千葉銀行の住宅ローンを徹底解説!特徴的な団信保障を低金利で

家と通帳
じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では千葉市に本店を持つ千葉銀行の住宅ローンについて解説しています。住宅ローンの金利タイプごとの金利、諸費用の料金体系、サービスや特典などについて紹介しています。

公式サイトから借入先を選択する上で大切なポイントとなる情報をピックアップし解説しています。公式サイトは情報も多く、目立つページが皆さんにとってお得と言えるかどうかはわからないかもしれません。これから住宅ローンを選ぼうとしている人はこの記事が参考になれば幸いです。

執筆者情報

F&J FP事務所

F&J FP事務所 ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーとして、住宅ローンや保険の相談・アドバイスをしております。これから住宅ローンを利用しようとしている方々に向けて、公正中立な立場で役に立つ情報を発信できればと考えております。


詳細はコチラ

千葉銀行 住宅ローンの特徴

千葉銀行は1943年に創立された千葉市に本店を持つ銀行です。住宅ローンの金利は、変動金利型をはじめ、固定2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年、35年と幅広い金利タイプを取り扱っています。

手続きの時間があまりとれない人や、相談をしながら進めたい人にとっては金利や諸費用も重要ですが、対面相談が重要だと思うかもしれません。千葉銀行は、ネット経由ではなく、店舗を中心とした従来型の銀行ですので、対面相談を希望する人にとっては魅力があるでしょう。ただ金利や諸費用は、ネット銀行等に比べると標準的です。

関連記事住宅ローンの変動金利は怖くない!リスクを抑えてメリットを活かす賢い使い方

出典:千葉銀行「住宅ローン」

千葉銀行
千葉銀行
適用金利
変動金利
0.725%

2019年9月適用金利

全固定25年
1.450%

2019年9月適用金利

全固定35年
1.630%

2019年9月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
一括前払い型と利息組込み型により変動 保険会社事務取扱手数料:10,800円(税込) 融資手数料:43,200円(税込) 4週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 必要 32,400円
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 ~1億円(10万円単位) 千葉県および東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県の一部

公式サイトはこちら

おすすめの金利タイプ

都市銀行やネット銀行等に比べ変動金利型の金利は高めですが、固定10年の金利は都市銀行に比べて低く設定されています。対面相談をしながら住宅取得を進めていきたい人にとってはお得ではないでしょうか。
 
 <千葉銀行 住宅ローン 金利一覧> 

金利タイプ 金利
変動金利型 0.725%

2019年9月適用金利

固定10年 0.950%
固定20年 1.450%
固定35年 1.630%

2019年9月適用金利

出典:千葉銀行「金利プラン」

住宅ローンにかかる諸費用や団信の保険料

ここでは金利以外の諸費用(保証料や事務手数料)や団信の保険料の有無について紹介していきます。団信に加入するかどうかも含めて考えておかなければ保険料がどのくらいかかるかも想定することができません。団信については現在加入している保険とも関連しますので、保険の見直しもしておきましょう。

 <諸費用(保証料・事務手数料)>

諸費用 金額 備考
保証会社事務取扱手数料 32,400円
保証料 620,640円 ・借入金額・返済期間によって異なります。

※上記のほかに、登記費用、司法書士報酬、印紙代などがかかります。

<団信の種類と保険料(金利上乗せ)>

団体信用生命保険の種類 保険料(金利上乗せ)
一般的な団信(特約なし) なし
ガン保障特約付き なし
3大疾病保障特約付き 年0.30%
11疾病団信(生活習慣病団信<入院プラス>) 年0.10%
引受条件緩和型(ワイド) 年0.30%

出典:千葉銀行「新築・新規購入コース」

11疾病団信(生活習慣病団信<入院プラス>)だけは年0.1%の上乗せと、比較的負担が軽くなっています。

なお、保証料や団信の保険料は借入金額が高くなると負担が増えますので、住宅ローンを比較する際には検討材料にしましょう。

住宅ローンの諸費用については下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。
住宅ローンの諸費用は210万円!?出費を抑える賢いローンの組み方を徹底解説

千葉銀行のメリット・デメリットを徹底解説

千葉銀行の金利や諸費用について見てきましたが、これらを踏まえ、千葉銀行のメリット・デメリットを解説していきます。

メリット

  • 対面相談を希望する人には比較的低い金利で借りられる
    ネット銀行は対面相談できる窓口を増やしてはいるものの、対応地域は限定的です。一方、千葉銀行は対面相談を手続きの中心としていますので、住宅ローンに対する不安や疑問を解消しながら進めていくことができます。

対面相談中心の金融機関で比較すると低い金利で借りられる可能性もありますので、シミュレーションして確認してみましょう。

デメリット

  • 金利や諸費用は標準的で住宅ローンの負担がある
    金利と諸費用を見てきましてが、ネット銀行をはじめ、金利や諸費用の低い金融機関はほかにありますので、極力ローン負担を抑えたい人にとってはデメリットになるでしょう。

他に、千葉銀行ならではの特徴を、次に紹介していきます。

他の金融機関にない千葉銀行ならではの特徴を知ろう

住宅ローンは金利や諸費用だけに目が行きがちですが、ここでは金利や諸費用以外の、千葉銀行ならではの特徴を紹介していきます。借入先選びの主な理由にならないかもしれませんが、最終的に迷った場合などに参考にしてください。

団信の保障を充実させる保険あり

千葉銀行の団信には、11疾病団信(生活習慣病団信<入院プラス>)があります。最近は団信の保障内容を充実させることで違いを出そうとする金融機関が増えています。どのような保障内容になっているか簡単に解説しておきます。

