住宅ローンを滞納すると起こる5つのこと~解決策と事前の対策~

住宅ローン滞納
じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンを滞納するとどのようなことが起こるのでしょうか。たまたま支払いのことを忘れていた場合ならまだしも、支払えない場合は競売に向けて進んでいくことになります。

住宅ローンを滞納しているとどのようなことが起こるか確認し、滞納への解決策や事前の対策について知っておくと安心です。

そこで今回は、住宅ローンの滞納について解説していきます。

  • 住宅ローンを滞納すると頻繁に電話や催促があるのか・・・
  • 1度でも滞納するとブラックリストに載るのか・・・何度までなら大丈夫か
  • ある日突然、自宅が競売にかけられることになるのか・・・
  • たまたま引き落としができなかっただけだけど、どうなるのか・・・
  • 次回の支払いまでお金を用意できないけど、連絡しておいた方がいいか・・・
  • 滞納すると勤務先や知人の家に調査が行くのか・・・
  • 滞納して自宅が競売にかけられると住む場所はどうなるのか・・・

執筆者情報

F&J FP事務所

F&J FP事務所 ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーとして、住宅ローンや保険の相談・アドバイスをしております。これから住宅ローンを利用しようとしている方々に向けて、公正中立な立場で役に立つ情報を発信できればと考えております。


詳細はコチラ

住宅ローンを滞納すると起こる5つのこと

住宅ローンを滞納するとどのようなことが起こるのでしょうか。時系列でピックアップしていきます。

(滞納から2週間後)再引き落とし日の案内が届く

残高不足で口座振替ができなかった場合、再引き落とし日にもう一度、口座振替を行うのが一般的です。その案内状が届きます。また電話による確認をすることもあります。

(滞納から1か月後)振込の案内が届き、電話による案内がある

再引き落とし日にも口座振替が行われなかった場合、振込の案内が届きます。この段階では遅延損害金と合わせた金額を支払うことになります。

次の返済と重なる時期ということもあり、振込できるかどうかの確認電話もあります。

(滞納から2か月後)滞納が続いた場合の処置についての案内が届く

連絡もせず、振込もせずにいると、催告書が届きます。すでに振込期日も過ぎている段階ですので、これ以上支払わなかった場合の処置についての案内が書かれています。

(滞納から3か月後)一括返済の案内が届く

住宅ローンは返済が出来なくなった際には、保証会社が金融機関にローンの残高を支払い、保証会社が一括返済を求めてきます。支払いの催促が少しずつ厳しくなってきます。

(滞納から6か月後)保証会社が債権を引き継いだ旨の案内が届く

競売の前段階です。保証会社が住宅ローンの債権を引き継ぎ、銀行に代わって支払いを求めてきます。これ以降は競売の申し立てに入り、自宅が売却されることになります。

金融機関や保証会社、債権回収会社によって流れは異なりますが、大まかにはこのような流れになります。

競売申立から実際に所有者が変わるまでの流れは、弁護士などの専門家にお任せするとしまして、ここからは滞納時の注意点や滞納しないための方法について紹介していきます。

まずは慌てず対処しよう!滞納時の注意点

住宅ローンの滞納というと、ずっと支払っていないイメージがあるかもしれませんが、勘違いで引き落とし口座に入金をし忘れたり、大型連休で入金できなかったりと単なるミスによる滞納もあると思います。

たまたま通帳を見ると引き落としがされていない、入金し忘れた、と気づくことも少なからずあるでしょう。住宅ローンの支払日に支払っていないことに気づいたときの注意点について解説していきます。

まずは金融機関に相談

口座引き落としができていないことに気づいたら、すぐに借入先の金融機関に電話をしましょう。一般的には引き落とし日から15日程度の期間を空けて、再引き落とし日があります。

そのため、再引き落とし日に間に合う程度の滞納であれば、「〇月〇日までにご入金をお願いします」と入金の案内をされます。

特に気づいたときには再引き落とし日を既に過ぎていたり、再引き落とし日を設けていなかったりする場合は、電話をした方がいいでしょう。振込で支払うことになると思いますので、少し余裕を持って振り込んでおくと確実です。

