住宅ローンと生命保険は同時に考える!団信や保険の見直し方法

住宅ローン生命保険
じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンを利用する際には、生命保険の見直しもしなければならないのはご存知でしょうか。

住宅購入時にはこれまでにない多くの資金を必要としますが、生命保険の見直しにより家計に余裕が生まれ、必要であれば住宅購入資金にすることも可能です。

この記事では、住宅ローンと同時に加入する団体信用生命保険と、死亡保障の見直しについて解説していきます。

団体信用生命保険の種類

団体信用生命保険は、「団信(だんしん)」と呼ばれており、住宅ローンを利用した人(債務者)が万一死亡したり、高度障害を負ったりした場合に、その時残っている住宅ローンがなくなる保険です。

民間銀行の場合、団信への加入が住宅ローンを利用する条件となっています。

団体信用生命保険各種の保障内容を解説

多くの銀行では複数の団体信用生命保険を扱っています。一般的な団体信用生命保険に加え、ワイド団信、3大疾病保障特約付団体信用生命保険、8大疾病保障特約付団体信用生命保険などがあります。

それぞれ具体的に解説していきます。

団体信用生命保険

一般的な団体信用生命保険です。住宅ローンを借りている人(債務者)が死亡した場合や所定の高度障害状態になった場合にローンの支払いが免除されるものです。

ワイド団信

ワイド団信は、加入条件がゆるやか保険で、団体信用生命保険に加入できない人も加入できる可能性があります。

普通、団体信用生命保険の保険料は銀行が負担しますが、ワイド団信は引受基準が緩和されているため、「金利+0.3%」のような金利の上乗せがあります。保障内容は団体信用生命保険と同じです。

3大疾病保障特約付団体信用生命保険

「3大疾病保障特約付」ですので、所定のがん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中になった場合にも住宅ローンの返済が不要となる保険です。対象となる「所定の状態」がどのような状態かは引き受けている保険会社によりますので確認が必要です。

なお、3大疾病保障特約付を選択すると、「金利+0.3%」のような金利の上乗せがあります。

団体信用生命保険について詳しく知りたい際は「住宅ローン借入時に必要な保険は?住宅ローンと団体信用生命保険の関係を解説」を参考にして下さい。

所定の状態 ※保険会社による
  • 所定のがん(悪性新生物)になったと診断確定された。
  • 所定の急性心筋梗塞を発病し、「医師の診断を受けた日から60日以上、労働の制限を必要とする状態が続いた」と診断された。
  • 所定の脳卒中を発病し、「医師の診断を受けた日から60日以上、言語障害、運動失調、まひ等の他覚的な神経学的後遺症が続いた」と診断された。

8大疾病保障付団体信用生命保険

3大疾病保障を拡大した8大疾病保障がついています。8大疾病は、がん、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎となります(保険会社によって対象となる症状は異なります)。

商品によっては、ケガの保障が付いていたり、介護に対応していたりしているものもあります。7大疾病や8大疾病など、商品によって該当する疾病が異なりますので確認が必要です。

団体信用生命保険は告知書に記入して申し込む

団信は、自分で今までの病歴を告知して申し込みます。この告知内容によっては加入できないことがありますが、事実を書かないと保険金が支払われないことがありますので、正確に記入する必要があります。

告知内容は次のようなものが一般的です。

  • 「最近3ヵ月以内に医師の治療や投薬を受けたことがありますか」
  • 「過去3年以内に下記に該当する病気で、手術を受けたこと、または2週間以上医師の治療や投薬を受けたことがありますか」(下記の病気例:心筋症、脳卒中、肝炎、腎炎など)

告知事項に「なし」「あり」を付けますが、「あり」を付けた項目は詳しく告知する必要があります。

団体信用生命保険の保険料一覧

団体信用生命保険の保険料は、金利に上乗せするタイプが一般的です。普通の団体信用生命保険は金利に含まれていますが、より保障の手厚い、3大疾病や8大疾病の保障が付いている団体信用生命保険は金利に上乗せされます。

