• 2020.10.12

35年固定金利の住宅ローンは損!?比較して分かったお得な金融機関

執筆者: 政所温也 (株式会社Choices 代表取締役)
住宅ローン35年固定

完済まで金利が変わらず、安心感のある35年固定金利の住宅ローン。

  • 変動金利が上がって返せないのは避けたい
  • しっかり完済できるようにローンを組みたい
  • でも変動金利の低さも捨てがたい……

このような思いから、35年固定金利で借りるべきかを悩まれているかと思います。

35年固定金利はコツコツと計画的に返済したい方にとって、ピッタリの住宅ローンです

しかし一方で、金利が上昇しても問題なく返済できる方であれば、変動金利や当初固定金利も検討しておくべきでしょう

当ページでは、どのような人が35年固定金利を利用すると良いのか、メリット・デメリットや金融機関ごとの違いまで、分かりやすく解説していきます。

この記事を執筆・監修している専門家

執筆者

政所温也

株式会社Choices 代表取締役

保有資格・検定

2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士、損害保険募集人、損保自動車専門試験合格

2010年にファイナンシャルプランナー(FP)として独立し活動中。過去に大手金融ニュースメディアや損保公式サイトでも執筆活動を行った実績があり、「読みやすく理解しやすいライティング」を得意としている。2020年9月現在で、1,700記事以上の執筆実績がある。

編集者

ナビナビ住宅ローン編集部

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

この記事の目次

【結論】35年固定金利の住宅ローンが向いている人

35年固定金利は住宅ローンを完済するまで、毎月の返済額が変わることはありません。

そのため、コツコツと安定した返済を希望する方にピッタリの住宅ローンです

35年固定が向いているのはこんな人

それぞれの理由について、わかりやすく解説していきましょう。

計画的に時間をかけて返済したい人

35年固定の住宅ローンは、返済中に金利も毎月返済額も変わることがありません。

35年という長い返済計画のなかでは、子どもの出産や独り立ち、結婚、老後生活などさまざまなイベントで出費が伴います。

「◯年後にはどういう出費があるから、◯年後には◯万円貯蓄しておこう」というように、ライフプランと照らし合わせながら現実的な返済計画を立てられることが大きなメリットです

そのため、しっかりと返済計画を立てて、安定して返していきたい方には35年固定の住宅ローンはピッタリの商品です。

ライフプランを考えたい人に全期間固定はおすすめ

また、35年固定金利は返済期間を長くすることで毎月の返済額を抑えられるというメリットもあります

結婚したばかりなどで貯蓄が少ない方でも、返済しながら貯蓄していくことができますよ。

返済中の金利動向を気にしたくない人

完済までの返済額が固定されるということは、市場金利に住宅ローンの返済が左右されることがなくなるということ。

変動金利などの金利タイプではいつ返済額が上がるか分からないため、「返済できないほどの金利まで上がってしまうかも……」「住宅ローン破産してしまったらどうしよう」と常に不安を感じている方もいます。

その点、35年固定金利の住宅ローンでは市場金利の状況をいちいち気にする必要がなくなるため、精神的に安心した返済が可能になるのです

全期間固定は金利が完済まで固定

35年という長い返済期間のなかでは、子どもの進学に合わせて仕送りが必要になる等、当初は考えていなかった出費が生まれる可能性もあります。

将来の返済負担や金利動向について不安を抱えたくないという方は、35年固定金利をおすすめします

民間の35年固定金利とフラット35の違い

フラット35と民間の住宅ローンの比較

「35年固定金利」と一言でいっても、民間金融機関が提供している住宅ローンと公的機関が提供している「フラット35」の2種類があります。

いずれも借り入れ時から35年間の金利が固定される商品ですが、審査の条件や取り扱いが大きく異なり、どちらが優れているというものではありません。

35年固定金利の住宅ローンを利用したい場合は、民間金融機関の住宅ローンとフラット35の両方を含めた上で比較検討していきましょう

35年固定金利とフラット35の違い
商品名 民間の35年固定金利住宅ローン フラット35
勤続年数 1~3年以上の勤続年数を必要とする場合が多い 勤続年数の要件はなし
年収 100万円~300万円以上の年収を必要とすることが多い 年収の要件はなし
職業選定 個人事業主や法人経営者は加入しにくい 職業選定をしないので、
個人事業主や経営者などでも加入しにくくなることはない
物件基準 各金融機関の担保評価基準によって異なる 独自の物件技術基準を満たさなければ借り入れできない。
物件検査手数料が別途必要
頭金の有無 頭金による金利優遇はほとんどない 物件価格1割の頭金を入れると金利優遇がある
団信 各金融機関指定の団信へ加入必須 機構指定の団信があるが、加入は任意

