住宅ローンの本審査に落ちた5つの理由と5つの対応策

住宅ローン本審査落ちた
じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンには仮審査と本審査があります。仮審査に通れば本審査にも通る可能性が高いですが、本審査で他の借金を返済するなど条件が付いたり、承認されなかったりすることがあります。

仮審査に通って安心していたところの結果ですので、落胆される人も多いようです。

そこで今回は、住宅ローンの本審査に通らなかった理由は何か、対応策とともに紹介していきたいと思います。

住宅ローンの本審査に落ちた5つの理由

住宅ローンの仮審査に通ったにもかかわらず、本審査は通らないことがあります。そもそも本審査の通過率が低いと本審査を待ってからの住宅購入や建築開始となりますので、早くから住宅の建築や購入を進めることができません。

基本的には、仮審査で年齢や収入、物件など可能な限りの項目を審査しますので、本審査はおのずと通りやすくなります。ただ必ず本審査が通るわけではありませんので、その理由を紹介したいと思います。

本審査で提出した書類の不備があった

単なる書類の不足ではなく、仮審査で提出した書類の内容と本審査の内容が異なっている場合です。住宅ローンでは金融機関ごとに審査金利があり、その金利をもとに返済額を算出しています。

収入審査では、年収の額、住宅ローン以外の借入金額などを見ていますが、仮審査と本審査の数値が異なると、審査結果にも影響します。

団体信用生命保険に加入できなかった

団体生命保険(団信)の審査は本審査で行われます。フラット35などの住宅金融支援機構の商品であれば団信への加入は義務付けられていませんが、民間金融機関では団信への加入が条件となっています。

そのため団信への加入が認められなければ、住宅ローンは利用できないことになります。審査基準は保険会社によって違いますが、はっきりとした持病だけでなく、血圧や血糖値など数値基準もありますので、何が原因か分からない場合もあるでしょう。

七大疾病特約付き団体信用生命保険など保障内容をグレードアップすると審査基準が増えますので、加入できない可能性も出てきます。

ただ最近は、健康上に不安がある人でも入れる「ワイド団信」を取り扱う金融機関も多いですので、本審査を落ちた理由が分からない人がこの理由に該当することは少ないかもしれません。

新たに借金が増えた

仮審査から本審査までは一定の期間があります。その間に、新たな借り入れをすると、返済負担率(年収に占める借入金額の割合)も変わってしまいますので、基準を満たさなくなる可能性もあります。

クレジットカードを新たに作成するだけでも借入金の枠が増えることになりますので、審査に影響します。

不動産の評価額が低かった

金融機関は不動産の価値に見合う資金を貸します。万一住宅ローンの返済が滞った場合にはその不動産を売却して資金を回収するためです。不動産の本格的な評価は本審査で行われます。そのため仮審査で通ったにもかかわらず本審査で落ちる可能性があります。

ただ住宅ローンの借り入れ額と不動産の評価額に差がでるのは中古物件の場合がほとんどです。また不動産の担保額が低い場合は、条件付きの融資になることが多いです。条件は他の借金の返済や借入金額の減額などです。

ですので不動産の評価額が低かったことが本審査に落ちた理由になる可能性は少ないのではないかと思います。

信用情報に記録されていた

信用情報とは、クレジットカードの契約やローンの借り入れなど、客観的な取引事実を記録した個人情報です。クレジットカードやローンを組む時に金融機関や保証会社、クレジットカード会社が参照して判断材料としています。

本審査では保証会社がこの信用情報を確認しますので、過去に滞納がある場合、審査に影響します

住宅ローンの本審査に落ちたときの5つの対応策

住宅ローンの本審査で落ちた理由を紹介しましたので、それぞれの対応策について解説していきます。

「本審査で提出した書類の不備があった」ときの対応策

仮審査と本審査の記載内容に違いが生じないよう、本審査の書類を書くときには仮審査の書類の控えを参考に記入します。どの金融機関も仮審査は手軽にウェブ上から申し込めますので、記憶を頼りに入力する人もいるかもしれません。

仮審査とはいえ審査ですので、正確に記載されている書類を準備してから手続きをしましょう。なおネット銀行では基本的に自分で書類の準備や管理を行わなければなりませんので、利用する際には気を付けておきましょう。

「団体信用生命保険に加入できなかった」ときの対応策

民間の金融機関の場合、団体信用生命保険の加入が条件となっています。団体信用生命保険の審査は本審査で行われます。借入金額が少ない、貯蓄額が多いなど特別な場合を除き、健康上の問題があると住宅ローンを利用することができません。

この場合の対応策は、フラット35に切り替えることです。フラット35は団体信用生命保険の加入が義務付けられていないため、健康の心配がある人も住宅ローンを組むことができます。

