• 2020.03.31

ペアローンについて詳しく解説!連帯債務との違いは?後から一本化できる?

auじぶん銀行
簡単に言うと…
  • ペアローンとは、1つの住宅に対して夫婦などペアで2本のローンを組むローンのことです。
  • ペアローンは、2本の住宅ローンであるため、2人とも団体信用生命保険に加入でき、また、2人とも住宅ローン控除を適用可能です。
  • 将来、ペアローンを一本化したいとなった場合でも、収入等の関係でペアローンの一本化が難しいケースも多く、また、一本化できた場合でも、税制上配偶者への贈与となり、贈与税が課される可能性があるなどのデメリットもありますので、事前に確認しておきましょう。

住宅ローンの組み方にペアローンという方法があります。

共働きの世帯が増えていることもあり、夫婦でペアローンを利用することで、単独の債務者では組めないような大きな額の住宅ローンの利用が可能になることから人気となっています。

一緒にペアローンを組むことができる対象者や団体信用生命保険の扱い、住宅ローン控除はどうなるのかなど、ペアローンについてわかりやすくご説明します。

この記事を執筆・監修している専門家

執筆者

株式会社エスティライフ

ファイナンシャル・プランナー

FP1級技能士、CFP、DC1級アドバイザー、証券外務員、住宅ローンアドバイザー、損害保険プランナー、TLC(生保協会認定FP)など幅広い専門的な知識・経験をもとにライフプランの"お金”に関する問題を解決するファイナンシャルプランナーの集団です。

編集者

ナビナビ住宅ローン編集部

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

そもそもペアローンとは?

ペアローンについて簡単に説明すると、下記のようになります。

  • 1つの住宅に対して2人で2本のローンを組む形式
  • ペアとなった2人は互いに連帯保証人となる
  • 同居親族のみペアとなれるが、原則夫婦か親子で、兄弟は不可のケースがほとんど
  • 2本の住宅ローンであるため、2人とも団体信用生命保険に加入できる
  • 2本の住宅ローンであるため、2人とも住宅ローン控除を適用可能
  • 2本の住宅ローンであるため、審査がそれぞれで行われる
  • 事務取扱手数料や印紙税がそれぞれで必要になるため、住宅ローン1本のときに比べて諸費用が高めとなる
  • フラット35では扱っていない

住宅ローンを利用する際に、1人でなく同居親族と一緒に申し込めるローンのことをペアローンと言います。2人で返すことから、「ペア」ローンという名がついています。

割合は、住宅持ち分と合わせるのが一般的ですが、自由に決めることができ、それぞれの割合で債務を負います。それらについてお互いに連帯保証人となる仕組みです。そのため、ローンが2本ということになります。

2本のローンですから、それぞれが団体信用生命保険に加入できます。しかし、死亡時・高度障害時に保険から完済してもらえるのは該当者の分のみです。もう1本のローン分はそのまま返済が継続することになります。

ペアローンは、同居親族であれば利用できるため、夫婦だけでなく親子でも可能です。兄弟は、同居継続可能性が高くないことから、基本的には認められません。婚約者は入籍後であればOKとなります。

ペアローンが利用できる金融機関

ペアローンが利用できる住宅ローンには、「auじぶん銀行」や「新生銀行」などがあります。ここでは、それぞれの特徴をご紹介します。

auじぶん銀行住宅ローン

auじぶん銀行住宅ローンは、全ての銀行の中でもトップクラスの金利の低さと、保障の充実度が魅力の住宅ローンです

おすすめポイント

  • すべての金融期間のなかでもトップクラスに金利が低い
  • けがや病気で180日以上入院すると、住宅ローン残高が0円になる
  • がんと診断されると住宅ローン残高が半分になる
  • WEB審査のスピードが早く最短2週間で契約完了
  • 印紙税0円なので、借り入れ当初の諸費用も安い

がんと診断確定されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」、けがや病気で180日以上継続入院した際にローン残高が0円になる「全疾病保障」。

この2つが0円で付帯できるのは、金融機関の住宅ローンにはないため、auじぶん銀行住宅ローンの大きなメリットです

審査から契約まで全てWeb上で完結できるため、忙しくてなかなか店舗に行く時間を作れない方にも嬉しいですね。

auじぶん銀行の公式サイトへ

関連記事auじぶん銀行住宅ローンのメリット・デメリット総まとめ、申し込むべきか5分で分かる!