団体信用生命保険の保険料の取り扱い

主な金融機関が取り扱う団信の保険料について、ホームページの情報をまとめてみました。

※(-)はホームページ上に記載がないもの
※同じような商品であっても金融機関によって保障内容が異なりますので、詳しくは金融機関にお問い合わせください。

2018年10月10日調べ

ワイド団信 3大疾病付 7大疾病付 8大疾病付 その他
みずほ銀行 +0.3% 保険料負担
三井住友銀行 +0.3%
三菱UFJ銀行 +0.3% +0.3%
保険料負担
選択可能
りそな銀行 +0.3% +0.25% +0.3%
(※1)
住信SBI銀行 保険料負担
なし
ソニー銀行 +0.2% +0.2%
楽天銀行

保険料の
負担なし
(※2)

じぶん銀行 +0.3% +0.2%
+0.3%
(※3)

(※1)りそな銀行には、「特定状態保障特約付住宅ローン 団信革命」という商品があり、3大疾病に加え、病気・ケガによる16の症状や要介護状態を対象としています。

(※2)楽天銀行には、「全疾病特約付団体信用生命保険」という商品があり、保険料の負担はありません。ただし一部対象外となる疾病もあります。

(※3)じぶん銀行には、「がん50%保障団信」「がん100%保障団信」「11疾病保障団信」という商品もあり、「がん50%保障団信」は上乗せ金利なし、「がん100%保障団信」は0.2%上乗せ、「11疾病保障団信」は0.3%上乗せとなっています。

団信に加入できないときの対応策

団体信用生命保険に加入できないと民間銀行では住宅ローンを組むことができません。一方、フラット35であれば、全期間固定金利となりますが、団体信用生命保険に加入できなくても住宅ローンを組むことができます。

ただ民間銀行で団体信用生命保険に加入できなくても住宅ローンを組めたことがあります。借入金額が少なく、収入も安定しているなど、状況によっては借りることができるかもしれません。

団体信用生命保険の加入を優先したい場合、書類審査中心のネット銀行ではなく、金利にこだわらず幅広く相談してみるのもいいでしょう。

フラット35について詳しく知りたい際は「フラット35とは?」を参考にして下さい。

フラット35の機構団体信用生命保険の保険料の仕組み

住宅金融支援機構のフラット35にも団体信用生命保険があり、機構団信と呼ばれています。フラット35は団体信用生命保険に加入しなくても利用することができます。

また2017(平成29)年10月から、毎月の返済額に機構団信の保険料が含まれるようになり、年1回の保険料支払いが不要となりました。そのため、健康上の理由やその他の事情で団信に加入しない場合は、借入金利から0.2%下がります

参照:新機構団信の概要

加入中の保険の見直しで負担を軽減する

機構団信は、居住費に対する保険です。今まで賃貸住宅に住んでいた場合、すでに家賃を含めた保障を保険でカバーしている可能性があります。保障内容が重複していることになるのですが、もう少し詳しく解説していきます。

万一の保障に対する保険(死亡保険)は、夫(妻)が万一のときに収入がなくなることに備え加入します。保険金額は次のような支出額の合計を基に決定します。

支出額の例
※子供が0歳時のときに加入し、大学卒業までの22年間の保障。

主な支出項目
基本生活費 15万円×12ヵ月×22年=3,960万円
居住費(家賃) 8万円×12ヵ月×22年=2,112万円
教育費 1,000万円
葬儀・墓石費用 300万円
合計額 7,372万円

上記のような支出額の他に、自動車の維持費や帰省費などの支出もあります。これら支出額の合計から妻(夫)の給与や遺族年金などの収入を引いた額が必要保障額となります。

賃貸住宅に住んでいるときに加入した保険には、家賃分の保障が含まれていると思います。そのため、団信で住宅ローンの保障を加えると、この家賃分の保障がムダになっています。

上記の例では居住費の2,122万円分の死亡保障額が下がる可能性がありますので、保険を見直す良い機会と言えます。

まとめ

住宅購入時には保険の知識も必要となります。団体信用生命保険は3大疾病保障付きなど、保障内容がより充実した保険もあり、選択肢は広がっている分、悩まれるかもしれません。

保障を充実させると保険料は上昇します(金利に上乗せされます)ので、家計の状況を考えながら、無理のない支出の範囲内で選んでいきましょう。

執筆者情報

F&J FP事務所

F&J FP事務所 ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーとして、住宅ローンや保険の相談・アドバイスをしております。これから住宅ローンを利用しようとしている方々に向けて、公正中立な立場で役に立つ情報を発信できればと考えております。

詳細はコチラ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

当初固定2年

2019年7月適用金利

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

当初固定3年

2019年7月適用金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662