• 2020.01.17

au住宅ローンを徹底解説!金利の低さと、団信保障の充実が魅力

メリット・デメリットを解説
じぶん銀行

au銀行住宅ローンは、じぶん銀行が提供する住宅ローンと同じになります。

ただau住宅ローンを検討してみても、

「他の金融機関とはどのような違いがあるのだろう?」
「じぶん銀行との違いは?」
「メリットだけじゃなく、デメリットはあるのか?」

などau銀行住宅ローンは自身が借り入れるべき金融機関かどうか気になってくることでしょう。

そのため本記事では、

  • au銀行住宅ローンの金利とメリット
  • 利用する際の注意点と対策
  • 利用している方の口コミ
  • au銀行住宅ローンが向いている人
  • 審査の厳しさやスピード

について解説していきます。

借り入れ後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔することのないよう、詳細に解説していきますので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

【結論】au銀行住宅ローンが向いている人

  • 低金利のローンを利用したい人
  • 無料の範囲で、働けなくなった時に備えられるローンを利用したい人
  • 審査完了までが早い住宅ローンを利用したい人
  • 手続きをすべてネットで完結させたい
  • auユーザーで最大30,000円のキャッシュバックを受け取りたい人

【公式】au住宅銀行で事前審査に申し込む

この記事制作に関わる専門家

中澤悠生

ナビナビ住宅ローン編集部

執筆

住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャル・プランナー3級。「家を買いたいけど、ローンをどう選べば良いかわからない」「不動産屋さんに勧められるままにローンを契約したけど後悔している」などの悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。このような悩みを解決するべく、当サイトではどこよりも分かりやすい住宅ローン情報を届けることをモットーに執筆・編集をしています。

ナビナビ住宅ローン編集部

編集

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

au住宅ローンの金利

  新規 借り換え
変動 0.427%

2020年01月適用金利

0.427%

2020年01月適用金利

固定10年 0.570%

2020年01月適用金利

0.570%

2020年01月適用金利

固定20年 0.981%

2020年01月適用金利

0.981%

2020年01月適用金利

全期間固定 1.327%

2020年01月適用金利

1.327%

2020年01月適用金利

フラット35

au住宅ローンの金利は、数ある金融機関の中でも非常に低く設定されています。

特に「変動金利」「固定10年」「固定20年」の金利が低くなっており、低金利の住宅ローンを探している方にとって非常にありがたい金融機関です。

 35年固定金利に関しては、その他金融機関と比較すると低めではありますが、フラット35と比較するとやや高めの金利になっております。そのため35年金利を検討する場合はau住宅ローンではなく他の金融機関を探した方が良いでしょう。

au住宅ローンではフラット35の取り扱いはありません。

おすすめの金利タイプは「変動金利」

au住宅ローンで筆者が特におすすめしたい金利タイプは「変動金利型」になります

他の金融機関と比較して低金利であることはもちろん、「無料で付帯できる団信特約の充実度」が大きなメリットになります。

団信については次章で詳細に解説しますが、「全疾病保障特約」と「がん50%保障団信」が無料で付帯しています。

低金利かつ、全疾病+がん50%保障の団信というトータルのお得度では他の金融機関を圧倒しています。

また固定10年と固定20年に関しては、当初の金利は非常に低いですが、固定期間終了後の金利優遇幅が少なめに設定されています。35年など長期での借り入れ予定である場合はコスト面で他の金融機関より高くなってしまう可能性があるため注意が必要です

以上の理由からau住宅ローンは固定10年や固定20年より、変動金利をおすすめします。

優遇幅についての解説は記事の後半の「au住宅ローンの注意点と対策」で解説しています。

au住宅ローンの4つのメリット

au住宅ローンのメリット

先ほどの章でau住宅ローンのメリットは金利の低さとお伝えしましたが、ここでは金利以外のメリットを紹介します。

公式HP上で特徴と紹介されている手数料が無料などの特典はネット銀行では当たり前となっています。そのためここでは省略します。

この記事では他の金融機関の住宅ローンにはない、au住宅ローンだからこそのメリットを紹介します

au住宅ローンの4つのメリット

メリット1:がん50%団信・全疾病保障団信が0円で付けられる

フラット35を除き、住宅ローンを借り入れる場合は、団体信用生命保険(通称団信)への加入が必須となります。

無料で付帯する一般的な団信の内容は「死亡もしくは高度障害になった場合に、住宅ローンの残高が0円になる」というものです。

しかしau住宅ローンは上記の一般団信に加えて、「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つが無料で付帯します

