年収が低い人でも住宅ローンは組めるの?

住宅の模型とローン返済表と現金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単に言うと…
  • 住宅ローンを借りられるかどうかは、本人の収入によるところが大きいですが、低収入だと借りられないというわけではありません。
  • 正社員かどうかも審査における基準の1つになり、アルバイトやパートだと、収入が不安定な就業形態ですので、住宅ローンを組むのは非常に難しくなります。
  • 住宅ローンにおいて、スムーズに審査通過するには、一般的には勤続3年以上が目安と言われています。

住宅ローンにおいては、本人の年収が重要!でも…

住宅ローンは、年収の何倍もの金額を借りるローンです。

普通の人でも無理なくお金を返せるように、金利は低く抑えられています。

また、返済期間も非常に長く設定できます。

住宅ローンを借りられるかどうかは、本人の収入によるところが大きいです。

ただし、低収入だと借りられないというわけではありません。

収入に見合った借入ができます。

例えば、ある金融機関で、年収が低くて借りられないとなっても、他の年収の基準が低い人でも貸してくれる金融機関を探せば借りられる場合があります。

また、年収が金融機関の求める基準に達していなくても、他の審査基準に合致していれば借りられる可能性もあります。

住宅ローンの審査では、正社員が有利

審査基準は、年収が高い・低い、収入が多い・少ないだけではありません。

審査内容は、金融機関によって異なり、また公表されているわけではありません。

ただ、安定して返済できるかは重視されています。

収入の安定性や、継続性が住宅ローンの審査において重視されます。

そのため、「正社員」かどうかも審査における基準の1つになります。

アルバイトやパートだと、収入が不安定な就業形態ですので、住宅ローンを組むのは非常に難しくなります。

同じ理由で、自営業者、歩合制の会社員、契約社員、派遣社員なども住宅ローンの審査においては不利になります。

しかし、そのような方でも、絶対に住宅ローンを借りられないというわけではありません。

過去3年分の納税証明書や確定申告書を提出し、自身の返済能力をきちんと証明できれば、住宅ローンを借りることができる可能性があります。

また、借入額を少なくすることで、審査通過の可能性も上がります。

金融機関が、収入に見合った借入金額や返済期間であると判断すれば、借りることができます。

金融機関側も、借入金額や返済期間の見直しを求める場合もあるでしょう。

正社員でも、住宅ローンを借りられるとは限らない

正社員なら絶対に借りられるというわけではありません。

例えば、正社員でも、産休、育休などで仕事をしていない時期なら、収入の継続性がないため、住宅ローンを借りるのは難しくなります。

また、短期間で転職を繰り返している人は、正社員でも住宅ローンは借りにくいと言えます。

住宅ローンにおいて、スムーズに審査通過するには、一般的には勤続3年以上が目安と言われています。

ただし、職種を変えずに、ステップアップの転職の場合には、審査に影響がないと判断されることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加