親子リレーローンのメリットとデメリット~団信の加入に注意しよう~

parent-child-relay
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単に言うと…
  • 親子リレーローンは、親子同居で一緒に住宅ローンを返済したい場合や親が高齢のため住宅ローンを組めない場合に利用される住宅ローンです。
  • 初めは親が返済し、その後に子が返済するというようにローンの支払いを親から子へ引き継ぐことができ、返済期間を長く設定することが可能です。
  • ただし、団体信用生命保険への加入は子となっているパターンが多いため、親が亡くなっても債務が残るという点に注意が必要です。

親子リレーローンとは、新築購入時だけでなく借り換えや住み替え、リフォームのときにも使用できる住宅ローンの組み方の一つです。

全ての金融機関で扱っているわけではなく限られた金融機関での利用となりますが、親から子へリレー(引き継ぐ)できる返済方法ということで関心を持たれる方も多いローンの組み方です。

親子リレーローンの内容、メリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

親子リレーローンの利用に向いているケース

親子リレーローンは、ローンの支払いを親から子へ引き継ぐことのできる住宅ローンです。初めは親が返済し、その後に子が返済するので、返済期間を長く設定することが可能となります。

親子リレーローン利用に向いているケースは下記となります。

  • 親子同居で一緒に住宅ローンを返済したい場合
  • 将来の同居を予定している場合
  • 親が高齢のため住宅ローンを組めない(原則80歳までに完済)場合
  • 親が高齢のため返済期間の短い住宅ローンしか組めず月々の返済負担が重い場合
  • (子の収入額の問題含め)希望する住宅ローンを一人では組めない場合

以上のようなケースに当てはまる場合には、親子リレーローンを検討してみてもよいでしょう。

親子リレーローンと親子ペアローンの違い

名前がよく似ているローンの形式に、親子ペアローンというローンもあります。

違いを簡単にご紹介します。

親子リレーローン 親子ペアローン
ローンの本数 1本 2本
返済者 最初は親、その後子が返済 最初から双方ともに返済
団体信用生命保険 子が加入 親子ともに加入
住宅ローン控除 持ち分による返済負担分に応じて二人とも適用 それぞれの負担割合分に応じて二人とも適用

ペアローンについて詳しく知りたい際は「ペアローンについて詳しく解説!連帯債務との違いは?後から一本化できる?」を参考にして下さい。

ペアローンが利用できる金融機関をご紹介

ペアローンが利用できる金融期間に「じぶん銀行」があります。じぶん銀行でペアローンを利用する際は、利用するそれぞれが「住宅ローンマイページ」を登録する必要があります。

ペアローンの申込み方法をご紹介していきます。

  1. 住宅ローンマイページをペアローンを組むそれぞれが登録
  2. 仮審査申込画面でペアローンの有無を選択
  3. ペアローン対象者(相手方)情報を入力
  4. 仮審査の申込み完了
  5. 仮審査承認後、それぞれ手続きを進める
公式ページに進んだ際に、ペアローンが使えることの記載がないので不安になるかと思いますが、上記の方法の通り進めば、仮審査申込画面で「ペアローンの有無」を選択することができます

じぶん銀行

じぶん銀行

適応金利
変動
0.497%
当初10年固定
0.590%
当初20年固定
1.323%
当初35年固定
2.210%
繰上げ返済手数料 無料
保証料 無料
事務手数料 借入金額×2.16%
団体信用生命保険料 無料

三菱東京UFJ銀行✕KDDIの共同出資の住宅ローンの安心感!手厚い保証がついて低金利で提供。 また、申込みから契約までネットで完結が可能!契約書の捺印は一切不要です。

固定期間 借入可能期間
2~35年 500万円~1億円
返済方法 対応地域 来店
元金均等返済/元利均等返済 全国 不要
お申込みはこちら

親子リレーローンの条件や審査、名義について

親子リレーローンの利用には条件があります。

まず、同居を前提としたローンということを知っておく必要があります。

そのため、一般的な住宅ローンの審査内容の収入や勤続年数等に加え、下記内容も審査の対象となります。

  • 同居か将来同居予定
  • 子の年齢が20歳以上で完済時に80歳未満であること
  • 子が団体信用生命保険に加入すること(親と子それぞれ1/2ずつ加入するケースもあり)
  • 親子ともに安定した(継続)収入があること ※公的証明書類が必要
  • 親子ともに通常の住宅ローンに関する審査で問題がないこと
  • 子は一人のみ(親一人と子二人という形では組めない)

親子リレーローンを組むときには、名義をどうするのかという問題についてもしっかり話し合っておく必要があります。

例えば、子が100%返済しているにもかかわらず、名義を親と子で50%としてしまった場合には、親が亡くなったとき、税制上は親の名義分が相続財産となってしまいます。

そのため、他の兄弟と相続争いとなる可能性があります。

不動産の名義は返済割合と合わせておくべきでしょう。

単独債務(一人で住宅ローンを組み、返済)の場合は登記も単独名義となりますが、親子リレーローンでは所有者が複数の共有名義になってしまい、名義変更をする場合には贈与税のことも考える必要もあります。