au住宅ローンの団信

がん50%の団信だけか、全疾病保障だけが付帯している住宅ローンは他の金融機関にもあります。

しかしこの両方が無料で付帯していて、さらに低金利な住宅ローンは「au住宅ローン」だけです(じぶん銀行住宅ローンを除く)。

がんと診断されるとローン残高が半分になる

がん50%保障団信とは、住宅ローン返済中に返済者が「がんと診断される」と、その時点での住宅ローン残高の50%が免除される団信になります

がんを患うと、治療費に多くのお金が必要になります。また通院するため会社を欠勤し、結果として収入が減少する可能性もあります。

「毎月の住宅ローンの支払いが大変…」と思ったとき、がん50%保障団信があればローン残高が半分になるため、家計への負担を抑えられます。

じぶん銀行住宅ローンのがん50%保障団信とは

例として、住宅ローン残高2,500万円、残り返済期間20年、変動金利0.457%、元利均等返済のタイミングでがんと診断されると、

  • 毎月の返済額は、109,019円54,509円
  • ローン残高は、2,500万円1,250万円

まで下がるので、返済の負担はかなり楽になりますね。

さらに保障を充実させたい方は、金利を年0.2%上乗せすることで「がん100%保障団信」も利用できます。

けが・病気で180日以上継続入院した場合、残高の100%が保障される

au住宅ローンはがん50%保障団信のほかに「全疾病保障」があります。
全疾病保障では、すべてのけが・病気*で入院が恵贈180日以上*となった場合に、住宅ローンの残高が0円になります

*精神障害を除く
*最初の31日は連続した入院である必要がある。

半年以上の入院となり、毎月10万円前後のローンを返済するとなるとかなり厳しい状況ですよね。さらに治療費もかかります

全疾病保障なら、働けなくなった時の不安に備えておけます。

がん50%保障団信、全疾病保障という大きな安心を無料で得られることがau住宅ローンのメリットになります。

メリット2:面倒な契約書の記入や捺印が不要

au住宅ローンでは、借り入れ条件の入力や、書類の提出をすべてネット上で完了します

住宅ローンを借り入れるためにはたくさんの書類への記入が必要です。

事前審査申込書や、借入申込書、個人情報に関する同意書など、人生で一番書類に記入するイベントが住宅ローンの借り入れと言っても言い過ぎではありません。加えて金融機関に書類を持っていく手間も発生します。

住宅購入は人生で一番大きな買い物というくらいだから、書類の手間がかかるのは当たり前なのでは?と思うかも知れませんね。しかし書類の準備や金融機関に持っていく手間を考えるとかなり大変です。

それに対して、au住宅ローンを利用すると必要な書類はパソコンやスマートフォンからアップロードするだけなので、書類作成、金融機関への訪問する時間を削減することができます

普段のお仕事が忙しい方でも住宅ローンを借り入れる手続きを簡単に進めることができるのは、ネット銀行であるau住宅ローンを利用するメリットのひとつと言えますね。

メリット3:最短10日で審査~契約完了までできるスピード感

ネットで手続きを完了できるため、審査から契約完了までスピード感をもって進めることができます。

au住宅ローンの公式ホームページ上では「申し込みから契約まで最短10日を目指します」と記載されています。審査スピードに関して力を入れていることが伺えますね。

他の金融機関では、事前審査に12営業日、本審査に10営業日、契約書類の発想に2営業日、さらに書類の返送に2日程度…となっています。融資実行を急いでいる方にとってau住宅ローンの審査スピードは大きな魅力ですね

メリット4:auユーザーなら最大60ヶ月毎月500円分キャッシュバック

au住宅ローンを契約している方がauスマートフォンなどをセットで利用することで最大60ヶ月間、毎月au WLLET残高へ500円分のキャッシュバックがあります

すべて受け取ることで3万円のキャッシュバックになりますね。わざわざスマートフォンを借り換える必要はありませんが、すでにauユーザーの方であればうれしいポイントになります。

