住宅ローンの本審査は複数申込OK!3社がおすすめの理由とキャンセルの流れ

住宅ローン本審査複数
じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンの仮審査に通過したら、次はいよいよ本審査に進んでいきます。

ただし複数の銀行で仮審査に通過していると、

「住宅ローンの本審査も複数申し込んでも良いの?」
「本審査を通ったら、絶対に借りないといけない?」
「本審査を通ってから、キャンセルする流れを知りたい!」

などが気になりますよね。

結論をお伝えすると、住宅ローンの本審査は複数申し込んでも問題ありません

ただし何十社も申し込んでいると、金融機関の担当者に「本当にこの人は借りる気があるのだろうか?」という印象を与えてしまうことも考えられます。

本審査の複数申込は、多くても3行程度にしておいてくださいね

この記事では住宅ローンの本審査に複数申し込んでも問題ないか、キャンセルするならどのタイミングがいいか解説しています。

仮審査が通れば、本審査も通る可能性は高いですが、実際には本審査の結果が出てみなければ分かりません。本審査の結果を待ってからほかの金融機関へ申し込んでいては時間がかかり過ぎます

このような背景があり、この記事では、本審査の複数申し込みをテーマに解説していきます。

<本審査期間が短い住宅ローン>

金融機関 本審査期間
ARUHI 最短3営業日
新生銀行 書類提出後、約7営業日
じぶん銀行 1日~数日

住宅ローンの審査の流れを理解することが重要

住宅ローンの仮審査に複数申し込むのはいいとして、本審査で複数の金融機関に申し込むのは良いかどうか気になる人もいらっしゃるでしょう。

冒頭でもお伝えしたように、複数の申し込みは問題ありません。ただ、どの段階で、借り入れをしない金融機関にキャンセルを申し出るかによって影響が異なります

本題に入る前に、一般的な審査の流れについて解説していきます。

住宅ローンの審査内容を確認しよう

住宅ローンを利用できるかどうか、希望の金額を借りられるかどうかなどは、金融機関や保証会社による審査によって決まります。仮審査では審査のメインとなる収入や住宅ローン以外の借入金、職業や勤続年数など、簡単に確認できる項目を審査します。

本審査では、保証会社も加わり、不動産の価値判断や仮審査の内容の再確認など、正式に契約する上での条件を決定します。複数の審査に申し込んでいいかどうか気になるのは主に本審査に対してではないでしょうか。

住宅ローンの本審査の内容について詳しく知りたい際は「住宅ローンの本審査が心配!特に気になる審査期間や通らない理由について解説」を参考にして下さい。

住宅ローンの審査の流れでキャンセルのタイミングがわかる

トラブルなくキャンセルするためにも、審査の流れを知っておく必要があります。今回は、住宅を購入するときの一般的な流れを紹介していきます。金融機関や物件(注文住宅など)によって流れは異なりますので、詳しくは金融機関や不動産会社にお問い合わせください。

  1. 購入申し込み
    仮審査(事前審査)・・・当日~1・2週間
  2. 不動産売買契約の締結 ※手付金の支払い
    本審査・・・1週間~2・3週間
  3. 住宅ローン契約(金銭貸借契約)の締結

簡素化すると、この3ステップになります。購入の申し込み前後に仮審査をし、売買契約時に本審査をする流れです。キャンセルするポイントで悩むのは、「2」の前後や「3」の前後だと思います。では、本題であるキャンセルについて見ていくことにしましょう。

住宅ローンの本審査 複数申し込みは問題なし

金融機関に複数申し込みをしても問題ないか問い合わせると、「問題ない」という回答を得られるでしょう。金融機関としても本審査をしてみなければ本当に貸せるかどうか分かりません。ただキャンセルするタイミングによっては影響が出ますので注意が必要です。

住宅ローンの本審査に通った金融機関にキャンセルをするタイミングと影響

ここでは本審査に通ったタイミングでのキャンセルの影響を中心に解説していきます。先ほど紹介しました流れに沿って見ていきましょう。

仮審査に通ったあとのキャンセルとその影響

1.購入申し込み
仮審査(事前審査)