一般的に「3大疾病」はがん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中を指し、がんは診断確定された場合、急性心筋梗塞と脳卒中は所定の就業不能状態が続いた場合に住宅ローンの返済が免除される保障内容が多くみられます。

千葉銀行の11疾病団信では、所定の悪性新生物(がん)と診断確定された場合、上皮内新生物や皮膚がん(悪性黒色腫以外)なら180日以上継続して入院した場合に免除されます。上皮内新生物や皮膚がんにも保障が付いている団信は珍しいですが、180日以上も入院するか、という疑問もあります。

また心疾患(狭心症や心筋梗塞、心不全など)や脳血管疾患(脳卒中やくも膜下出血など)も180日以上の継続入院が条件となっています。

60日間の就業不能を条件としている金融機関もありますので、疾病の種類や数だけで選ばず、保障内容をしっかり確認しておきましょう。

そのほか、糖尿病、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患、慢性膵炎、大動脈瘤・解離も180日以上の継続入院が条件となっています。

上記の保障に加え、病気やケガによる連続入院5日以上で10万円、31日以上となると入院が30日に達するごとに月々の住宅ローンの返済額が支払われます。また配偶者ががん(所定の悪性新生物)と診断確定された場合に100万円が支払われます。

知っておくべき11疾病団信の保障内容の概要は以上です。詳細につきましてはお問い合わせください。

出典:千葉銀行「安心の11疾病団信」

土日祝日も対面相談ができる

千葉銀行の一部の店舗では、土日・祝日も営業しており、住宅ローンの相談をすることができます。土日・祝日相談に対応している店舗は、千葉津田沼船橋市川にある店舗の一部となります。

出典:千葉銀行「休日営業店舗のご案内」

FPが解説!千葉銀行 住宅ローンが向いている人・向いていない人

ここまで千葉銀行の特徴やメリット・デメリットについて解説してきましたが、これらを踏まえ、千葉銀行の住宅ローンが向いている人、向いていない人を考えていきます。

向いている人

  • 団信の保障を充実させたい人
    千葉銀行の11疾病団信は、金利に+0.1%で利用することができます。ネット銀行をはじめ保障を充実させても保険料無料の場合もありますが、まだまだ金利+0.3%が多いため、比較的負担が軽く加入することができます。
  • 対面で相談を受けながら進めたい人
    時間があまりとれない人や住宅取得に不安がある人などはアドバイスを受けながら進めていく方が安心かもしれません。個々の状況に合わせた対応をしてもらいたい人にお勧めと言えます。

向いていない人

  • ネット銀行も選択肢になる人
    ネット銀行等のように、書類など基本的な準備を自分で進めることに抵抗がなく金利や諸費用の負担をなるべく減らしたい人にとっては千葉銀行の金利は高く感じるかもしれません。

千葉銀行の審査について知ろう

住宅取得の話がある程度進んでくると、審査について気になるのではないでしょうか。審査内容は公表されませんが、借り入れ条件などから千葉銀行の審査について見ていきましょう。

審査の通りやすさ

千葉銀行の条件から審査の通りやすさについて確認しましょう。

<ご利用いただける方>

  1. お借入時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方で最終ご返済時の年齢が満80歳未満の方。 
  2. 安定継続した収入がある。
  3. 原則として、ちばぎん保証株式会社の保証を受けられる。
  4. 当行所定の団体信用生命保険に加入できる。

収入の条件や返済負担率(収入に対する総返済額の割合)についてはホームページには公開されておりません。そのため相談にて確認する必要があります。返済負担率が高い場合、審査は厳しくなると考えられます。住宅ローンを安定して返済していくためにも、借入金額が大きくなりすぎないようにすれば、審査に通りやすくなるでしょう。

出典:千葉銀行「新築・新規購入コース」

審査のスピード

事前審査から正式審査結果の連絡までの期間は以下の通りです。

  1.  事前審査の申し込み(インターネット)~事前審査の結果連絡
      ⇒ 最短当日~2,3日
  2.  住宅ローンの正式申込~正式審査結果の連絡
      ⇒ 2週間~1ヶ月以内

事前審査は最短で当時に結果が分かりますので、住宅取得の手続きがしやすくなります。「住宅ローンの正式申込~正式審査結果の連絡」は借り入れ条件や住宅のタイプ(注文住宅やマンションなど)によって必要日数は異なりますので、事前にご確認ください。

出典:千葉銀行「事前審査申込みサービス」

千葉銀行 住宅ローンの申し込みの流れ

千葉銀行で住宅ローンの申し込みをした場合の流れについて紹介していきます。どのような手順で進めるか事前に分かっていると書類の準備などスムーズにいきますので、確認してください。

  1. 相談
  2. 事前審査の申し込み
  3. 事前審査の結果連絡
  4. 正式審査申込
  5. 正式審査の結果連絡
  6. 住宅ローン契約
  7. 融資実行・抵当権の設定
  8. 登記手続きの完了

出典:千葉銀行「新築・新規購入コース」
出典:千葉銀行「借り換えコース」

まとめ

今回は千葉銀行の住宅ローンを解説してきましたが、借入先を選ぶ際のポイントは分かりましたでしょうか。金利や諸費用は借入金額などによって変化するのが一般的です。変動金利型を選択する人は特に金利が変動した場合にどのような影響が出るかを含めて確認しておきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年9月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

当初固定2年

2019年9月適用金利

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年9月適用金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

当初固定3年

2019年9月適用金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

変動金利
0.725%

2019年9月適用金利

全固定25年
1.450%

2019年9月適用金利

全固定35年
1.630%

2019年9月適用金利

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662