※比較対象のフラット35は、一般的に広く普及している買取型について記載。保証型の場合は内容が異なる

特に大きな違いとなる「審査時の基準」と「団体信用生命保険」について深堀って解説します。

審査時の基準の違い

民間の35年固定金利は年収など「人に対する基準」を厳しく審査されることに対して、フラット35では「購入する物件」を中心に審査が行われます。

また、審査は民間の金融機関の住宅ローンのほうが厳しい傾向にあります。

対してフラット35は申込者の年収や職業などの最低基準がないため、転職から年数の浅い方や個人事業主でも申し込みしやすい住宅ローンです

ただし、物件に対する基準が厳しく所定の物件検査をクリアしていなければフラット35は利用ないため注意しましょう

フラット35の代表的な物件基準

  • 住宅の床面積が一戸建てなどの場合70㎡以上、マンションなど集合住宅の場合30㎡以上
  • 一般の道に2m以上接していること
  • 2つ以上の居住室(家具等で仕切れる場合でも可)があり、炊事室、便所及び浴室があること

団体信用生命保険の違い

民間の35年固定住宅ローンとフラット35では、団体信用生命保険(団信)の加入義務と保障内容が異なります

民間の35年固定住宅ローン

  • 団信への加入は必須
  • 金融機関ごとに豊富な保障が選べる

フラット35

  • 団信加入なしでも借りられる
  • 保障の選択肢は少ない

フラット35は団信への加入が任意の住宅ローンなので、健康上などの理由から団信に加入できなかった方でも利用できます。
ただし、団信へ加入しなければもちろん返済中のもしもの事態が起こった際に、家族に住宅ローンが残してしまいます

団信なしで住宅ローンを検討している場合は、保険会社の生命保険と併用して不測の事態に備えておきましょう

また、持病があっても加入できる可能性がある「ワイド団信」という団信プランも存在するので、こちらも合わせて検討してみてくださいね。

35年固定の住宅ローンを比較!人気の銀行を3段階で評価

ここではフラット35を含めて、各銀行で取り扱っている35年固定金利の住宅ローン商品を徹底的に比較していきます。

金利の低さはもちろん、団信や付帯サービスの充実度もあわせて、各住宅ローン商品をA~Cの3段階評価で解説していきます。

住宅ローン35年固定1

より安心できる返済プランを組みたい方は、ぜひ参考になさってください。

35年固定金利 住宅ローン 金利一覧
銀行 商品名 35年固定金利
(新規借り入れ)
A評価みずほ銀行 みずほネット住宅ローン
ずっと安心、同じ金利で!(全期間固定プラン)
0.990%

