えをする

繰り上げ返済を上手に活用することで、固定期間が終わってからの利息負担を軽減できます。

また固定期間終了時の金利状況に合わせて住宅ローンを借り換えれば、利息負担を減らせる可能性もあります。

どちらにしても、完済までずっと同じ金額を払い続けるのではなく、

  • どのタイミングで繰り上げ返済をするのか
  • どのタイミングで借り換えを検討するのか

を事前に明確にして、計画的に行動をしていくことが大切です。

注意点2:事務手数料がメガバンクと比べてやや高め

じぶん銀行住宅ローンの2つ目の注意点は、メガバンクと比べると事務手数料がやや高めであることです

これはじぶん銀行住宅ローンに限らず、ネット銀行全般に共通する注意点です

事務手数料の金額が高いことで、住宅ローンの借入当初の自己負担が少し大きくなってしまいます。

メガバンクである三菱UFJ銀行と、比べてみましょう。

  じぶん銀行 三菱UFJ銀行
諸費用 1,160,000円 1,137,400円

※借入金額4000万円、返済期間35年、変動金利、元利均等返済で算出
※2019年11月の金利で算出

上記の例では、メガバンクの三菱UFJ銀行と比べて、2.3万円ほど諸費用が高くなっていますね。

対策:トータルコストで比較する

じぶん銀行はメガバンクと比べて諸費用が高くなりがちですが、金利設定はかなり低めです。

金利が低いので、完済までのトータルコストで見てみれば、じぶん銀行の方が安くなるケースも多くあります

ですので諸費用だけで見るのではなく、「トータルコストでどちらの銀行の方が安いのか?」を比べた上で、コストメリットの大きい住宅ローンを選びましょう。

  じぶん銀行 三菱UFJ銀行
トータルコスト 44,451,500円 44,933,320円
月々の返済額 103,075円 104,276円

※借入金額4000万円、返済期間35年、変動金利、元利均等返済で算出
※2019年11月の金利で算出

今回は借入金額4000万円の例を記載しましたが、もちろん借入条件によって結果は異なります。

借入金額や返済年数によっても違ってくるため、必ずご自身の借入条件に合わせてシミュレーションをしてくださいね。

住宅ローンの一括シミュレーションツール

注意点3:対面相談ができない

じぶん銀行住宅ローンでは、対面での相談ができないことも注意点のひとつです

定期的にじぶん銀行主催での住宅ローン相談会が実施されているのですが、基本的に都内だけの開催です。

そのため東京都以外にお住まいの方にとっては、対面相談がしづらくなってしまいます。

対策:不安な場合は電話で相談をする

じぶん銀行住宅ローンでは電話相談には対応しています。

もし住宅ローンについて不安がある場合には、じぶん銀行住宅ローンセンターに相談してみましょう

■じぶん銀行住宅ローンセンター

受付時間 平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~17:00
※12/31~1/3を除く
電話番号 0120-926-777

じぶん銀行住宅ローンの口コミ

じぶん銀行住宅ローンのアンケート評価2019年

アンケート結果を拡大して見る

じぶん銀行住宅ローンを利用している方の口コミを調査すると、

  • 低金利の恩恵を受けられるので変動金利にした
  • 10年固定の条件が良い
  • ネット上で手続きできたので楽だった
  • 頭金によって金利が変わらないのが良かった
  • 配偶者との収入合算が使えたので選んだ