仮審査の結果が出たあとにキャンセルしても大きな影響はないでしょう。この段階から、複数の金融機関に審査を出した場合、いつまでにキャンセルをしたらよいか、具体的に聞いておけば、これ以降も安心して進めることができると思います。

もちろん、利用するつもりはないのに仮審査に申し込むのは避けた方がいいと思います。

本審査に通ったあとのキャンセルとその影響

2.不動産売買契約の締結 ※手付金の支払い
本審査

売買契約締結後で本審査の結果が出たあとにキャンセルする場合、手付金を放棄する必要が出る可能性があります。つまり金融機関の影響ではなく、不動産会社の影響があります。

手付金は、一般的に解約手付とされ、契約締結後に買主の都合で解除する場合、手付金放棄することが契約書に盛り込まれています。

手付金の上限は、購入金額の20%ですので、3,000万円の住宅なら60万円です。この60万円を売買契約の締結時に支払うことになり、解除したい場合は放棄するしかありません。しかし、当然ですが契約内容によって変わるため、あらかじめ確認をしておくようにしましょう。

ただ、契約書に「ローン特約」があり、本審査で承認を得られなかった場合は買主側の都合とされず、手付金は戻ってきます。契約もなかったものになりますので、手付金の返ってくる「ローン特約」の有無も確認してください。

念のため再度確認しますと、この段階で契約しているのは不動産売買契約ですので、手付金は不動産会社との契約に関してのみです。

金融機関との契約はしておりませんので、この段階で複数の金融機関の本審査に通り、キャンセルする場合は、金融機関に対しては問題ありません。つまり、ブラックリストのようなものに載ることもありません。

住宅ローン契約を結ぶ前であれば金融機関にキャンセルを申し出ることができますが、忘れることがないよう、いつまでならキャンセルできるか、聞いておきましょう。

「住宅ローン契約の1ヵ月前まで」など、金融機関の手続きによって違います。いずれにせよ、本審査のキャンセルをするなら、なるべくはこの段階になるでしょう。

住宅ローン契約締結後のキャンセルとその影響

3.住宅ローン契約(金銭貸借契約)の締結

住宅ローン契約を結んだあとについては、各銀行での契約内容により大きく変わる為、あまり詳しく書くことができません。ただ、A銀行の住宅ローン契約書の見本を見ると、「融資が実行されて契約が成立する」と書かれています。また「必要経費がない、抵当権が設定できないなど条件が整わないと融資実行しない」とあります。

このことから、融資実行日までならキャンセルできるかもしれません。契約内容によりますので、直接、金融機関に問い合わせることが確実です。

本審査に申し込むのは多くとも3つまで

いつでもキャンセルできるといっても、相手のあることですので、買主側の都合だけでキャンセルするのではなく、あらかじめキャンセル期限を聞いておき、できるだけ期限を守るようにしましょう。

不動産売買契約に「ローン特約」があれば手付金が返ってきますが、契約書に対象となる金融機関名を記載します。契約書にない金融機関は対象外となりますし、とりあえず手あたり次第、本審査に申し込むのは大変です。

特に本審査に申し込む金融機関に上限はないと思いますが、多くとも3行程度にしておきましょう。おそらく売買契約締結前に不動産会社の担当者と相談することになると思いますので、なるべく早めに聞いておきましょう。

トラブルを避ける方法

公益財団法人の不動産流通推進センターのサイト上には、様々なトラブルが公開されていて参考にできるですが、事前に防げるトラブルも多いという印象があります。

今回の記事でも「流れ」を先に解説しましたが、不動産売買の流れに合わせて事前に準備し、余裕のある購入手順を踏むことである程度のトラブルは防げると思います。

借入先についても、十分なシミュレーションをして検討すれば、3行ぐらいまで絞ることができます。検討する時間がないと、「とりあえず」と考えてしまいがちで、後々トラブルに発展しかねません(売買契約書にない金融機関に申し込んだなど)。

住宅購入は、不動産会社はもちろん金融機関との連携が重要です。「契約内容」と「期限」は特に意識しなければなりません。

住宅購入には様々な分野の知識が必要となりますので、できる限り余裕を持って進め、時には諦めることも大切です。金銭面も重要ですが、信頼できる会社を探すことにも気を配りましょう。

参考:公益財団法人 不動産流通推進センター

相談事例

では、そのような中でも、なぜ住宅ローンを複数申し込むことをおすすめしているのでしょうか?