団体信用生命保険に関する注意点、その他メリットやデメリットについて

親子リレーローンのメリットは下記の通りです。

  • 単独債務よりも希望の住まいを手に入れやすくなる
  • 借入期間を長くできる
  • ローンとしては1本なので保証料や手数料が1本分のみで済む
  • 共有名義となるため、それぞれの負担割合に応じて住宅ローン控除を適用することができる

親子リレーローンを利用する場合には、団体信用生命保険への加入は子となっているパターンが原則(フラット35の場合は親でも可)で、親が亡くなっても債務が残るということに注意が必要です。

例えば、最初は親が返済することを予定してプランを組んでいたのに親が急に亡くなってしまった場合、親が払うつもりであった返済分は子が返済しなくてはならなくなります。

親が単独債務で住宅ローンを組み、団体信用生命保険に入っていれば債務がなくなるわけですから、そのパターンとは返済額が大きく異なることを知っておきましょう。

また、親子リレーローンに限らないことですが、二世帯住宅に住んでいた親に他の財産がない場合、財産分与で他の兄弟ともめることがあります。

相続時のことを事前にしっかり話し合ってから親子リレーローンを選択する必要があるでしょう。

さらに、二世帯同居のつもりで親子リレーローンを組んだものの嫁姑問題が起きてしまった、子供が会社から転勤を命じられた、当初返済を受け持つはずの父親がリストラにあってしまったなど、返済継続に問題が生じるケースも少なくありません。

利用前によく話し合っておき、余裕を持った返済計画を立てると良いでしょう。

その他、別の住宅ローンを組めないという問題もあります。

これについては次の項目で詳しくご紹介します。

団体信用生命保険について詳しく知りたい際は「住宅ローン借入時に必要な保険は?住宅ローンと団体信用生命保険の関係を解説」を参考にして下さい。

別の住宅ローンを新たに組むことは可能?

親子リレーローンの大きなデメリットの一つが、別の住宅ローンを新たに組むことが難しいということです。

住宅ローンを組む際には年収など様々な審査項目をチェックされることになります。

複数の住宅ローンを抱えることは、一般的な年収の人にとってハードルが高いことなのです。

例えば、結婚する予定の相手が親のために親子リレーローンを組んでいるというケースがあります。

結婚して新築の家を住宅ローンで購入したいとなったときに、親子リレーローンの連帯債務があるために新しく住宅ローンを組めないということが起きる可能性があります。

実質親が返済していると言っても、ローン契約上は連帯債務となりますから、金融機関はなかなか新しい住宅ローンを組ませてくれません。

そのような場合には、セカンドハウスローンも選択肢1つです。

基本的に一人につき住宅ローンは1本となっていますが、親子どちらかに返済継続に関して、問題が発生したときにセカンドハウスローンを利用している人もいます。

通勤や通学などのためにセカンドハウスとして購入するという目的で利用できる住宅ローンです。

金融機関によりますが、年収500万円以上などの条件があります。

セカンドハウスローンも、通常の住宅ローン同様、団体信用生命保険にも加入できるため安心です。

セカンドハウスローンの申し込みなら、イオン銀行などがあります。
イオン銀行セカンドハウスローンの事なら、こちらを参考にしてみてください。

親子リレーローンは、高齢の親でもローンを組むことができ、返済期間を長く設定できることが大きな特徴です。

しかし、返済継続に問題が多く生じる可能性のあるローン形式なので、親子リレーローンを扱っている金融機関は限られます。

メリット、デメリットを考慮して選択すると良いでしょう

まとめ

親子リレーローンの不安を解消するために

  • やはり親がなくなって債務が残るということだと思います。特に親名義のローン割合が多い場合には、親の健康状態を見て、親子リレーローンにするかどうか検討することが重要です。
    親が健康であれば、掛け捨てタイプの割安な生命保険に加入しておくこと不安を解消することができます。
  • 親子リレーローンの場合、土地や建物の相続権がリレーした子に限定される点です。通常の相続は土地や建物が親の持ち物なら配偶者やすべての子どもに相続権があります。
    親子リレーローンを組むときには、家族でよく話し合っておかないと争族のもとになりかねません。
  • 親子リレーローンの家に最も長く暮らすのは子どもです。子どもの家族構成がまだ決まっていないような場合には部屋の間取りなど柔軟性を持たせておくことや、返済が終わる頃にはリフォームや建て替えが発生する可能性もあります。
    親子ローンで家をたてる場合には、親子でよく話し合って家づくりをすすめましょう。

監修者情報

株式会社エスティライフ

株式会社エスティライフ ファイナンシャル・プランナー

FP1級技能士、CFP、DC1級アドバイザー、証券外務員、住宅ローンアドバイザー、損害保険プランナー、TLC(生保協会認定FP)など幅広い専門的な知識・経験をもとにライフプランの"お金”に関する問題を解決するファイナンシャルプランナーの集団です。

詳細はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加