• 2019.12.25

住宅ローンでネット銀行を選ぶ人はわずか7%!借入先と選んだ理由についての調査

ナビナビ住宅ローン
じぶん銀行

住宅ローンを探し始めた時に気になるのが「メガバンクで借りるのか、ネット銀行で借りるのか」。

メガバンクは大手ならではの安心感がありますが、ネット銀行には金利の低さや団信の充実度など、どちらも魅力があります。

そこで本記事では、既に住宅ローンを利用してマイホームを購入した方を対象にして、「借り入れ先と、借り入れ先を選んだ理由」について調査しました。

調査サマリー

  • 借り入れ先は「地方銀行」「メガバンク」がどちらも4割以上
  • 借り入れ先を選んだ理由は「金利の低さ」がもっとも人気
  • ネット銀行を選択した3割の人は「特に不安を感じていない」

【調査概要】

調査方法 インターネットによる調査
調査対象 全国にお住まいの30歳以上で住宅ローン契約後10年以上経過した男女
調査期間 2019年12月12日~13日
調査エリア 全国
サンプル数 377名
調査機関 Fastask

この記事制作に関わる専門家

中澤悠生

ナビナビ住宅ローン編集部

執筆

住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャル・プランナー3級。「家を買いたいけど、ローンをどう選べば良いかわからない」「不動産屋さんに勧められるままにローンを契約したけど後悔している」などの悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。このような悩みを解決するべく、当サイトではどこよりも分かりやすい住宅ローン情報を届けることをモットーに執筆・編集をしています。

ナビナビ住宅ローン編集部

編集

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

 借り入れ先は「地方銀行」と「メガバンク」が大半。ネット銀行は少数派に

住宅ローンの借入先の銀行についてのアンケート調査結果

今回の調査をするにあたって住宅ローンの借り入れ先の銀行を質問したところ、もっとも多かったのは「地方銀行」で45.2%、次いで「メガバンク」が43.0%、「ネット銀行」が7.6%、住宅ローン専門の金融機関である「モーゲージバンク」は4.2%となっていました。

地方銀行とメガバンクが占める割合が大きく、ネット銀行やモーゲージバンクで住宅ローンを借り入れる人は、少数派であることが分かります。

地方銀行では「審査の通りやすさ」を重視した方が多い

地方銀行を選んだ方が重視したポイントのアンケート調査結果

次は住宅ローンを借り入れた金融機関ごとに、借り入れ先選びで重視したポイントを質問しました。

地方銀行では、「金利が低いから」が37.8%ともっとも多く、次いで「審査に通りやすいから」が11.8%、「窓口があり安心できるから」が9.2%、「対面相談が出来るから」が8.4%、「審査が早いから」が5.9%、「団信の内容が充実していたから」が4.2%、「時間を気にせずにやり取りできるから」が2.5%、「その他」が13.4%となっていました。

上記のうち「金利が低いから」は、どの金融機関を選んだ方でも、共通してもっとも多くの割合を占めています。

メガバンクでは「団信の内容」「審査の通り安さ」「窓口の有無」を重視

 メガバンクを選んだ方が重視したポイントのアンケート調査結果

メガバンクでは、「金利が低いから」が37.2%ともっとも多くの割合を占めています。続いて「団信の内容が充実していたから」が9.7%、「審査に通りやすいから」が8.8%、「窓口があり安心できるから」が8.8%、「審査が早いから」が6.2%、「時間を気にせずにやり取りできるから」が4.4%、「対面相談が出来るから」が2.7%、「その他」が12.4%となっていました。

先述した地方銀行では「団信の内容が充実しているから」の割合は4.2%と少なかったのに対して、メガバンクでは重要視されている要素となっています。

ネット銀行では6割が「金利の低さ」を理由に選択

ネット銀行を選んだ方が重視したポイントのアンケート調査結果

続いてネット銀行を選択した方では、「金利が低いから」を選択した人は60.0%となっており、メガバンクや地方銀行と比べても高い比率となっています。次いで「審査が早いから」は15.0%、「時間を気にせずにやり取りできるから」は5.0%、「団信の内容が充実していたから」は5.0%、「窓口があり安心できるから」は5.0%、「対面相談ができるから」「審査に通りやすいから」はどちらも0%となっています。

多くのネット銀行では金利の低さをセールスポイントにしているため、実際にネット銀行を選択した方も、金利の低さを重視している傾向が強くなっていました。

ネット銀行に対しての不安は約3割の人が「特になし」

ネット銀行で住宅ローンを組むにあたって不安だったことのアンケート結果

最後にネット銀行で住宅ローンを借り入れた方に対して、借り入れた際に不安だったことがあるかを質問したところ、「特にない」と回答した人がもっとも多く、全体の35.0%となっています。次いで「審査が厳しいこと」が25.0%、「店舗窓口がないこと」が20.0%、「審査に時間がかかる」が20.0%、「ローンも申込みの手続き」15.0%、「ネット銀行の破綻」が10.0%、「信用面への不安」は0%となっています。

ネット銀行は金利が低めに設定されていますが、審査の基準が厳しくなる傾向にあります。そのため審査の厳しさや、相談できる店舗窓口がないことなどを不安に感じている方多くなっていました。

まとめ

今回は、住宅ローンの借り入れ先を選んだ理由についての調査を行いました。

多くの方が地方銀行、もしくはメガバンクを選択していて、ネット銀行やモーゲージバンクを利用している方はまだまだ少数派です。

ネット銀行やモーゲージバンクは金利が低く設定されていることが多いため、借り入れの際には幅広い銀行でのシミュレーションをした上で選択しましょう。

スポンサーリンク

住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.415%

2020年01月適用金利

変動金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

2020年01月適用金利

変動金利

じぶんでんきをセットでご契約の場合

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.415%

2020年01月適用金利

変動金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

2020年01月適用金利

当初3年固定

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662