• 2019.12.23

リフォームで住宅ローンを借りるメリット・デメリットや選び方を解説

住宅ローンリフォーム
auじぶん銀行
  • 築年数が古くなって劣化した外装を一新したい
  • キッチンの動線を見直したい
  • 高齢になったから玄関のバリアフリー化を図りたい

上記のように、さまざまな理由から住まいのリフォームを考えている人は多いでしょう。

リフォームは住まいの外装や内装を作り変えられる点が魅力ですが、リフォーム工事には相応の費用がかかります。

リフォームの資金を用意することが難しいことから、ローンの利用を検討している人もいるでしょう。

しかし、ローンの仕組みは複雑となっており、そもそもリフォームで住宅ローンを借りられるのかどうか判断できない場合も少なくありません。

そこで今回は、住宅ローンとリフォームローンの違いから、リフォームで住宅ローンを借りるメリット・デメリットまでを解説します。

自分の希望に合うリフォーム用のローンの決め方についても紹介しますので、リフォームでローンを借りようと考えている人はぜひ参考にしてください。

この記事を執筆・監修している専門家

執筆者

白坂大介

ジョインコントラスト株式会社 代表取締役

当サイトの執筆監修を担当しているファイナンシャルプランナーの白坂と申します。マイホームを購入する方にとって、住宅ローンは長く付き合っていくものです。しかし専門用語も多く「よく分からない」とご相談に来られる方は年々増えています。当サイトでは記事を読まれた方が自分にあった住宅ローン探しの参考となるよう「分かりやすい記事」を心掛けています。

編集者

ナビナビ住宅ローン編集部

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

リフォームで住宅ローンは組める

住宅ローンは家を買うときにしか使えないんじゃないの?

と考えている方も多いかと思います。

しかし実は、銀行の住宅ローン商品によっては、増改築に住宅ローンを使うことを認めている場合があります。

住まいの増改築にも使える住宅ローンを利用すれば、リフォームローンよりも有利な条件で資金が借りられてリフォーム工事を行えます。

リフォームの費用が手元に自己資金で用意できない場合であっても、住宅ローンで資金調達できる可能性もありますので、リフォームの資金計画ではぜひ一度住宅ローンの活用も検討してみましょう。

住宅ローンとは別にリフォームローンもある

住まいの増改築に使えるローンには、住宅ローン以外に「リフォームローン」もあります。

リフォームローンとは?

住まいの増改築や修理といったリフォーム工事費、住宅設備の購入費用などに利用できるローンのこと。新築工事には使用できない。

下記に、住宅ローンと一般的なリフォームローンの違いを表でまとめました。

住宅ローン リフォームローン
借入限度額 上限1億円以内 上限1,000万円以内
借入期間 最長35年 最長15年

※上記の数字はあくまでも一例であり、すべてのローンが該当するわけではありません。

住宅ローンは借りられる金額が大きく、また借入期間を長期に設定することが可能です。
一方で、リフォームローンは住宅ローンよりも借入額の上限が低くなり、借入期間も短くなります。

しかし、住宅ローンとリフォームローンの違いは、借入限度額や借入期間だけではありません

住宅ローンとリフォームローンの大きな違いは金利

住宅ローンとリフォームローンでは、適用される金利が大きく異なります。

住宅ローンの適用金利の相場 リフォームローンの適用金利の相場
0.500%〜2.000% 2.000%~4.000%

住宅ローンとリフォームローンのどちらにおいても、ローン契約後の銀行との取引状況などによって金利の引き下げが適用される場合があります。

しかし、リフォームローンは住宅ローンに比べて金利が高いことから、最優遇の適用金利となったとしても、リフォームローンの金利は住宅ローンの金利より高くなります。

そのため、金利の高さで比較すれば、リフォームを目的にローンを借りるときはリフォームローンではなく、できることであれば住宅ローンを活用したいと思うのは当然のことでしょう。

リフォームで住宅ローンを使うメリット・デメリット

では、リフォームに特化したリフォームローンではなく、住宅ローンでリフォームの資金を借りると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