新生銀行住宅ローン 

新生銀行住宅ローンは、借入時にかかる事務手数料が低いため、諸費用をおさえることができるのがメリットです。

おすすめポイント

  • 借入当初の諸費用が安い
  • 安心保証付団信を金利上乗せなしで利用できる
  • 契約日の金利が適用されるので、返済計画を立てやすい

注意点と対策

  • 変動金利の125%ルール、5年ルールが適用されないので、余裕のある返済計画を立てておく

借入時にかかる「融資事務手数料」が他の金融機関と比較して安いため、諸費用をおさえることができます。

新生銀行の事務手数料 一般的なネット銀行の事務手数料
110,000円(税込)
※安心パックを利用・<変動フォーカス>以外の金利タイプを選んだ場合
借入金額×2.2%(税込)

借入金額が3,000万円の場合、多くのネット銀行では事務手数料が66万円になりますので、諸費用を大きく抑えられることがわかりますね。

また所定の要介護状態が180日以上継続した場合、もしくは要介護3以上の状態になった場合に、ローン残高が保障される「安心パック」にも加入できます。

ただし変動金利の125%ルール・5年ルールが適用されないため、余裕のある返済計画を立てておきましょう。

新生銀行の公式サイトへ

関連記事新生銀行の住宅ローンを徹底解説!安い手数料や柔軟な返済額の変更など独自サービスが特徴!

住宅ローン控除の適用について

住宅ローン控除と呼ばれる税制の優遇措置があります。

正式には住宅借入金等特別控除という名で、年収が年間3千万円以下であることや住宅の床面積が50平方メートル以上であることなど一定の条件を満たすことで受けることのできる控除となっています。

控除額は住宅ローンの年末残高を元に計算されます。

ただし、年末残高×1%で計算されるものの400,000円の上限額があります。

何から控除されるかというと、所得税から控除されます。

所得税よりも控除額が大きい場合は住民税からも控除できます。

ただし、住民税の控除には136,500円の上限額があります。

住宅ローン控除に関しては、ペアローンが2本のローン契約であることを活用してメリットを享受することができます。

ペアローンを契約しているそれぞれがローンを抱えていることになりますから、2人とも住宅ローン控除を適用できるのです。

例えば、夫婦でペアローンを組んでいる場合、夫の所得税や住民税に対して住宅ローン減税を適用でき、妻の所得に対しての所得税や住民税にも住宅ローン控除を適用できるということになります。

ペアローンと連帯債務の違いについて

夫の名義で住宅を購入し、夫がローンを返済するという組み方(単独債務)に対し、夫婦共有名義にして1本の住宅ローンを2人で返済する方法もあります。

連帯債務という方法です。

ペアローンは割合がきっちり決められるのに対し、連帯債務では互いに住宅ローン全額に対して責任を持つという点が大きな違いです。

ペアローン同様、夫婦ともに住宅ローン控除の適用となります。

ペアローンでは2本のローンという扱いによる割合に応じたローン残高での適用でしたが、連帯債務においては所有権の持ち分により決められることになります。

持ち分と負担割合に差がある場合は、税制上夫婦間での贈与という扱いになります。

団体信用生命保険への加入は住宅ローン1本に対して1人と決められているため、加入は主債務者のみです。

ペアローンと収入合算の違いについて

夫の債務として住宅ローンを返済していくときに、ペアローンという形はとらずに配偶者等の同居親族の収入も考慮して、住宅ローンを申し込みたいと考える場合もあるでしょう。