2020年10月適用金利

A評価住信SBIネット銀行 フラット35(保証型)
1.210%

2020年10月適用金利

自己資金10%以上

団信加入

A評価ARUHI ARUHIスーパーフラット9
1.250%

2020年10月適用金利

自己資金10%以上

一般団信加入

B評価三井住友銀行 WEB申込専用住宅ローン
超長期固定金利型プラン
1.280%

2020年10月適用金利

B評価auじぶん銀行 住宅ローン
当初期間引下げプラン 当初固定35年
1.275%

2020年10月適用金利

当初期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

B評価新生銀行 パワースマート住宅ローン
長期固定金利タイプ (全期間固定)35年
1.350%

2020年10月適用金利

自己資金10%以上

B評価ソニー銀行 住宅ローン
固定金利20年超
1.384%

2020年10月適用金利

住宅ローン

新規購入で自己資金10%以上

C評価三菱UFJ銀行 ずーっと固定金利コース
(全期間固定)
1.820%

2020年10月適用金利

[A評価]みずほ銀行 みずほネット住宅ローン全期間固定プラン

住信SBIネット銀行住宅ローンの特徴

みずほ銀行のネット住宅ローン全期間固定プランは、35年固定の利率が特に低い住宅ローン商品です。

当ページで紹介している他の金融機関と比べても頭一つ抜けている金利の低さで、固定金利の安心感と、低金利のメリットの両方を得られます

大手都市銀行ですがネット上で契約まで行えるため、店舗に行く時間のない方でも利用しやすいでしょう。

35年固定でとにかく金利が低い住宅ローンをお探しの方におすすめです。

みずほ銀行ネット住宅ローン全期間固定プランの詳細
35年固定金利
0.990%

2020年10月適用金利

事務手数料 33,000円(税込)
保証料 一括前払い型と利息組込み型により変動
審査期間 4週間程度
来店 不要

みずほ銀行公式サイト

[A評価]住信SBIネット銀行「フラット35保障型」

住信SBIネット銀行フラット35(保証型)の特徴解説

住信SBIネット銀行の「フラット35(保証型)」は、フラット35を取り扱っている金融機関のなかでは特に低金利の住宅ローンです
利用には物件価格に対して1割以上の頭金が必要になりますが、金利の低さから完済までのトータルコストを抑えやすくなっています。

さらにフラット35では珍しく、ケガや病気で働けなくなったときに備えられる「全疾病保障」を0円で付帯できます

全疾病保障の内容

  • すべてのケガや病気で働けなくなると、月々の住宅ローン返済額が保障される
  • さらに働けない期間が12ヶ月続くと、住宅ローン残高が0円になる。
  • 「がん・脳卒中・急性心筋梗塞などの特定疾病」「糖尿病・肝硬変・高血圧症・慢性腎不全・慢性膵炎などの慢性疾患」「精神障がいを除くケガや病気など」が対象。

住宅ローンは35年という長期に渡って返済を続けていくもので、完済するまでにどのような事故や病気になってしまうのかは誰にも分かりません。

そのような不測の事態への安心感と、金利の低さの両方のメリットを得たい方におすすめです。

住信SBIネット銀行「フラット35(保証型)」の詳細
フラット35金利
1.210%

2020年10月適用金利

自己資金10%以上

団信加入

事務手数料 借入金額×2.2%(税込)*1
保証料 無料
審査期間 最短1週間
※時期により異なります。詳細は同社WEBサイトをご参照ください。
来店 不要

*1 フラット35(保証型)の場合

住信SBIネット銀行公式サイト

[A評価]ARUHI「スーパーフラット」

ARUHIスーパーフラットの特徴解説

「ARUHIスーパーフラット」は、住宅ローン専門の金融機関である「ARUHI」が扱っている住宅ローン商品です。

頭金の割合によって金利の優遇幅が大きくなり、最大で頭金5割以上のプランまで用意されています
また自己資金割合は0.5割ずつと細かくプランが用意されているため、「物件価格の2割は厳しいから、1.5割くらいを入れておきたい」というケースでも柔軟に対応できます。

選べる豊富な自己資金のプラン

  • 自己資金1割
  • 自己資金1.5割
  • 自己資金2割
  • 自己資金2.5割
  • 自己資金3割
  • 自己資金3.5割
  • 自己資金4割
  • 自己資金5割以上