ここからは、リフォームで住宅ローンを使うメリット・デメリットを解説します。

住宅ローンとリフォームローンのどちらで借りるべきか迷っている人はぜひ参考にしてください。

住宅ローンのメリット

リフォームローンと比較した場合の住宅ローンの特徴は、下記の3点が挙げられます。

住宅ローンのメリット
金利が低い
多くの資金の借り入れが可能
長期の返済期間を設定できる

これらの住宅ローンの特徴は、リフォームで住宅ローンを借りるときのメリットにそのまま直結すると言えます。

以下では、それぞれのメリットについて詳細を説明します。

メリット1:金利が低い

先述の「住宅ローンとリフォームローンの大きな違いは金利」でも紹介したように、リフォームローンの金利は住宅ローンの金利よりも高い傾向にあります。

ローンの金利は、借入残高にかかる利子です。
金利が高くなると利子も高くなるため、ローンの返済額は増えます

簡単に説明すると、100万円を借りたときに金利が3%だと、返済元金とは別に1年間で3万円を利子として支払わなければなりません。

仮に金利が1%であれば1年間の利子は1万円となります。

つまり、金利が低ければ、毎月の返済額も低く抑えられるため、リフォームであっても住宅ローンを利用できるのであればお得になります。

メリット2:多くの資金の借り入れが可能

リフォームローンの借入限度額は一般的には1,000万円程度となり、住宅ローンと比べて低いことがほとんどです。
住宅ローンの場合、借入限度額は1億円が一般的です。

したがって、1,000万円を超えるような大規模なリフォーム工事を行いたいときは、リフォームローンだけでは工事費をまかなえないケースも出てきます。

その点、住宅ローンではより多くの資金の借り入れが可能なため、大規模なリフォーム工事を行うときでも住宅ローンで工事費の大部分を借りることが可能です。

メリット3:長期の返済期間を設定できる

リフォームローンの一般的な借入期間は最長15年であることがほとんどであり、住宅ローンよりも借入期間は大幅に短くなってしまいます。

借入期間が短くなると、その分毎月のローン返済額が増えるので、家計の負担が重くなる恐れがあります。

住宅ローンでは最長35年という長期で返済することができるため、月々のローン返済額を比較的低く抑えることが可能です。

住宅ローンのデメリット

リフォームで住宅ローンを利用するときはメリットだけでなく、下記のようなデメリットもあります。

デメリット
ローンを借りるために担保が必要
審査が厳しい
審査結果に時間がかかる

リフォームのために住宅ローンを借りたいときは、デメリットも踏まえて検討しましょう。

ここからは、住宅ローンのデメリットを紹介します。

デメリット1:ローンを借りるために担保が必要

住宅ローンを借りるためには、必ず融資対象物件を担保に入れなければいけません。

住宅ローンは基本的に第一順位の抵当権が設定できることが融資条件となっています。

そのため、すでに別の住宅ローンで第一順位の抵当権が設定されている場合は、リフォームのために新しい住宅ローンを借りることは難しくなります。

このような場合には、現在の住宅ローンの残債に加えて、新たにリフォーム資金として借りる予定の金額を合算して、住宅ローンを借り換えるという方法もあります。

デメリット2:審査が厳しい

リフォームの工事費に充てるために住宅ローンを利用するときでも、住宅購入と同様に住宅ローン審査を申し込む必要があります。

住宅ローン審査で重視されるのは、住宅ローン契約者の返済能力です。

年収や勤務先、勤続年数などから返済能力が低いと判断され、審査に通ることができないと、住宅ローンを借りることはできません。

住宅ローンは審査基準が厳しいことから、諸条件次第では住宅ローンを借りられない可能性があることが、リフォームローンと比較した際の住宅ローンのデメリットでもあると言えるでしょう。

デメリット3:審査結果に時間がかかる

リフォームローンの審査の場合、審査にかかる日数は最短で1~2日、長くても1週間程度と言われています。

しかし、住宅ローンは事前審査と本審査を行うため、正式な審査結果が出るまで最短でも2週間、金融機関次第では長ければ1か月もの時間がかかります。

そのため、今すぐにリフォームをしたい場合は、審査に時間がかかることを踏まえて早めに住宅ローン審査を申し込まなければなりません

このように、リフォームのために住宅ローンを借りるデメリットには「担保に入れられる物件が必要となる」「審査が厳しく返済能力が低いと判断されると難しい」「すぐに審査結果が出ない」という3点が挙げられます。