フラット35の住宅ローンのおすすめについては記事の後半で紹介しています。

また金利に保険料分として上乗せされます(金利が高くなります)が、「ワイド団信」という審査基準が緩くなっている商品を検討しましょう。

「新たに借金が増えた」ときの対応策

仮審査以降に新たに借金をしてしまった人は、しばらく借金の返済を優先しなければなりません。借金が増えたことが理由で本審査に通らなかったと考えられる場合は、借入金額を洗い出し、少しでも減らせるよう計画を立てます。

使わないクレジットカードの利用可能枠も審査の対象となる可能性がありますので、不要ならば解約します。自動車ローンや教育費ローンはもちろん、キャッシングや奨学金、携帯電話の分割払いも借入金になりますので、可能であれば返済してしまいましょう

借金で住宅ローンが組めない際は「借金があると住宅ローンが組めない?借金がある人のための3つの解決策」を参考にして下さい。

「不動産の評価額が低かった」ときの対応策

中古でもかなり古い物件の場合は特に、売り出し価格と評価額に差が出るため、希望通りの金額を借りられないことがあります。この場合も本審査が通らないというより、借入金額を減額されることがあります。

十分な資金を借りられないなら、不足分は自分で準備するしかありません。金利の高い金融機関に変更すれば解決することもありますが、可能であれば少し期間を設けて、頭金の準備をしましょう

「信用情報に記録されていた」ときの対応策

信用情報に滞納などの記録があったため本審査に通らなかった、ということは本人も分かりません。審査の内容は公開されないためです。過去に滞納した記憶がある人は、信用情報を扱う会社に開示を申請して確認してみましょう

株式会社日本信用情報機構
割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関
全国銀行協会

上記の3社すべてに信用情報の開示を申請します。信用情報にいわゆる「キズ」が付いていた場合は、一定期間残ることになります。この期間、頭金の額を増やすなど、将来に向け、審査に通りやすい体制にしておきます。

住宅ローンの審査に通過する方法を知りたい際は「住宅ローンの審査に落ちた9つの理由!審査通過するにはどうする?」を参考にして下さい。

フラット35の住宅ローンのおすすめ

団体信用生命保険に加入できなかった事が理由で、審査に落ちてしまった場合の対策としてフラット35を利用するという方法があります。

民間の金融機関では団体信用生命保険の加入は必須ですが、フラット35では団体信用生命保険の加入を任意で選択でできるのです

ここではフラット35を取り扱っている金融機関のおすすめを紹介します。

ARUHI

ARUHI
適用金利
ARUHIフラット35
1.620%

2019年7月適用金利

新機構団信付き、融資比率9割超

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 1週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
100万円~1億円 全国

ARUHIは国内最大手の住宅ローン専門金融機関で、フラット35の実行件数シェアNo.1!全国140位上の店舗を展開しており、安心して相談ができます。

公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行
適用金利
変動金利
0.447%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.650%

2019年7月適用金利

当初20年固定
1.230%

2019年7月適用金利

全固定35年
2.420%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 1ヵ月~2ヵ月
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料 ※固定金利特約期間中の全額繰上返済は所定の手数料がかかります。
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~2億円 全国

団信はもちろん、すべての病気・けがをカバーする全疾病保障が「保険料無料」「金利の上乗せもなし」で付帯! 働けなくなったら、月々の返済額を保障いたします。働けないまま12ヵ月経過したら、住宅ローンの残高が0円になります。 魅力的な金利と安心の保障がついた住宅ローンです! ※掲載の金利は所定の条件を満たした場合の金利です。

公式サイトはこちら

まとめ

本審査に通らなかった理由は教えてもらえません。はっきりと分からないためヤキモキするかもしれませんが、審査の基準は異なっていても、審査の内容は似ています。

今回紹介した「理由」の中で、落ちた理由かどうか判断が難しいものは、「団体信用生命保険」「不動産の価値」「信用情報」です。健康診断を受けていれば思い当たるふしがあるでしょうし、借り入れ情報は信用機関に申請すれば確認できます。

中古物件の場合、不動産価値が低く評価されることがありますが、調べれば相場は分かるでしょう。

それでもどうしてもわからない場合は、住宅ローンの相談を専門に扱う人に相談するのも一つです。住宅ローン以外にも必要な知識を色々教えてもらえるため、助けとなるでしょう。

執筆者情報

F&J FP事務所

F&J FP事務所 ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーとして、住宅ローンや保険の相談・アドバイスをしております。これから住宅ローンを利用しようとしている方々に向けて、公正中立な立場で役に立つ情報を発信できればと考えております。

詳細はコチラ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662