au住宅ローンの注意点と対策

au住宅ローンのデメリット

au住宅ローンのメリットについて解説してきました。しかしメリットがあればデメリットももちろん存在します。

これから説明する注意点は公式ホームページを見てもなかなか気付くことが難しいものです。

住宅ローンの借り入れ手続きを進めてから「こんなはずじゃなかった…」なんてことにならないよう、注意点についても充分に確認してくださいね。

au住宅ローンの注意点

注意点1:当初プランは固定期間終了後の優遇幅が小さめ

冒頭でも触れましたが、au住宅ローンの当初引下げプランは固定10年や固定20年などの金利はかなり低めに設定されています。

しかしながら固定期間終了後は金利の引き下げ幅が小さくなるため注意が必要です

当初引下げプランは始めの10年間の金利だけで見ればかなり低い金利に見えます。

しかし11年目以降の金利はやや高めであるため、借り入れている全期間で換算すると思ったよりコストがかかってしまう場合があります

固定期間終了後の金利の決まり方

期間終了時の基準金利 ー 優遇幅(引き下げ幅) = 適用金利

対策:ローンの見直し時期を決めておく

固定期間終了後の優遇幅が小さいau住宅ローンの10年固定や20年固定を利用する時は、下記2つの対策を意識しておきましょう

  • 繰り上げ返済を利用して、固定期間が終了するタイミングで完済する(高金利でも問題ない金額まで減らす)
  • 固定期間終了時の金利情勢に合わせて、借り換えをする

繰り上げ返済を上手に活用することで、固定期間が終わってからの利息負担をグッと減らすことができます。

また固定期間終了時に住宅ローンを借り換えれば利息負担を減らせる可能性もあります。

上記であげた対策はどちらもずっと同じ金額を返済するのではなく、

  • どのタイミングで繰り上げ返済をするのか
  • どのタイミングで借り換えを検討するのか

を事前に明確にして、計画的に行動をしていくことが大切です。

注意点2:対面相談ができない

au住宅ローンの大きなデメリットとして、対面相談ができないこともあげられます

対面相談を実施している店舗も一部ありますが、東京都都内になります。

東京都以外にお住まいの方は相談がしにくい金融機関といえます。

初めて準備する書類ばかりのなか、対面で金融機関担当者に相談できないのは不安ですよね。

対策:不安な場合は電話で相談をする

au住宅ローンでは電話相談に対応しています。

住宅ローンを借り入れる際になにか不安があるようでしたら、auフィナンシャルサポートセンターに相談してみましょう

■auフィナンシャルサポートセンター

受付時間 9:00~20:00  土日祝含む全日(年末年始・ビル設備点検日を除く)
電話番号 0120-907-100 (無料)

au住宅ローンの口コミ

au住宅ローンのアンケート評価2019年

アンケート結果を拡大して見る

au住宅ローンを利用している方の口コミを調査すると、

  • 今後金利が上がらないと思い変動金利にした
  • がんなどの重い病気にも保障が手厚かった
  • 審査スピードが速いので良かった
  • 携帯電話をずっと使っていて安心感があるため選んだ
  • 高額なキャッシュバックを受け取れるので選んだ

