おすすめの住宅ローンを様々な視点から紹介!あなたに合った住宅ローンが見つかる!

住宅ローンおすすめ住宅ローン
じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中にはたくさんの住宅ローンが存在しますが、その中から1つの住宅ローンを選ぶとなると少し大変です。

内容をよく理解せず、適当に選んで失敗してしまうケースも多くみられます。
住宅ローンによって金利や諸経費など内容が異なるため、さまざまな視点から見て自分に適したものを選ぶことが大事になります。

しかし、どれが自分にあった住宅ローンか悩む方も多いでしょう。

  • 自分に合った住宅ローンの選び方を知りたい!
  • どんな住宅ローンや金融機関があるか教えて!
  • 人気の住宅ローンがどれか知りたい
  • 住宅ローンの借り換えを検討中

このような悩みを抱えている方にさまざまな視点から集めたおすすめの住宅ローンをご紹介します。
自分にあった住宅ローンの選び方などもまとめてあるので、住宅ローンを検討されている方はぜひ参考にしてください。

はじめに!住宅ローンを検討する際に知っておくこと

住宅ローンを検討するにあたり、最低限知っておくことがいくつかあるので見ていきましょう。
住宅ローンの借入額は無限ではなく、年収に応じていくら借りられるか決まります。
選ぶ前にどのくらい借りられるかシミュレーションすることが大切です。

また、住宅ローンには金利が設定されています。金利は主に変動金利、期間選択固定金利、固定金利の3タイプあり、タイプごとに金利は異なるのです。

さらに金融機関によっても設定された金利は異なり、わずか1%でも総返済額に換算すると大きく影響するので、金利の数値は重要点となります。

返済額は借入元金と利息だけではなく、手数料や保証料、団体信用生命保険料などの諸経費もかかります。

こちらも金融機関に応じてかかる費用が異なるので、住宅ローンを検討する時は金利と同じく注目ポイントです。

ネットではおすすめの住宅ローンが紹介しており、住宅ローン選びでは参考にすることがあると思いますが、年収や返済計画は人それぞれ異なるため、掲載されている住宅ローンが必ず合うとは断言できません。

みんなに共通するおすすめの住宅ローンはないので、それぞれに適した住宅ローンを見つける必要があります。

さまざまな視点からおすすめの住宅ローンを紹介

同じ住宅ローンでもさまざまな種類があるので、参考程度にそれぞれの視点からおすすめの住宅ローンをご紹介します。

変動金利でおすすめの住宅ローン

変動金利型は比較的他の金利プランよりも金利が低いのが特徴ですが、市場の金利の変動によって金利が見直されるため、金利の上昇に伴い返済額が上昇するリスクがあります。
そんな変動金利型ではどこの住宅ローンがおすすめなのでしょうか?

楽天銀行

実質金利は住宅ローンの中でもトップクラスの低金利です。

事務手数料は一律定額制で割安なのも安心感があり、死亡・高度障害保障だけではなく、8疾病の保障も無料となっています。
ネットから気軽に申し込めるのも魅力的なポイントでしょう。

住信SBIネット銀行

ネット銀行ですが三井住友信託銀行と同じ住宅ローンを利用できます。
低金利でありながら、団信、8疾患と病気、けがの保障が無料で付帯されているのが魅力的です。
女性の場合はガンと診断されれば30万円の支給があり、これも無料の保障となっています。

りそな銀行

新規でも低金利ですが、借り換えではもっと低く設定されているのが特徴的です。
ネット商品は諸経費がやや高めですが、16の特定状態・所定の要介護状態を保障してくれる団信がオプションにあります。

関連記事住宅ローンの変動金利は怖くない!リスクを抑えてメリットを活かす賢い使い方

固定金利でおすすめの住宅ローン

固定金利型は借入から完済まで同じ金利が継続するのが特徴です。返済中に返済額が変わらないため、安心して利用できますが、他のタイプと比べると、金利設定が高いです。
そんな固定金利型ではどこの住宅ローンがおすすめなのでしょうか?

