知っておこう!住宅ローン控除の申請方法

パソコンに向かう女性
じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単に言うと…
  • 住宅ローン控除の恩恵を受けるためには、住宅を買った初年度に税務署へ確定申告をしなくてはなりません。
  • 2年目からは会社に住宅ローン控除の書類(税務署から送られてくる「年末調整のための住宅昔入金等特別控除証明書」と金融機関から送付されてくる「住宅ローン残高証明書」)を申請するだけで、年末調整によりすでに給与天引きされた所得税から住宅ローン控除の金額が戻ってきます。
  • 確定申告は、通常2月16日頃から3月15日頃までですが、住宅ローン控除の申請だけが確定申告の目的である場合は、前倒しで1月から受け付けていますので、早めに準備するとよいでしょう。

住宅ローン控除を受けるには、入居した最初の年の収入について確定申告をする必要があります。

しかし、一般のサラリーマンは確定申告になじみがなく、住宅ローン控除についての申請方法がよくわからない、という声も聞かれます。

ここでは、具体的にその手続きについて解説したいと思います。

住宅ローン控除の申請は確定申告にて

住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用して新たにマイホームを買った人を国が金銭的に援助をする制度です。

毎年の年度末の住宅ローン残高の1%が10年間にわたって所得税から還付される仕組みになっています。

しかし、住宅ローン控除の恩恵を受けるためには、住宅を買った初年度についての収入に基づき、税務署へ確定申告をしなくてはなりません。

いつも税金は会社の給与から天引きされるため、住宅ローンがきっかけではじめて確定申告をすることになった、というサラリーマンの人はとても多いことだと思います。

住宅ローン控除の申請は面倒じゃないの?と思うかもしれませんが、きちんと整理すれば、素人でも自分の力で申請することは十分に可能です。

初年度は必ず確定申告を忘れずに

住宅ローン控除による減税を申請する場合は、その住宅に入居した翌年の3月15日までに確定申告をする必要があります。

なお、サラリーマンの場合は、住宅ローンを借りた2年目からは会社に住宅ローン控除の書類を申請するだけで、年末調整によりすでに給与天引きされた所得税から住宅ローン控除の金額が戻ってきます。

ただし、年収が2,000万を超える人、給与の他に所得が20万以上ある人、2カ所以上から給与の支払いを受けている人などは、毎年にわたって確定申告をする必要があります。

確定申告をする前に、申告書類に添付する以下の書類の準備が必要になります。

  • サラリーマンの場合は、通常年末に会社から交付される源泉徴収票の原本
  • 住民票の写し(市町村役場から入手)
  • 住宅ローンを借りた金融機関等からの住宅ローン残高の証明書
  • 購入した住宅の登記事項証明書
  • 不動産会社との売買契約書

また、中古住宅の場合は以下の書類が必要になることもあります。

  • 耐震基準適合証明書
  • 既存住宅性能評価書
  • 既存住宅瑕疵保険の付保証明書

また、土地を取得した場合は土地の登記事項証明書や契約書などが必要となります。

早めに確定申告をしよう!

確定申告は、通常2月16日頃から3月15日頃までの期間に、前年の収入について申告しますが、この時期は当然ながら税務署はとても混雑します。

しかし、住宅ローン控除の申請だけが確定申告の目的である場合は、前倒しで1月から受け付けています。

混雑の時期を避けて、早めに準備するのもいいかもしれません。

確定申告は、自分が住んでいる住所を管轄する税務署あてに申告することになります。

確定申告書類の提出方法は大きく分かれて下記の3つがあります。

  • 1.税務署や相談会場まで出向く
  • 2.確定申告書を取り寄せまたはダウンロードし、税務署に郵送する
  • 3.自宅からパソコンを利用し、e-taxで申告する

税務署でのe-tax申請がおすすめ

初心者の方にオススメの方法は、税務署や相談会場まで出向く事です。

この場合、紙の確定申告書に記入するのではなく、必要書類を全て持参しながら会場のスタッフの助けを受けて、会場にあるパソコンからe-taxにより申請をすることが効果的な申請方法です。

e-taxによる申請であれば、紙ベースの申告書を提出した場合よりも、住宅ローン控除の還付金を早く受け取れるのです。

税務署に設置されているパソコンからのe-tax操作は、専門の係員からアドバイスを受けながら入力することができます。

一見、自宅のパソコンからe-taxで申告するのが便利そうですが、実は役所に行って住基カードや電子証明書の申請をしなければならず、さらにはカードリーダーを自腹で購入しなければならないのです。

これからずっと毎年確定申告をする必要のない方は、直接税務署に行ってe-taxで申告するのが、住宅ローン控除の申請の一番簡単な方法かもしれません。

e-taxによって確定申告を行った場合、確定申告の約1カ月後に指定した金融機関に還付金が振り込まれることになります。

確定申告による申請は、初回だけで結構ですので、次年度からは、税務署から送られてくる「年末調整のための住宅昔入金等特別控除証明書」と金融機関から送付されてくる「住宅ローン残高証明書」の2つを、勤務先の年末調整の際に提出すれば還付金を受け取ることができます。

確定申告の申請方法について詳しく知りたい際は「知っておこう!確定申告のときの住宅ローン控除の必要書類」を参考にして下さい。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662