ブラックリスト入りすると住宅ローンは組めない?ブラックリストの仕組みを知ろう

住宅ローンブラックリスト
じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去に延滞した経験のある人や、現在、支払いが滞っている人は、住宅ローンが組めるかどうか気にされているのではないでしょうか。

返済日を過ぎても前月の返済をしていない場合など、延滞が続いているとブラックリストに登録される可能性があります。ブラックリストは信用機関に延滞などの返済状況が記録されることを意味します。

この記事では、これから住宅ローンを利用する人向けに、ブラックリストの仕組みについて解説しています。

執筆者情報

F&J FP事務所

F&J FP事務所 ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーとして、住宅ローンや保険の相談・アドバイスをしております。これから住宅ローンを利用しようとしている方々に向けて、公正中立な立場で役に立つ情報を発信できればと考えております。


詳細はコチラ

住宅ローンのブラックリストとは、信用機関の記録に「キズ」がつくこと

「ブラックリストに載る」「ブラックリスト入り」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。「ブラックリスト」は具体的には信用機関の記録に「キズ」がつくことを表わしますが、住宅ローンとブラックリストについて具体的に解説していきます。

ブラックリスト入りしている人は住宅ローンを組めない

「ブラックリスト入りしている」と分かっている人は、何か思い当たる節があるのでしょう。住宅ローンを組めるかどうかはブラックリスト入りしている状況を具体的に考える必要がありますが、ブラックリスト入りしている人は基本的に、住宅ローンを組むことができません

ブラックリスト入りしたことがある人は記録を確認する

過去にブラックリスト入りしたことがあり、今は記録されているかどうかを知らない人は、住宅ローンを組む際に記録を確認する必要があるでしょう。

ではブラックリスト入りで住宅ローンを組めるか心配されている人向けに、ローンの返済状況などを記録している信用機関の解説をしていきます。

信用機関とは、個人の借り入れ状況などを記録している団体

金融機関に限らず、お金を貸す企業にとって、返済を続けられる人に貸すことが重要です。そこで金融機関などが利用するのが、ローンの契約や返済履歴などの情報を集めている団体が信用機関です。

金融機関は審査の過程で、この信用機関の記録を確認しています。それではどのような信用機関があるか確認していきましょう。

信用機関は3つある

信用機関には次のようなものがあります。

お金を借りたいと考えている人にとっては、信用機関があることで希望通りのお金を借りることができなくなるためデメリットと感じるかもしれません。

しかし返済が出来なくなるほど借りてしまうと返せなくなり、破産することになるかもしれません。一人ひとりの実情に合った貸付をするために重要な役割を果たしています。

自分がブラックリスト入りしているか知る方法

ご自身がブラックリストに入っているのかどうかを知りたい場合は、情報開示手続きをする必要があります。情報開示手続きは、個人本人がする場合の他に、代理人も行うことができますが、ここでは本人が手続する場合を紹介していきます。

▼ 信用機関 手続き方法一覧

機関名 インターネット 郵送 窓口
日本信用情報機構 〇(1,000円) 〇(1,000円) 〇(500円)
割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関 〇(1,000円) 〇(1,000円) 〇(500円)
全国銀行協会 〇(1,000円)

株式会社日本信用情報機構(JICC) 情報開示手続き方法(個人・本人)

携帯電話、郵送、窓口による手続き方法があります。手数料は、スマートフォンと郵送による方法が1,000円(税込)、窓口による方法が500円となっています。なお手数料は開示に対する料金ですので、登録がなかったとしても返金されません。

スマートフォンで手続きする場合、アプリで手続きを進めます。基本的には指示に従って進めるだけですが、運転免許証などの本人確認書類の画像を送信する必要がありますので、事前に準備しておきましょう。

携帯電話(スマホ)による手続き方法(詳細)

郵送で手続きする場合は、申込書を記入し、運転免許証などの本人確認書類とともに送付する必要があります。本人確認書類は、書類によってコピーか原本か異なります

郵送による手続き方法(詳細)

窓口で手続きすることもできますが、受付窓口は、千代田区(東京)と北区(大阪)の2つしかありません。そこで申込書に記入し、本人確認書類とともに申請します。

窓口による手続き方法(詳細)

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC) 情報開示手続き方法(個人・本人)