金融機関からの通知を必ず確認

基本的に、支払日に引き落とされていなければ、再引き落とし日前日までの入金をうながされます。案内状が来ますので、見逃さないようにしましょう。

再引き落とし日の支払いもできなかった場合、再びハガキで振り込みの案内が送られてきます。金融機関によっては電話による案内もあります。これでも入金されない場合、次の段階はより厳しい対応となるのが一般的です。

今後も払い続けられるかを確認

 支払いができないまま何もしないでいると、自宅を競売にかけられます。住宅ローンの残高より高く売れなければ、自宅を失っただけでなく住宅ローンも残ることになります。

ただ競売の手続き前に行動を起こすことで、任意売却など他の方法を選択することもできます。滞納した際に、今後、払い続けられるのかどうか確認し、難しそうなら早めに専門家に相談しましょう。

住宅ローンが払えなくなった際は「住宅ローンを払えない!FPが教える正しい対処方法と優先順位」を参考にしてください。

競売前に考えておきたい。滞納してしまった時の解決策

住宅ローンが支払えなくなると、債権回収会社によって住宅が売却され、資金を回収しようとします。競売による売却以外に、個人再生の住宅ローン特則利用と任意売却があります。

個人再生の住宅ローン特則利用

民事再生法が2001年4月に施行され、個人再生という手段が使えるようになりました。これは分割で支払う借金以外は免除してもらい、生活のやり直しを図るための制度です。

そして住宅ローンの負担をしている人が利用できるのが「住宅ローン特則」と呼ばれているものです。

競売や自己破産とは違い自宅を失いませんが、利用するための要件を満たす必要があります。

住宅ローン特則は住宅ローンが免除されるわけではありませんので、継続的で安定した収入があることが条件で、債務金額にも上限が設けられています。

任意売却の利用

競売の場合、割安で売却されるのが一般的ですので、住宅ローンの負債が残る可能性があります。任意売却はなるべく競売より高く、希望通りの価格で売却することを目指します。

市場で売却しますし、時間があまりない時期に判断しますので、買主との交渉が必要となります。交渉次第では、自宅をいったん売却して、あらためて借りることで同じ場所で住み続けることも可能です。なお、任意売却には要件などはありません。

個人再生と任意売却、いずれの場合も専門家によるアドバイスが必要になると思いますので、早めに相談しておきましょう。

事前に対策!住宅ローンを滞納しないための方法

誰しもローンを借りたときには返済できると思っていたでしょう。住宅ローンの滞納は借り入れから10年経つと増えてくるそうです。10年経つと気が緩むことが原因ですが、ここで滞納しないための方法について考えてみましょう。

一部繰り上げ返済をし過ぎない

あまり一部繰り上げ返済をし過ぎると、思わぬ出費で住宅ローンの返済ができなくなるかもしれません。毎月の返済を継続することを優先し、余裕資金が出来たら一部繰り上げ返済などで返済の負担を減らします。

新たな支出を増やさない

新たにローンを組んだり、携帯電話を増やしたりして毎月の支出額を増やしてしまうと少しずつ家計が厳しくなります。

「このぐらいなら大丈夫か」ではなく、「本当に支出額を増やして大丈夫か」を何度も考え、極力、必要なもの以外は消費しないようにしておきます。 

借り入れから10年後に家計の見直しを行う

住宅購入時に家計の見直しをしなかったでしょうか。借り入れから10年も経つと、家計の状況は変化しています。10年という節目に家計の見直しを行い、無駄がないか確認することで、支出に対する意識が生まれ、節約しようとするのではないでしょうか。

住宅ローンの返済額について知りたい際は「住宅ローンの返済額はどのくらい?返済額の目安や変更方法を伝授!」を参考にして下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。

誰しも自己破産や競売は嫌なものです。まずは事前に滞納しないように対策を立てておきます。ただ、住宅ローンの返済期間は長いですから、どうしても払えない状況になることもあります。

金融機関や保証会社から届く案内をそのままにせず、なるべく早く相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年9月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

当初固定2年

2019年9月適用金利

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年9月適用金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

当初固定3年

2019年9月適用金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662