優良住宅ローン

住宅金融支援機構が提供している住宅ローンです。

事務手数料は融資額から2%の割合が一般的ですが、こちらはそれよりも低い手数料が設定されています。
新規・借り換え共に手数料は低めなので総返済額の負担も他より少ないでしょう。

三井住友信託銀行

固定金利の中でも実質金利は低金利で、女性向けに入院した場合の医療保障が付帯されているのが特徴的です。

8疾病、3疾病、ガン保障など保障が充実しています。
証券口座かNISA口座から申し込む場合は金利が優遇されるところもおすすめポイントです。

ARUHI

ネットと店舗のどちらにも対応しており、保証料と繰上げ返済手数料がかかりません。
8疾病や失業、火災といった付帯保険も充実していて、返金口座も全国1,000以上から選べるのも利点でしょう。

固定期間選択型でおすすめの住宅ローン

固定期間選択型は一定期間が固定金利で、それ以降の期間は固定金利か変動金利か改めて変更できる金利タイプです。
そんな固定期間選択型ではどこの住宅ローンがおすすめなのでしょうか?

じぶん銀行

ネットから気軽に申し込みやシミュレーションが可能です。

ガンと診断されれば残高が50%に減り、有料で11疾病とガン100%保障の団信も付帯できます。

イオン銀行

10年固定なら借入金利が安く、5年・10年ともに固定期間終了後の優遇幅が大きい住宅ローンです。

実質金利が低いので毎月の返済・総返済の負担も少ないでしょう。
5年間はイオンで買い物をすると5%OFFになり、年間90万円まで割引されます。

ソニー銀行

借入金利はもちろん、固定期間終了後の金利も割安です。
新規で頭金10%であれば、借り換えよりもお得な金利になっています。
申し込みもネットから行えるので気軽に契約可能です。

保証料と繰上返済手数料が無料なので、借り換えの検討にも良いでしょう。

変動金利と固定金利について詳しく知りたい際は「【住宅ローン】固定金利・変動金利から、おすすめのプランを解説!」を参考にして下さい。

フラット35でおすすめの住宅ローン

楽天銀行

金利だけではなく融資手数料も割安な設定なのが特徴的です。
返済口座を楽天銀行に設定すれば、さらに事務手数料が優遇されます。

総返済額を重視したい場合におすすめです。
保証料がかからないので借り換えの検討にもぴったりでしょう。

ARUHI

フラット35の中でもトップクラスの低金利なので人気があります。

全国の店舗で借入に関する相談ができ、8疾病の保障や失業保障など保険も充実しているので、新規も借り換えも安心です。
事前審査から本審査までの対応もスピーディーで時間に余裕がない人も申し込みしやすいでしょう。

日本住宅ローン

4大ハウスメーカー共同出資している提携ローンでは、フラット35でも実績はトップクラスです。

企業の信用を示す信用格付は上位にあたる「A/安定的」を取得しており、信頼できる住宅ローンと言えるでしょう。
金利は高めですが、事務手数料は割安なので返済総額への負担も少なく、じっくり返済したい人に適しています。

フラット35について詳しく知りたい際は「フラット35とは?」を参考にして下さい。

自分に合った住宅ローンの選び方

様々なタイプの住宅ローンをご紹介しましたが、どれが自分に合っているのか検討することから始めることが大切です。
そこで、自分に合った住宅ローンを選ぶ方法について解説していきましょう。

まずは住宅ローンの金利タイプを選ぶ

金利タイプによって毎月の支払い額にも差が出てくるので、それぞれの金利タイプについて知ることから始めましょう。

全期間固定金利型

契約時の金利のまま、支払いが終了するまで同じ金利で固定されます。

金利が高めに設定してあるデメリットがありますが、毎回返済額が固定されているので、将来景気が上昇した場合にも影響がないので安心です。

全期間固定金利が向いている人の特徴としては、金利の動向をチェックすることが苦手な人や、ライフプランをしっかりと立てたい人に向いているでしょう。

固定型金利選択型

借り入れした日から3年、5年、10年など一定期間の間は金利が固定されているタイプです。
更新時に金利も変わるので、支払う額が多くなる可能性がありますが、繰り上げ返済や借入額が少ない人に向いています。

変動金利型

1年に2回金利が見直されて返済額の改定は5年ごとになります。

景気の影響の左右されやすい金利型ですが、他の金利タイプと比べると金利が低いことが特徴です。
金利変動に備えて貯蓄があり、安定した収入があることで変動にも対処できるでしょう。

借入可能額・総返済額をチェック

住宅ローンを組む時には自分の年収でどのくらいの金額を借りられるのかを調べることが必要です。
借りられる額を知ることで、ホームメーカーや工務店を決めることができるほか、マイホームの規模も決まります。