などの意見がありました。

au住宅ローンは、金利の低さや団信の保障、手続きの利便性が特徴なので、実際に利用している方の口コミでも評判が良いようですね。

また当サイトで取得したアンケート結果を見ても、34%の人が「満足」33%の人が「やや満足」と回答しています。

合わせて60%以上の方がポジティブな回答になっていたため、満足度の高い住宅ローンと言えます

みんなの口コミ 掲載数6
金利がとっても低くてお得だと思いますし、auユーザーで通信費も割引されてお得です。特に不満がありません。
5
年齢 30代
金利タイプ 変動金利型
au住宅ローンを選んだ理由は、変動金利が他の住宅ローンと比べてもとても低かったからです。また、一般的には有料となってしまうがん50%保障が無料でついているというのも魅力的で選びました。審査がとても速いと聞いたのも決め手になりました。実際に審査にかかった時間は2日ほどでした。そのほかの理由では、私がauのユーザーであり、特典として通信費の割引などがあったからです。
au住宅ローンを選んだ理由は、変動金利が他の住宅ローンと比べてもとても低かったからです。また、一般的には有料となってしまうがん50%保障が無料でついているというのも魅力的で選びました。審査がとても速いと聞いたのも決め手になりました。実際に審査にかかった時間は2日ほどでした。そのほかの理由では、私がauのユーザーであり、特典として通信費の割引などがあったからです。
メリットの方が断然多いと感じます。ネットでシュミレーションもできます。
4
年齢 50代
金利タイプ 変動金利型
まず携帯電話がauという事なので特典が受けられるというのがありました。毎月500円ほどキャッシュバックが受けられ、5年間で3万円もの額が戻ってきます。また何といっても金利の安さです。他の銀行と比較しても最低レベルの金利で借り換えのメリットが大きいと判断しました。また現在の低金利の状況を考えると、やはり固定より変動の方がメリットが大きいとも感じました。変動の方が安いのはもちろんですが、急激な金利の上昇は考えられないと判断して変動型にしました。
まず携帯電話がauという事なので特典が受けられるというのがありました。毎月500円ほどキャッシュバックが受けられ、5年間で3万円もの額が戻ってきます。また何といっても金利の安さです。他の銀行と比較しても最低レベルの金利で借り換えのメリットが大きいと判断しました。また現在の低金利の状況を考えると、やはり固定より変動の方がメリットが大きいとも感じました。変動の方が安いのはもちろんですが、急激な金利の上昇は考えられないと判断して変動型にしました。
普通の銀行と違い、来店せずに自宅パソコンから全部の手続きが行えるのが大きなメリットです。
5
年齢 30代
金利タイプ 変動金利型
がん100%保障団信があり、がんと診断された場合残債がなくなるので不安が消えます。また11疾患保障団信もその疾患と診断されれば残債がなくなるなど、いざという時の保険が非常に充実しています。また手続きがネット上で完了するため、収入印紙代も不要になるなど通常必要になる費用がかかりません。
がん100%保障団信があり、がんと診断された場合残債がなくなるので不安が消えます。また11疾患保障団信もその疾患と診断されれば残債がなくなるなど、いざという時の保険が非常に充実しています。また手続きがネット上で完了するため、収入印紙代も不要になるなど通常必要になる費用がかかりません。
auユーザーには何かとメリットが多く、auの携帯とセットで利用するとお得なキャンペーンも開催中でした。
4
年齢 20代
金利タイプ 固定金利
年齢的にまだ若く審査が通るか不安でしたが、無事に審査が通ってよかったです。10年固定金利の住宅ローンなので、10年が経過すると金利は優遇されなくなります。私は繰り上げ返済を行いながら10年以内に完済する予定です。金利は今の方が低いと思うので、良いタイミングです。
年齢的にまだ若く審査が通るか不安でしたが、無事に審査が通ってよかったです。10年固定金利の住宅ローンなので、10年が経過すると金利は優遇されなくなります。私は繰り上げ返済を行いながら10年以内に完済する予定です。金利は今の方が低いと思うので、良いタイミングです。
シミュレーションから申し込み、審査の結果まですべてインターネットで完結することができるので便利です。
4
年齢 30代
金利タイプ 変動金利型
ネット銀行だけあって、審査がとっても早かったのが良かったです。さらに、手続きがすべてネットで完結しているのでやりやすいです。しかし、専用のサポートセンターが大変込み合っていたので、いざという時に少し不安です。また、土日も営業していますが5時に終了してしまいます。欲を言えばもう少し長いと助かります。
ネット銀行だけあって、審査がとっても早かったのが良かったです。さらに、手続きがすべてネットで完結しているのでやりやすいです。しかし、専用のサポートセンターが大変込み合っていたので、いざという時に少し不安です。また、土日も営業していますが5時に終了してしまいます。欲を言えばもう少し長いと助かります。
ほかの住宅ローンの金利と比較してみても低いほうで納得できる金利です。
5
年齢 30代
金利タイプ 変動金利型
au銀行の住宅ローンで借入してよかった点は、変動金利制で金利が低いことです。変動金利といっても基本的にはほとんど金利が変動していません。つまりはずっと金利が低いままで住宅ローンを利用できているわけです。ほかの住宅ローンと比べてもかなり低いですからとても満足しています。
au銀行の住宅ローンで借入してよかった点は、変動金利制で金利が低いことです。変動金利といっても基本的にはほとんど金利が変動していません。つまりはずっと金利が低いままで住宅ローンを利用できているわけです。ほかの住宅ローンと比べてもかなり低いですからとても満足しています。

【結論】au住宅ローンが向いている人

ここまで紹介してきたメリットや注意点、口コミを踏まえ、au住宅ローンを借り入れることが向いているのは下記のような人になります。

【結論】au住宅ローンが向いている人

  • 低金利のローンを利用したい人
  • 無料の範囲で、働けなくなった場合の補償を充実させたい人
  • 審査完了までが早い住宅ローンを利用したい人
  • 住宅ローン借り入れに関する手続きをすべてネットで完結させたい