次にその理由を確認していきましょう。

住宅ローンを複数申し込むおすすめの理由は?

審査期間の問題

最初にもお伝えいたしましたが、住宅ローンの審査には時間が長くかかります。

場合によってはひとつの審査で合計1ヵ月程度、時間がかかる場合もあり、本審査の結果を待ってから次の金融機関へ申し込んでいては時間がかかり過ぎます。

その為、あらかじめ複数の住宅ローンに申し込むことで、万が一に備えることができます。

詳しくはこちらの記事「住宅ローンの審査にかかる期間はどれくらい?」で解説していますので、よければ参考にしてください。

自分に合った住宅ローンを選べる可能性を広げる

住宅ローンの審査は、一般的に8割通ると言われています。

しかし、金利が低い銀行だと審査も厳しい場合が多く、また金利以外にも様々な比較すべき点がある為、その中で自分にあった住宅ローンから複数の住宅ローンを申し込むことがおすすめです。

自分に合った住宅ローンをお探しの方は、

かんたんにはこちらの記事「住宅ローンの種類には何がある?あなたに合った住宅ローンの見つけ方を徹底解説!」で、

こちらの記事では、住宅ローンを比較する際のポイントについて解説していますので、よければ参考にして下さい。
おすすめ住宅ローンの金利比較!選び方からシミュレーション方法まで徹底解説

低金利でおすすめの住宅ローンはこちら

じぶん銀行
適用金利
変動金利
0.457%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.590%

2019年7月適用金利

当初20年固定
1.293%

2019年7月適用金利

全固定35年
2.220%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 2週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~1億円 全国

三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資の住宅ローンの安心感!手厚い保証がついて低金利で提供。また、申込みから契約までネットで完結が可能!契約書の捺印は一切不要です。【借換えキャンペーン中!現金2万円キャッシュバック※2019年9月30日まで】

公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行
適用金利
変動金利
0.447%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.650%

2019年7月適用金利

当初20年固定
1.230%

2019年7月適用金利

全固定35年
2.420%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 1ヵ月~2ヵ月
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料 ※固定金利特約期間中の全額繰上返済は所定の手数料がかかります。
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~2億円 全国

団信はもちろん、すべての病気・けがをカバーする全疾病保障が「保険料無料」「金利の上乗せもなし」で付帯! 働けなくなったら、月々の返済額を保障いたします。働けないまま12ヵ月経過したら、住宅ローンの残高が0円になります。 魅力的な金利と安心の保障がついた住宅ローンです! ※掲載の金利は所定の条件を満たした場合の金利です。

公式サイトはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。住宅ローンの複数申し込みは問題ありません。しかしキャンセルするタイミングによって影響が異なることを紹介しました。また本審査に申し込むのは多くとも3つ程度にし、本審査までに専門家と相談しながらどの金融機関に申し込むか絞り込んでいきます。

住宅は大きな買い物です。しかし建築の知識だけでなく、契約内容や慣習などの不動産取引、住宅ローン、団信などの保険と、様々な知識が必要です。どれをとっても理解するのに一定の時間が必要ですので、基本的には余裕がないとスムーズには進めることはできません

安心して住宅を手に入れるためにも、情報収集をしっかり行い、計画を立てて進めていきましょう。

執筆者情報

F&J FP事務所

F&J FP事務所 ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーとして、住宅ローンや保険の相談・アドバイスをしております。これから住宅ローンを利用しようとしている方々に向けて、公正中立な立場で役に立つ情報を発信できればと考えております。

詳細はコチラ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

当初固定2年

2019年7月適用金利

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

当初固定3年

2019年7月適用金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662