借入可能額の計算方法は下記のようになります。

「年収×返済負担率×12ヶ月×100万円当たりの返済額×100万円=借入可能額」

例えば、年収400万円で返済負担率が25%だった場合、金利が2.00%である場合、35年支払いにすることで2,515万円借りることができます。

ですが、金融機関やホームメーカーでも計算は可能なので、必ず確認してもらいましょう。
そして、総返済額については金利によって大きな違いがあります。

1.00%と3.00%では大きな違いがあり、総返済額で計算すると1,200万円以上もの違いが出てきます。
総返済額についても金利対応による違いを計算してもらいましょう。

住宅ローンを比較

何より大切なことは、住宅ローン自体を比較することです。
様々な金融機関があるので迷ってしまうことが考えられますが、金利だけではなく内容を確認することで自分に合った住宅ローンを見つけ出すことができます。

メガバンクだけではなく地方銀行やネット銀行についても情報を収集しましょう。
その際にはメリットばかりに目が行きがちですが、必ずデメリットについても把握することが大切です。
デメリットを知ることで、その分のケアを事前に行うことが可能となります。

疾病保障についての確認も忘れずに

住宅ローンを組む際に心配なことと言えば、病気や死亡した時にかかるリスクです。
万が一、住宅ローンの支払いができなくなってしまえば、住んでいた家を離れなければいけなくなってしまいます。

死亡した際には団体信用生命保険が用意されているので、保険会社が代わりに支払いをしてくれますが、病気の場合には自分で備えることになります。
なので、残された家族のためにも疾病保障についても検討しましょう。

例えば、ガン・脳卒中・急性心筋梗塞・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎などの病気に罹ってしまった場合には、ローン残高が0になる8疾病保障付きの住宅ローンがある金融機関もあります。

金融機関によって様々な内容になっているので、比較検討してみましょう。

住宅ローンシミュレーションで返済額・借入可能額を知ろう

自分に合った住宅ローンを検討するには大きな苦労もありますが、しっかりと考えることでトラブルもなく返済していくことができます。
そこで、選び方でも注目に上がった借入可能額について、さらに詳しく解説していきましょう。

シミュレーションを行うことで、将来設計の計画もしやすくなるでしょう。

返済額のシミュレーション

住宅ローンの返済プランを立てる際には必ずシミュレーションを行います。

いくら借り入れをするのか、ローンは何年で組むかによっても毎月の返済額には違いができるので、しっかりとシュミレーションすることで、返済計画が立てやすくなるのです。

シミュレーションの仕方は、金融機関でも担当者に相談することで簡単に行ってくれますが、自分でもインターネットを利用することで手軽にシミュレーションが行えます。

  • 借りる額
  • ローンの年数
  • 金利タイプ
  • 金利の年率

これらの項目を入力するだけで、自動で計算してくれる仕組みです。
金融機関のホームページでも紹介しているので、返済額が気になる場合には試してみましょう。

借入可能額のシミュレーション

次に借入可能額のシミュレーションについてです。
上記でも解説したように、計算式によって答えを出すことができますが、面倒な場合には返済額と同様にシミュレーションを行ってみましょう。

  • 年収
  • ローンの年数
  • 返済方法
  • 他の借入金(車や教育ローンなど)

こちらを入力するだけで簡単に計算してくれるのです。

共働きの場合には、合算して割り出すことも可能なので住宅ローンを組む際に合算しようか悩んでいる場合にも有効的に活用できます。
借入可能額を知ることで、土地や物件のほかハウスメーカーを考えることにも繋がります。

シミュレーションを積極的に活用することで計画をスムーズに立てることが可能となるでしょう。

借入や返済のシミュレーションを詳しく行いたい際は「住宅ローンの計算方法が分かる!借入可能額や毎月返済額を自分で試算」を参考にして下さい。

まとめ

それぞれの視点から見たおすすめの住宅ローンから、自分に合った住宅ローンの選び方、さらにシミュレーションでの返済額を知る方法などをご紹介してきました。

上記で紹介した住宅ローン以外にもたくさん商品はありますが、この中から自分に合う住宅ローンを選ぶことが大切です。

自分に合わない住宅ローンを選んでしまうと、返済負担が大きくなり住宅ローンの返済が滞ってしまう可能性があります。

いくら借入可能額の上限が高くても、シミュレーションしてみて返済負担が大きくなりすぎていないかチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662