情報開示手続き方法は、パソコン、スマートフォン、郵送、窓口の4つです。CICはおもにクレジット会社が加盟しており、インターネット開示(パソコン・スマートフォン)を利用する場合、クレジット会社に登録している番号から連絡しなければならないのが特徴です。

パソコン・スマートフォンで手続き方法

受付番号が必要です。受付番号は、クレジット契約で利用した電話番号から問い合わせて取得することができます。

インターネットによる手続き方法(詳細)

郵送による手続き方法

ゆうちょ銀行の定額小為替証書による支払いが特徴です。お近くのゆうちょ銀行で発行できますので、事前に準備をしておきましょう。

郵送による手続き方法(詳細)

窓口による手続き方法

タッチパネルによる申し込みと本人確認書類の提示で手続きをすることができます。窓口は、新宿区(東京)、中央区(札幌)、青葉区(仙台)、中区(名古屋)、北区(大阪)、北区(岡山)、中央区(福岡)の7か所です。

窓口による手続き方法(詳細)

一般社団法人 全国銀行協会 情報開示手続き方法(個人・本人)

開示手続きの方法は、郵送のみとなります。申込書とゆうちょ銀行で発行してもらった定額小為替証書、本人確認資料(2種類)が必要です。

郵送による手続き方法(詳細)

ブラックリストに載ると何年後に消えるのか

ブラックリストに載ってしまうと半永久的に消されないわけではありません。登録されている情報によって登録期間が決まっています。登録機関についてまとめた次の表を参考にしてください。

なお、登録内容は公開されている情報をもとにしており、今回のテーマに関するもののみ掲載しています。

日本信用情報機構 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関 全国銀行協会
返済状況(残高・延滞等) 契約期間中 又は完済日から5年以内
官報情報
(破産・民事再生開始決定等)
決定日から10年以内

▼ 出典
日本信用情報機構
割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関
全国銀行協会

破産などした場合、官報という日本の機関紙に掲載されます。表を見ると、官報情報の記録が最長で、10年以内となっています。また延滞をはじめ重要な返済状況は5年以内となっています。心当たりのある人は情報開示の手続きをして確認するといいでしょう。

ブラックリスト入りしている人が住宅ローンを組む方法

ここまで、ブラックリスト入りしているかどうか確認する方法や登録期間について解説してきました。ブラックリスト入りしている人が住宅ローンを組む方法を紹介していきます。

まず、基本的にブラックリスト入りしている人は住宅ローンを組むのは難しいです。金融機関は、返済できるかどうか過去の実績や現在の収入などをもとに決めていきます。極端な話、借入金がゼロであれば住宅を手に入れることはできます。

つまり借入金額をできる限り少なくすることで少しでも借り入れられる可能性を高めるしかないでしょう。そのためにはしっかり貯蓄できるようお金の流れを管理し、頭金を十分に準備しておく必要があります。

また頭金を十分準備していても、借りられるとは限りません。いきなり審査に申し込むのではなく、無料相談などを利用してアドバイスを受けながら進めていきましょう。基本的には借入金の完済を目指し、記録がなくなってから申し込むといいでしょう。

ブラックリスト入りしている人が住宅を取得するためには

  • ブラックリスト入りしている間、借り入れは難しい。
  • ブラックリスト入りしている間に住宅を購入した場合は、現金を十分に準備し、対面で相談する。
  • ブラックリスト入りしている間に貯蓄し、記録がなくなってから借りるのがベスト。

情報開示をして、ブラックリスト入りしていた場合、いつまでに記録が残っているのでしょうか。

株式会社 日本信用情報機構で延滞が記録されていた場合を例にしますと、登録期間は「返済期間中、又は完済から5年以内」とあります。返済期間中はずっと登録されていることになります。

また完済している場合、完済日が記載されていますので、その日から最大5年を経過するまで消えないことになります。これでどのくらいで記録が削除されるか予測がつくでしょう。

計画的な返済をする際は「返済シミュレーションを有効活用!住宅ローンの必須ツール」を参考にして下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。

一度ブラックリストに入ってしまうと、5年や10年は住宅ローンを組むのが一般的には難しくなります。遅くとも住宅を手に入れようと考えたときから、返済が遅れないようにお金の管理に注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年9月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.380%

当初固定2年

2019年9月適用金利

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年9月適用金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

当初固定3年

2019年9月適用金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662