そのため自己資金に余裕がある方であれば、35年固定とは思えないほどの低金利で利用できます。

また、フラット35では職業は問われないので、自己資金に余裕がある自営業や転職後の方でも申し込みしやすいでしょう

ARUHI「スーパーフラット9」の詳細
フラット35金利
1.250%

2020年10月適用金利

自己資金10%以上

一般団信加入

事務手数料 借入金額×2.2%(税込)*1
保証料 無料
審査期間 1週間程度
来店 不要

*1 ARUHIスーパーフラットを利用する場合

ARUHI公式サイト

[B評価]三井住友銀行 WEB申込専用住宅ローン 
超長期固定金利型プラン

三井住友銀行住宅ローンの特徴

三井住友銀行の35年固定金利は、連帯債務やペアローンなど多様な返済方法を選べるというメリットがあり、金利も低めの水準です。

夫婦での借り入れを考えている方にとっては、2人共に保障がある「クロスサポート(夫婦連生団信)」を付帯できる点も大きなポイントです

すでにメインバンクを三井住友銀行にされている方にとっては、給与振込口座やクレジットカードの引き落とし口座を変更しなくて良いのも嬉しいポイントです。

三井住友銀行 WEB申込専用住宅ローン 超長期固定金利型プランの詳細
35年固定金利
1.280%

2020年10月適用金利

事務手数料 借入額×2.2%(税込)
保証料 無料
審査期間 4週間程度
来店 必要(一部不要)

三井住友銀行公式サイト

[B評価]auじぶん銀行 当初引下げプラン 固定35年

auじぶん銀行住宅ローンの特徴解説

auじぶん銀行の35年固定金利は「がん50%保障団信」や「全疾病保障」、「月次返済保障」といった団体信用生命保険を0円で付帯できることが大きなポイントです
無料の団信としては、住宅ローン業界でもトップクラスの充実度です。

ただしここまで紹介した金融機関と比べると、適用金利はやや高めの水準です。

頭金を多くするなど、無理のない返済プランを計画した上で利用しましょう。

auじぶん銀行 当初引下げプラン 固定35年の詳細
当初35年固定金利
1.275%

2020年10月適用金利

当初期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

事務手数料 借入額×2.2%(税込)
保証料 無料
審査期間 2週間程度
来店 不要

auじぶん銀行公式サイト

[B評価]新生銀行 パワースマート住宅ローン
長期固定金利タイプ

新生銀行住宅ローンの特徴解説

新生銀行の35年固定金利は金利はやや高めですが、諸費用が低く設定されている住宅ローンです。

住宅ローンは借り入れ当初に数十万円~百万円ほどの諸費用が必要になりますが、新生銀行ではこの諸費用の負担を大きく軽減することができます

借入金額が大きく諸費用の負担が気になっている方には、特におすすめの住宅ローンですよ。

新生銀行 パワースマート住宅ローン 長期固定金利タイプの詳細
35年固定金利
1.350%

2020年10月適用金利

自己資金10%以上

事務手数料 55,000円(税込)~
保証料 無料
審査期間 2週間程度
来店 不要

新生銀行公式サイト

[B評価]ソニー銀行 住宅ローン

ソニー銀行住宅ローンの特徴

ソニー銀行住宅ローンは団信のラインナップが多く、団信付帯時の上乗せ金利も他の銀行より低くなっています。

金利がやや高めで頭金1割必須という点はネックですが、団信にこだわりたい方におすすめです。

また、ワイド団信の上乗せ金利が年+0.1%と低いため、高血圧などの生活習慣病がある方でも申し込みしやすいでしょう

全国に提携窓口があるため、対面で相談しやすい点もうれしいポイントですね。

ソニー銀行 住宅ローンの詳細
35年固定金利
1.384%

2020年10月適用金利

住宅ローン

新規購入で自己資金10%以上

事務手数料 44,000円(税込)
保証料 無料
審査期間 4週間程度
来店 不要

ソニー銀行公式サイト

[C評価]三菱UFJ銀行 ずーっと固定金利コース

三菱UFJ銀行住宅ローンの特徴解説

三菱UFJ銀行の住宅ローンは、35年固定金利は高めに設定されています。

しかしながら独自の商品である「7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉」は、万一の際も使いやすい保障内容で人気が高いです。

金利は高めでも団信保障を充実させたいという方は、検討してみると良いでしょう。

三菱UFJ銀行 ずーっと固定金利コースの詳細
35年固定金利
1.820%

2020年10月適用金利

事務手数料 借入金額×2.20%(税込)
保証料 一括前払い型と利息組込み型により変動
審査期間 4週間程度
来店 不要

三菱UFJ銀行公式サイト

35年固定金利で借りる場合の2つのデメリット

金利上昇の心配がない35年固定金利ですが、金利の高さなどのデメリットも存在します。

ここでは35年固定金利の2つのデメリットを解説します。

35年固定金利のデメリット

  1. 他の金利タイプより金利が高い
  2. 借り入れ後に市場金利が低下しても返済額は減らない

他の金利タイプより金利が高い

35年固定金利は、変動金利などの他金利タイプと比較すると金利が高く設定されているため、毎月の住宅ローン返済額が高くなってしまいます。

そのため、返済中に金利が上昇しなければ完済までの総返済額では大きな差が生まれます

金利タイプによる返済額の違い
毎月返済額 総返済額
変動金利 年0.4% 76,557円 32,153,754円
全期間固定金利 年1.3% 88,944円 37,356,564円
差額 12,387円 5,202,810円