などの意見がありました。

じぶん銀行住宅ローンは、金利の低さや手続きの利便性が特徴なので、実際に利用している方の口コミでも評判が良いようですね。

また当サイトで取得したアンケート結果を見ても、38%の人が「満足」54%の人が「やや満足」と回答しています。

合わせて90%以上の方がポジティブな回答になっていたため、とても満足度の高い住宅ローンと言えます

みんなの口コミ 掲載数7
常に低金利なのでかなりおすすめです。
5
年齢 30代
金利タイプ 固定金利
10年間で返済する予定を立てて、じぶん銀行の住宅ローンを組みました。じぶん銀行の住宅ローンは審査結果で金利が上がったり下がったりしないので準備しやすいです。頭金が少なくても金利が上がることはないので、頭金をたくさん用意できない人にはおすすめの金融機関だと思います。
10年間で返済する予定を立てて、じぶん銀行の住宅ローンを組みました。じぶん銀行の住宅ローンは審査結果で金利が上がったり下がったりしないので準備しやすいです。頭金が少なくても金利が上がることはないので、頭金をたくさん用意できない人にはおすすめの金融機関だと思います。
一番条件の良い住宅ローンでした。
5
年齢 30代
金利タイプ 固定金利
他社と色々と比較をしましたが、固定金利の当初期間引下げプラン(10年固定)では一番条件が良かったと思います。10年間で完済する予定なので、この金利のまま返済できそうです。保険もしっかりしているので、私が病気で仕事が出来なくなっても家族が困り果てることはないです。申し込みから契約まで全てネットで行うことが出来たので、余計な時間を使わないで済みました。
他社と色々と比較をしましたが、固定金利の当初期間引下げプラン(10年固定)では一番条件が良かったと思います。10年間で完済する予定なので、この金利のまま返済できそうです。保険もしっかりしているので、私が病気で仕事が出来なくなっても家族が困り果てることはないです。申し込みから契約まで全てネットで行うことが出来たので、余計な時間を使わないで済みました。
転職して2年余りでしたが、審査に通りました。
4
年齢 40代
金利タイプ 変動金利型
また自分の収入が少なくて本来は借り入れが認められないところでしたが、配偶者との収入と合算できたのも大きな要因でした。変動金利を選んだ理由は、固定金利の最低金利の3年型と比較してもかなり低く、当分上昇する可能性は低いと思われたからです。この低金利のうちになるべく早めに返済してしまいたいと考えました。
また自分の収入が少なくて本来は借り入れが認められないところでしたが、配偶者との収入と合算できたのも大きな要因でした。変動金利を選んだ理由は、固定金利の最低金利の3年型と比較してもかなり低く、当分上昇する可能性は低いと思われたからです。この低金利のうちになるべく早めに返済してしまいたいと考えました。
固定金利の当初期間引下げプランは今がお得だと思います。
4
年齢 30代
金利タイプ 固定金利
金利はかなり低くなっているので、10年固定は特におすすめです。長期の固定は割安感がないので、あまりおすすめできないです。
金利はかなり低くなっているので、10年固定は特におすすめです。長期の固定は割安感がないので、あまりおすすめできないです。
ネットのみで手続きでき、2週間で完結しました。
5
年齢 40代
金利タイプ 変動金利型
手続きが簡単にできるというのが助かりました。また手続きで不明な点があればコールセンターに質問すればいつでも教えてくれました。申し込みから契約が完了するまで、全てネット上で手続きできるので非常に楽ですし、迅速にできます。2週間で完結しました。
手続きが簡単にできるというのが助かりました。また手続きで不明な点があればコールセンターに質問すればいつでも教えてくれました。申し込みから契約が完了するまで、全てネット上で手続きできるので非常に楽ですし、迅速にできます。2週間で完結しました。
銀行に出向く事なく、保険が充実しているのはお勧めできる点です。
5
年齢 40代
金利タイプ 変動金利型
やはりネットで済むというのは実際に行ってみて楽でした。平日に金融機関に出向く必要がないのは大きなメリットです。書類関係も写真を撮りネットで送ることができます。また保険も、がん50%団信が無料で付けられるなど非常に充実しているので、返済の不安がかなり軽減されました。がんの不安があったので非常に精神的に楽になりました。更に一般の生命保険の補償内容を減らすことにより、保険料が安くなるというメリットも生まれました。
やはりネットで済むというのは実際に行ってみて楽でした。平日に金融機関に出向く必要がないのは大きなメリットです。書類関係も写真を撮りネットで送ることができます。また保険も、がん50%団信が無料で付けられるなど非常に充実しているので、返済の不安がかなり軽減されました。がんの不安があったので非常に精神的に楽になりました。更に一般の生命保険の補償内容を減らすことにより、保険料が安くなるというメリットも生まれました。
他行と比較しても低金利の部類に入ります。
5
年齢 40代
金利タイプ 変動金利型
金利が上がる気配もなく、低金利の恩恵を受け続けることができています。
金利が上がる気配もなく、低金利の恩恵を受け続けることができています。

【結論】じぶん銀行住宅ローンが向いている人

ここまで紹介してきたメリット・注意点・口コミを踏まえた上で、じぶん銀行住宅ローンに向いているのは下記のような人です。

【結論】じぶん銀行住宅ローンが向いている人

  • 低金利のローンを利用したい人
  • 無料の範囲で、働けなくなった時に備えられるローンを利用したい人
  • 審査完了までが早い住宅ローンを利用したい人
  • 手続きをすべてネットで完結させたい

