• 2019.08.20
  • 2019.10.03

『老後2,000万円問題』を受けて、約5割の家庭が固定費の見直しを検討!

ナビナビ住宅ローン
じぶん銀行

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:林 和樹、以下当社)は、30歳以上で住宅購入後15年以内の男女336名に「家計の固定費に関する意識調査」を実施いたしました。

『老後2,000万円問題』や『消費税増税』など家計に大きく関わるニュースが相次ぐ中、具体的な対策を考えている人、検討中の人が47.3%と5割に迫る結果でした。また、家計管理の肝と言われる「家計の固定費の見直し」に興味がある人は7割を超え、将来に備え、家計管理に取り組んでいこうという姿がみえてきました。

調査サマリー

  • 『老後2,000万円問題』を受けて具体的な対策を考えている人・検討中の人は約5割
  • 家計の固定費見直しに興味がある人は72.3%
  • 見直したい固定費は「通信費」「保険」「ガス・電気」
  • 住宅ローン借り換えに興味を持ったきっかけは、最多が「年金問題」次いで「消費税増税」

【調査概要】

調査方法 インターネットによる調査
調査対象 全国にお住まいの30歳以上で住宅購入15年以内のの男女
調査期間 2019年7月24日~26日
調査エリア 全国
サンプル数 336名
調査機関 Fastask

■『老後2,000万円問題』を受けて具体的な対策を考えている人・検討中の人は47.3%

今回、『老後2,000万円問題』を受けて具体的な対策を考えていますか?と質問したところ、47.3%の人が「はい」または「検討中」と回答しました。

老後2,000万円問題を受けて、具体的な対策を考えていますか?

■固定費の見直しに興味がある人は72%も!

続いて、「固定費の見直しに興味がありますか」と質問したところ、「はい」と答えた人が72.3%で、7割以上の人が、一般的に家計管理のキーポイント言われている固定費の見直しに興味を持っていることが分かりました。

固定費の見直しに興味がありますか?

■固定費の見直しの具体的な項目は、「通信費」「保険」「ガス・電気会社の乗り換え」

 「固定費の見直しでどのようなことを実施しましたか。または検討していますか」という質問では、「通信費の見直し」を選択した人が51.4%と一番多く、次いで「生命保険・損害保険の見直し」と回答した人が40.3%、「ガス・電気会社の乗り換え」が32.1%という結果となりました。 通信費は、あらゆる生活シーンに関わってきているため必要ではありますが、費用を抑えたいと考えている人が多いようです。 一方、「パートナーのおこづかいを見直し」と回答した人は13.6%、「子どもの教育費」と回答した人は9.9%と低く、できるだけ削らないようにしたいという家族への思いも見えてきました。

固定費の見直しでどのようなことを実施しましたか?または検討していますか?

■住宅ローンの借り換えに興味を持ったきっかけは「年金問題」と「消費税増税」

一般的に「住宅ローン」は家計支出の特に大きな部分を占めるため、見直すことで固定費軽減効果があると言われています。今回、実際に「住宅ローンの借り換え」を実施、あるいは検討している人に興味を持ったきっかけを質問したところ、「年金問題」を選択した人が52.7%と一番多く、次いで「消費税増税」と回答した人が41.8%、「友人、知人の話」と回答した人が40.0%という結果となりました。

住宅ローンの借り換えに興味を持ったきっかけは何でしょうか?

家計の固定費軽減のポイント

調査結果からもわかるように、固定費の削減に興味がありながらも、実際の行動に移せていない方が多くみられます。 ローンの借り換えや保険・通信費の見直しなど腰が重たく感じますが、固定費を一度見直すことは、その後の数年~数十年に渡って影響します。10年、20年と積み重ねていくと数百万円以上の節約になることも珍しくないため、まずはひとつだけでも行動してみることをおすすめします。 また最近では、月額制サービスの利用料の積み重ねで、毎月数千円を消費している方もいます。 半年に一度など、自分なりのルールを決めて定期的に固定費を見直すことが大切です。 (ナビナビ住宅ローン担当者 中澤悠生)

執筆者情報

中澤 悠生

中澤 悠生 ナビナビ住宅ローン編集部

住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャル・プランナー3級。「家を買いたいけど、ローンをどう選べば良いかわからない」「不動産屋さんに勧められるままにローンを契約したけど後悔している」などの悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。このような悩みを解決するべく、当サイトではどこよりも分かりやすい住宅ローン情報を届けることをモットーに執筆・編集をしています。

詳細はコチラ
スポンサーリンク

住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年11月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

当初固定2年

2019年11月適用金利

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年11月適用金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

当初固定3年

2019年11月適用金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662