向いていない人

反対にau住宅ローンの借り入れが向いていないのは以下のような人になります。

  • 全期間固定金利の住宅ローンを借り入れしたい人
  • 金融機関担当者と対面で相談しながら住宅ローンを申し込みたい人

au住宅ローンは35年の全期間固定金利も取り扱っていますが、フラット35に比べると金利が少し高くなっています

長期固定金利を利用したい方は、フラット35の取り扱いがある「ARUHI」がおススメです

また対面相談を出来るのは都内だけとなっております。対面で相談しながら審査を申し込みたい人にとっては、au住宅ローンは向いていない金融機関といえます

au住宅ローンの審査について

au住宅ローンの審査の厳しさと、審査スピードについて見ていきましょう。

審査の厳しさ

審査の厳しさという基準はどの金融機関も公開していません。そのため推測になりますが、au住宅ローンの金利はトップクラスに低いです。

住宅ローンの審査は金利が低いほど、審査基準も厳しくなる傾向があります。

ですので、au住宅ローンはある程度、審査が厳しいと考えるのが妥当です

収入に合っていない借入額で申し込む場合や、転職し収入が減少して申し込む場合は特に注意が必要になります

地方銀行であれば、対面相談をしながら審査が通るようにアドバイスを受けたりすることもあります。

反対にau住宅ローンは機械的に判断する可能性が高く、審査の厳しさにつながっていると考えられます。

審査のスピード

先ほども触れましたが、au住宅ローンは契約完了まで短い時間で進めることができます

審査期間は事前審査で最短即日、本審査では23営業日となっています。

申し込みから契約完了まで10日を目指すと公式ホームページにも記載されており、スピーディーな審査・手続きを重視していることが伺えます。

au住宅ローンへの申し込みの流れ

  1. au住宅ローンのホームページからマイページの登録
  2. 仮審査の申込み
  3. 団信の申込み
  4. 住宅ローンマイページ上で、仮審査結果の確認
  5. 本審査の申込み(必要書類の提出)
  6. マイページ上で、本審査結果の確認
  7. 不動産会社に連絡
  8. 契約手続き
  9. 電話での借り入れ意思の最終確認
  10. 司法書士と面談日の調整、面談の実施
  11. 契約成立・融資実行

まとめ

本記事ではau住宅ローンについて詳細に解説してきました。

au住宅ローンは、非常に低い金利で、全疾病保障とがん50%保障団信が0円で付帯できます。

低金利と保障が高水準で同居している金融機関は他にありません。

au住宅ローンのメリットを再度振り返ると以下のようになります。

【結論】au住宅ローンが向いている人

  • 低金利の住宅ローンを利用したい人
  • 無料で働けなくなったときのセーフティネットを充実させたい人
  • 審査完了までの時間が短い金融機関を利用したい人
  • 書類などの手続きをすべてネットで完結させたい
  • すでにauユーザーでキャッシュバックを受け取りたい人

もし変動金利ではなく、全期間固定金利を利用して安心して住宅ローンを返済させたい場合は「ARUHI」の記事を参照してみてください。

最後に、au住宅ローンは非常に高スペックな住宅ローンです。特に変動金利であればその他の金融機関にはない価値を提供しています。ぜひau住宅ローンを借り入れの視野に入れてみてくださいね。

au住宅ローン
適用金利
変動金利
0.427%

2020年01月適用金利

当初10年固定
0.570%

2020年01月適用金利

当初20年固定
0.981%

2020年01月適用金利

全固定35年
1.327%

2020年01月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.20%(税込) 4週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~1億円 全国

業界トップクラスの低金利住宅ローン!さらに、auユーザーなら最大30,000円分のキャッシュバックも。ガン保障特約(50%)が無料、仮審査が最短即日回答、全ての手続きでネット上で完結できる等、様々な魅力がある住宅ローンです。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.415%

2020年01月適用金利

変動金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

2020年01月適用金利

変動金利

じぶんでんきをセットでご契約の場合

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.415%

2020年01月適用金利

変動金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

2020年01月適用金利

当初3年固定

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

au住宅ローン
au住宅ローン 公式サイトはこちら
変動金利
0.427%

2020年01月適用金利

当初10年固定
0.570%

2020年01月適用金利

当初20年固定
0.981%

2020年01月適用金利

全固定35年
1.327%

2020年01月適用金利

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662