※借入金額3,000万円/借入期間35年/元利均等返済
住宅保証機構株式会社のシミュレーションツールにて算出
※各返済額はあくまで概算値です。実際には融資実行日のズレによりわずかな差額が生じる場合があります。

ただし、上記はあくまでも金利が上昇しなかった場合を想定しているため、返済中の金利状況によっては変動金利のほうが高くなる可能性ももちろん存在します。

また、2020年現在は大幅に金利が下がっており、固定金利としては過去にないレベルの水準まで下がっています

安心感と金利の高さの両方を踏まえた上で、他の金利タイプと比較してご自身の返済計画を立てましょう。

借り入れ後に市場金利が低下しても返済額は減らない

35年固定金利は市場金利の動向に左右されないことがメリットですが、言い換えれば市場金利が低下したとしても返済額が変わらないということでもあります。

住宅ローンの返済額が増えないという安心感の代わりに、これ以上返済額が下がることもないのです

先ほどのシミュレーション結果でも触れたように、35年間という長い期間では変動金利と固定金利の返済額の差はとても大きくなります。

毎月の返済額の25%以上を安定して貯蓄できるのであれば、変動金利も十分に選択肢に入ってくるため、両方の金利タイプで試算した上で金利タイプを選んでくださいね。

35年固定金利の2つのメリット

ここまでで35年固定金利のデメリットはお分かりいただけたかと思います。
一方で、金利が固定されることによるメリットも多く存在します。

ここからは35年固定金利のメリットを見ていきましょう。

35年固定金利のメリット

  1. 市場金利が上昇しても返済額が変わらない
  2. 金利が固定なので返済計画を立てやすい

市場金利が上昇しても返済額が変わらない

変動金利では金利状況によって返済額が大きく増えてしまう可能性があるため、心理的なストレスを感じる方もいるでしょう。

その点35年固定金利は市場金利の変動に左右されないので、将来的に大幅な金利の上昇があったとしても返済額は変わりません。
そのため、完済するまで金利の心配をする必要がなくなります

ただしデメリットの箇所でもお伝えしましたが、この先金利が下降局面になれば「返済額が減らない」というデメリットも生じます

十数年先の金利動向は誰にも予測できないものなので、

  • 安心感を優先するのなら「35年固定金利」
  • 家計に余裕があり、金利上昇をストレスに感じないなら「変動金利」

というようにご自身の返済計画や価値観に合わせて金利タイプを選択しましょう。

金利が固定なので返済計画を立てやすい

35年固定金利の住宅ローンでは、借り入れ当初にこの先35年分の返済額が確定します。

返済期間中に金利も返済額も変わることがないため、ライフプラン通りに計画的な返済をできる点が大きなメリットです

POINT

変動金利は金利見直しのたびに返済額が変わる可能性があるので、長期の返済計画を立てるのが難しく、短期で返済を考えている方に向いています。>変動金利の仕組み

教育費や老後資金など他の資金準備もしやすくなるため、家計管理や計画的な貯蓄が苦手な方でも安定した返済をしていけるでしょう。

もしまだライフプランを作成されていない方は、将来の家計の見通しを立てる意味でもぜひ一度作成してみてくださいね。

35年固定金利と変動金利の返済額シミュレーション

最後に35年固定金利と変動金利で迷っている方に向けて、金利状況によって返済額にどれほどの影響が出るのかをご紹介します。

両者を比較するうえで大切なポイントは「金利の上昇幅とタイミング」です

ここでは以下の2つのパターンで、シミュレーションしていきます。

どちらも借り入れ当初の条件は「借入金額3,000万円 / 返済期間35年 / 元利均等返済」です。

10年後に金利が1.5%上昇した場合

まずは借り入れから早い段階で、金利が上昇した場合の例を見てみましょう。

10年後に金利が1.5%上昇した場合では、金利上昇後の毎月返済額と総返済額はどちらも35年固定金利のほうがお得になります

10年後に金利が1.5%上昇した場合
金利タイプ 毎月返済額 総返済額
35年固定金利 35年間:年1.25% 約8.9万円 約3,706万円
変動金利 当初10年間:年0.5% 約7.8万円
11年目以降:年2.0% 約9.4万円
約3,727万円