その際は、収入合算という方法をとることができます。

ペアローンよりも対象者の範囲が広く、親や子、配偶者、婚約者(ただし、入籍が必要)の他、兄弟、配偶者の兄弟も同居であれば可能です。

収入合算できる金額には上限があり、収入合算者の収入の50%までとなっています。

合算するだけで、住宅ローンは1本のままです。

そのため、住宅ローン控除の適用は契約者1人分のみとなることもペアローンとの大きな違いです。

収入合算者は連帯保証人となり、主債務者が返済できない事情が生じた場合に返済義務を負うことになります。

また、収入合算者が死亡してしまった場合でも、適用されるのは主債務者のみなので、団体信用生命保険の適用外で、その分の負担は主債務者が負わなければなりません。

そのことも考慮し、収入合算者の生命保険契約を見直すなどの対策をした上で選択する必要があります。

ペアローンの一本化でネックとなる贈与税

ペアローンを組んで住宅を購入したものの、離婚をきっかけに2本の住宅ローンを一本化したいというケースがあります。

あるいは、共働きの予定だったものの、妻が仕事を辞め育児、家事に専念するという場合もあるでしょう。

他にも、支払中の住居を賃貸に出し親と同居するために別の住まいの住宅ローンを組みたいなどの事情が発生するケースもあります。

ただし、ペアローンを選択する大きな理由が、1人の収入では借り入れできない金額で住宅ローンを組むためとなっていますから、一本化することが難しいケースがほとんどです。

もし、一本化できない場合は家の売却を検討することになるかもしれません。

収入に問題がなく一本化できる場合においても注意点があります。

まず、2本の住宅ローンが一本になることで、住宅ローン控除の対象が1人となります。

さらに、税制上配偶者への贈与となるため、贈与税が課される可能性もあります。

一本化をしない場合においても、住宅ローンの負担割合と持ち分割合に差があると贈与税が課される可能性がありますから気を付けましょう。

ペアローンには、返済額を大きく設定できる他に住宅ローン控除や団体信用生命保険に関するメリットがあります。

しかし、諸費用が多くかかることや一本化が難しいといったデメリットもありますから利用前によく検討しておくと良いでしょう。

夫婦で住宅ローンを組む際は「共働き夫婦が住宅ローンを借りる際の注意点」も参考にして下さい。

まとめ

ペアローン型は、住宅ローンを分割し、夫婦がそれぞれ個別に契約を結ぶ住宅ローン

ペアローンを組んだ方がいい人

  • 住宅ローン控除枠を夫婦それぞれに適用したい
  • 団信保険料は無料にしている金融機関が多いため、夫婦で生命保険料を節約したい
  • 住宅ローン借入額を増やしたい
  • 夫婦どちらもずっと共働きしたい

ペアローンを組まない方がいい人

  • 夫婦どちらかが団信へ加入できない事情がある
  • 2契約分の借り入れ手数料を払いたくない
  • 10年以内に夫婦どちらかが仕事を辞める予定がある

ペアローンに向いているのは、夫婦で少なくとも10年は働き続ける見通しがたっていれば、税控除によるメリットはありますが、それ以内なら初めから収入合算(連帯保証型)にしておく方がいいでしょう。

ペアローンが利用できる金融機関

auじぶん銀行
適用金利
変動金利
0.380%

2020年04月適用金利

全期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初10年固定
0.520%

2020年04月適用金利

当初期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初20年固定
0.891%

2020年04月適用金利

当初期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

全固定35年
1.235%

2020年04月適用金利

当初期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.20%(税込) 2週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~1億円 全国

低金利なのに金利の上乗せ無しで手厚い保障が受けられる、人気の住宅ローン!がん診断されるだけで住宅ローン残高が50%になるがん団信と、全ての病気やケガ(※)で180日以上入院すると借入残高が0円になる全疾病団信が両方無料付帯されるネット銀行はここだけ!他にも一部繰上返済手数料・収入印紙代が無料など、お得がたくさん。三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資なので安心感もあります。※精神障害を除く

公式サイトはこちら

住宅ローン シミュレーション
auじぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.428%

2020年04月適用金利

変動金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.380%

2020年04月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.428%

2020年04月適用金利

変動金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

2020年04月適用金利

当初3年固定

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662