これらのデメリットを考慮しても特に問題がない人は、リフォームローンではなく住宅ローンを利用するとよいでしょう。

自分にぴったりなリフォーム用のローンの決め方

住まいの増改築にも使える住宅ローンや、リフォーム一体型住宅ローン、リフォームローンなど、「ローン」と一口に言ってもさまざまな商品が提供されています。

ローンを決める際は、まず自分に合った金利タイプを選びましょう。
自分に合う金利タイプの探し方は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事住宅ローンの種類には何がある?あなたに合った住宅ローンの見つけ方を徹底解説!

ここからは、各金利タイプの特徴やリフォームにおすすめの住宅ローン、金利タイプ別のおすすめの銀行を紹介します。

住宅ローンは金融機関より先に金利を決めよう

住宅ローンを決める際「知名度があるから」「普段から利用しているから」といった理由から、どの金融機関を利用するのかを先に考えていませんか?

金融機関を選ぶことも大切ですが、それよりもまず自分に合う金利タイプを見極めることが重要です。

金利タイプには、以下の種類があります。

金利タイプ 特徴
変動金利型 金融情勢の変化に伴って返済期間中も金利が変動する
全期間固定金利型 返済期間中は金利が一定となる
固定金利期間選択型 固定金利期間中は金利が一定で、期間終了後に金利タイプを再度選択する

リフォーム費用に充てる借入金額や返済期間を踏まえて、自分に合う金利タイプを選びましょう。

リフォームローンの金利プランは選択肢が少ない

住宅ローンを利用するのが難しかったり、リフォーム工事費が少額だったりする人の中には、リフォームローンの利用を検討している人もいるでしょう。

確かにリフォームローンは住宅ローンよりも比較的に審査も通りやすく、借入額の上限は低めに設定されているものの、ちょっとしたリフォームのときには適切かもしれません。

しかし、リフォームローンの金利プランは変動金利しかない場合がほとんどです。

住宅ローンのように全期間固定金利型や固定金利期間選択型のリフォームローンを扱っている銀行は多くありません。

リフォームローンを借りようと考えている人は、金利プランの選択肢が少ない点に注意してください。

ここからは、変動金利型と固定金利期間選択型でおすすめのローンを紹介します。

変動金利なら「三菱UFJ銀行」

三菱UFJ銀行のネットDEリフォームローンは、金利の優遇を受けることで低金利で借りられる点が特徴です。

優遇条件 適用金利
通常 2.88%
(1)三菱UFJ銀行の住宅ローンを利用中の場合 2.375%
(2)バリアフリー化のリフォームの場合 2.49%
(1)(2)の両方に該当する場合 1.99%

※2019年12月現在

一般的なリフォームローンの金利は高めに設定されていますが、三菱UFJ銀行のリフォームローンで最優遇の適用金利となれば、年利2.000%以下でローンを借りることができます。

リフォームローンを変動金利かつ低金利で借りたい人は、三菱UFJ銀行がおすすめです。

まとめ

住まいをリフォームするときにリフォームローン以外にも住宅ローンを借りることは可能です。

住宅ローンはリフォームローンと比べると「金利が低い」「借入金額の上限が高い」「借入期間を長く設定できる」というメリットがあるため、リフォーム資金として使うことも可能である銀行の住宅ローンを借りることをおすすめします。

しかし、住宅ローンは審査条件が厳しく、また審査結果に時間がかかるため、誰でも必ず利用できるわけではありません。

選べる金利タイプは限定されてしまいますが「すぐにローンを借りたい」「審査に通りやすいローンがよい」という場合は、リフォームローンを検討するとよいでしょう。

最近ではさまざまなローン商品が登場しています。
ローンの金利や特徴をよく比較検討し、自分に合うローンを見つけてください。
スポンサーリンク

住宅ローン シミュレーション
auじぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.428%

2020年04月適用金利

変動金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.380%

2020年04月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.428%

2020年04月適用金利

変動金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

2020年04月適用金利

当初3年固定

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662