※変動金利の125%ルールは考慮せず、単純に金利があがった際の返済額上昇幅を概算値で記載
※参考:シミュレーションは「フラット35のツール」を利用

ただし、金利上昇前の当初10年間の返済額を見ると、変動金利のほうが1万円以上も低くなっています

金利が上がっても問題なく返済できる方は変動金利、返済が厳しくなる方やストレスを感じたくない方は35年固定金利がおすすめです。

10年後で金利が1.5%も上がるなんてありえるの?

早い段階で金利が上昇する可能性はあります。

2020年現在、政府が目指している物価上昇率は2%です。
そのため、この先金利が1.5%~2%上がる可能性もゼロではないでしょう

15年後と30年後に金利が1%ずつ上昇した場合

次は少し複雑ですが、15年後に金利が1%上昇し、30年後にさらに1%上昇する場合で計算してみましょう。

こちらのケースでは2回金利が上昇しているにもかかわらず、総返済額・最終的な毎月返済額ともに変動金利のほうがお得になります

15年後と30年後に金利が1%ずつ上昇した場合
金利タイプ 毎月返済額 総返済額
35年固定金利 35年間:年1.25% 約8.9万円 約3,706万円
変動金利 当初15年間 :年0.5% 約7.8万円
16年~30年:年1.5% 約8.6万円
31~35年 :年2.5% 約8.8万円
約3,475万円

※※変動金利の125%ルールは考慮せず、単純に金利があがった際の返済額上昇幅を概算値で記載
※参考:シミュレーションは「フラット35のツール」を利用 

変動金利のほうがお得になる理由は、「金利上昇のタイミングが遅かったから」です。

借り入れから10年後と15年後では住宅ローン残額に大きな差があり、変動金利での借り入れから低金利の期間が長ければ長いほど、途中で金利が上昇してもダメージを受けにくくなります

金利上昇が起こるタイミングや上がり幅によって、35年固定金利と変動金利のどちらがお得になるかは異なります。

将来の金利がどう変動するかは専門家でも予測が困難なので、「金利が上昇しても問題なく返済できるのか」という観点からシミュレーションをした上で金利タイプを選んでいきましょう。 

まとめ

35年固定金利の住宅ローンは借り入れ時の返済額が長期間変わらないため、コツコツと安定した返済を希望する方に向いています。

固定金利の利用を考えている場合は、民間金融機関の35年固定金利とフラット35の両方を含めて、よりお得になる住宅ローンを選ぶようにしましょう

また、金利が上がっても余裕をもって返済を続けられる方は変動金利を検討してみるのも良いでしょう。

変動金利で借り入れる場合の金利上昇対策については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらも参考になさってください。

金利タイプや借入先で返済額が変わる!
金利タイプや借入先で返済額が変わる!
シミュレーションをしてみましょう!
シミュレーションをしてみましょう!
万円
あなたに最適な住宅ローンを
検索しています…
住宅ローン シミュレーション
新生銀行
おすすめ住宅ローン
新生銀行
満足度
4.1
新生銀行
最低金利
0.450%

2020年10月適用金利

変動金利

総合人気ランキング
1位 auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.380%

2020年10月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.398%

2020年10月適用金利

変動金利

借り換え金利

3位 新生銀行
満足度
4.1
新生銀行
最低金利
0.450%

2020年10月適用金利

変動金利

総合人気ランキングを全て見る

おすすめの記事ランキング

新着記事

  • 国税庁
  • 国土交通省
  • 住宅金融支援機構
  • フラット35
たった1分 住宅ローン シミュレーション