向いていない人

  • 全期間固定タイプの住宅ローンを利用したい人
  • しっかりと対面相談をした上で住宅ローンを利用したい人

じぶん銀行住宅ローンでは固定35年のローンも取り扱っていますが、フラット35に比べると金利が少し高めです

長期固定金利を選びたい方は、フラット35を利用できる「住信SBIネット銀行」「楽天銀行」などを検討してみましょう。

また対面相談を出来るのは都内だけなので、対面でしっかりと相談をした上で返済プランを決めたい人には、あまり向いていないと言えます

じぶん銀行住宅ローンの審査について

ここではじぶん銀行住宅ローンの審査の厳しさと、審査スピードについて見ていきましょう。

審査の厳しさ

審査の基準についてはどの銀行も公開していませんが、じぶん銀行住宅ローンは金利がかなり低めです。

住宅ローンの審査では金利が低いほど、審査基準が厳しくなるのが一般的。

ですので、じぶん銀行住宅ローンでもある程度は審査基準が厳しくなる可能性が考えられます

収入に対しての返済負担が大きい方や転職した方、勤務状況が変わったことで収入に大きな変動があった方等は特に注意が必要でしょう

また地方銀行であれば、対面相談をしながら柔軟にいさ審査をしてもらえるケースもあります。

それに対して、じぶん銀行では機械的な審査になる傾向があり、融通を利かせづらいことも審査の厳しさにつながると考えられます。

審査のスピード

メリットの章でも触れましたが、じぶん銀行住宅ローンでは契約完了までをスピーディーに進められます

審査期間は、事前審査で最短即日、本審査で2~3営業日となっています。

申込みから契約完了まで10日を目指すと公式にも記載されていて、スピーディーな審査・手続きを重視していることが伺えますね。

じぶん銀行住宅ローンへの申し込みの流れ

  1. 住宅ローンマイページの登録
  2. 仮審査の申込み
  3. 団信の申込み
  4. 住宅ローンマイページ上で、仮審査結果の確認
  5. 本審査の申込み・必要書類の提出
  6. 住宅ローンマイページ上で、本審査結果の確認
  7. 不動産会社に連絡
  8. 契約手続き
  9. 電話での借り入れ意思の最終確認
  10. 司法書士と面談日の調整、面談の実施
  11. 契約成立・融資実行

まとめ

この記事では、じぶん銀行住宅ローンの金利やメリット、利用する際の注意点について解説してきました。

じぶん銀行は、業界トップクラスの低金利と、がん50%保障団信と全疾病保障が0円で付帯できます。

これらのメリットの両方を受けられる住宅ローン商品は他にはありません。

じぶん銀行住宅ローンに向いている人をもう一度振り返っておくと、下記の通りとなります。

【結論】じぶん銀行住宅ローンが向いている人

  • 低金利のローンを利用したい人
  • 無料の範囲で、働けなくなった時に備えられるローンを利用したい人
  • 審査完了までが早い住宅ローンを利用したい人
  • 手続きをすべてネットで完結させたい

もし借入当初の諸費用を、少しでも抑えたいのであれば「新生銀行」や「楽天銀行」を。

団信が充実していなくても良いから、もっと金利の低いローンを利用した方は「ジャパンネット銀行」「住信SBIネット銀行」も検討してみてくださいね。

じぶん銀行
適用金利
変動金利
0.457%

2019年11月適用金利

当初10年固定
0.570%

2019年11月適用金利

当初20年固定
0.861%

2019年11月適用金利

全固定35年
2.120%

2019年11月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.20%(税込) 2週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~1億円 全国

低金利なのに金利の上乗せ無しで手厚い保障が受けられる、人気の住宅ローン!がん診断されるだけで住宅ローン残高が50%になるがん団信や、全ての病気やケガ(※)で180日以上入院すると借入残高が0円になる全疾病団信が無料でついているネット銀行はここだけ!他にも一部繰上返済手数料・収入印紙代が無料など、お得がたくさん。三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資なので安心感もあります。※精神障害を除く

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年11月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

当初固定2年

2019年11月適用金利

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年11月適用金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

当初固定3年

2019年11月適用金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

じぶん銀行
じぶん銀行 公式サイトはこちら
変動金利
0.457%

2019年11月適用金利

当初10年固定
0.570%

2019年11月適用金利

当初20年固定
0.861%

2019年11月適用金利

全固定35年
2.120%

2019年11月適用金利

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662