• 2019.09.05
  • 2019.12.10

住宅ローン借り換えの損益分岐点はいくらから?残高別の分岐点をFPが徹底試算

家の模型を持ちイイネをするチェック柄のブラウスの男性
じぶん銀行

昨今の低金利ブームと消費税増税で、借り換えを検討中の人が増えています。

しかしほとんどの人が気になるのは、

結局、お得になるのはいくらなのか?

というポイントですよね。

気になる理由は簡単で、住宅ローン関係の手続きは多大な手間がかかるからです。「複雑な手続きが必要なのに、軽減額が数万円なんて割に合わない」と感じる人もいるほどです。

実は、住宅ローンの借り換えによって「お得になった」と感じる損益分岐点は、人によって違います。したがって、ある人にとっては「めちゃくちゃお得!」と感じる結果でも、違う人にとっては「割に合わなかった」という結果に感じる場合もあるということです。

この点を踏まえて借り換えで大切なのは、

  • ご自身のローン状況で借り換えするといくら負担が軽減されるのか
  • 「それなら面倒でもやる価値があるな」と感じる軽減額はいくらくらいか


を知ることです。つまり借り換えにおいては、「自分にとっての損益分岐点を知ること」が何よりも重要だということですね。

当記事では、住宅ローンを借り換えする場合の損益分岐点を、残高別に徹底計算しています。

「借り換えを検討しているけど悩んでいる」という人は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事制作に関わる専門家

京都FP事務所

ファイナンシャル・プランナー

執筆

当サイトの執筆を担当している「京都FP事務所」と申します。専門用語ばかりにならないよう、「わかりやすく行動しやすい」執筆を心がけています。ぜひ参考にしてみてください。

ナビナビ住宅ローン編集部

編集

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

住宅ローン借り換えの損益分岐点は、諸費用を含めて計算する

住宅ローン借り換えの損益分岐点を求める際に大切なのは、「諸費用を含めた総返済額で計算すること」です。なぜかというと、住宅ローンの借り換えには、新規借入れ時と同様に一定の諸費用がかかるからです。

諸費用を含めて計算しないと、「数万円お得になると思って借り換えしたけど、実際は諸費用がかかって数十万円の赤字だった…」という事態に陥りかねません。

本当の意味でお得かどうかを判断するためには、借り換えのシミュレーションに諸費用も含めて計算する必要があります。

これからご紹介する借り換えの損益分岐点では諸費用も含めて計算していますが、これはあくまでも概算値です。

実際にかかる諸費用はローンの契約内容などで異なりますので、ご自身のケースはどれくらいの諸費用が必要なのかを事前に確認しておくと良いですよ。

また、現契約の住宅ローン保証料を一括で前払いしている場合は、ローン保証料が返ってくる可能性があります。保証料の返金があれば諸費用に充てることができるので、借り換えを行う前に現在契約している金融機関で確認しておきましょう。 

関連記事住宅ローンの保証料を分かりやすく解説!お得になる支払い方法の選び方

関連記事住宅ローンの諸費用は100万円!?出費を抑える賢いローンの組み方を徹底解説

ローン残高2,000万円の借り換え損益分岐点

ここからは、住宅ローン残高が2,000万円と想定した場合に、「損益分岐点はどれくらいになるのか」を実際に試算していきます。
 
試算は

  1. 金利差による損益分岐点
  2. 借り換え後の返済年数による損益分岐点

という2つのパターンに分けて解説しますね。

1.金利差による分岐点

まずは、住宅ローンの「金利差による分岐点」を見ていきます。下記の前提条件を元に、金利が0.1%違えば総返済額をどれだけ削減できるのか、実質軽減額とあわせて表にまとめました

【前提条件】

  • 現在のローン残高:2,000万円
  • 返済年数:20年(※)
    ※ローンの残存年数と借り換え後の返済年数は同じとする
  • 現在のローン金利:0.7%~1.6%
  • 借り換え後のローン金利:0.6%
  • 借り換えでかかる諸費用(概算値):61万9,400円(税込)

<諸費用の内訳>

  • 事務手数料(借入金額×2.20(税込)):43万2,000円
  • 保証料:3万2,400円
  • 印紙税:2万円
  • 登録免許税(借入金額×0.4%):8万円
  • 司法書士報酬:2万5,000円 
  • 現契約のローン完済に必要な手数料(繰り上げ返済手数料や保証会社事務手数料など):3万円
    ※現在のローン返済で戻ってくる可能性のある手数料は考慮しておりません。
ローン
残高
返済年数 現在の金利 借り換え後の金利 金利差 借り換えで削除できた費用
(a)
諸費用合計額
(b)
借り換えでの実質軽減額
(a-b)
2,000万円 20年 0.7% 0.6% ▲0.1% 20万9,280円 61万9,400円 ▲41万120円
0.8% 0.6% ▲0.2% 42万240円 61万9,400円 ▲19万9,160円
0.9% 0.6% ▲0.3% 63万2,400円 61万9,400円 1万3,000円
1.0% 0.6% ▲0.4% 84万5,760円 61万9,400円 22万6,360円
1.1% 0.6% ▲0.5% 106万560円 61万9,400円 44万1,160円
1.2% 0.6% ▲0.6% 127万6,800円 61万9,400円 65万7,400円
1.3% 0.6% ▲0.7% 149万4,240円 61万9,400円 87万4,840円
1.4% 0.6% ▲0.8% 171万3,120円 61万9,400円 109万3,720円
1.5% 0.6% ▲0.9% 193万3,200円 61万9,400円 131万3,800円
1.6% 0.6% ▲1.0% 215万4,480円 61万9,400円 153万5,080円

上記の場合、借り換えによる負担軽減メリットが発生するのは、「金利差0.3%から」でした。ただ、金利差0.3%による実質軽減額は1万3,000円とかなり少額のため、手間をかけて手続きする対価としては、少ないと感じますね。

したがってローン残高2,000万円の場合、借り換えメリットを感じられる分岐点は、「金利差0.4%~0.5%から」だと思います。

金利差を0.4~0.5%程度確保できれば数十万円規模の経済的メリットを得られるので、借り換えする価値も大きいといえるでしょう。

関連記事住宅ローンの借り換えをする前に要チェック!借り換えのメリット・デメリットとは

2.返済年数による損益分岐点

次に、「ローンの返済年数による分岐点」を見ていきます。基本的には、借り換えのメリットはローンの残存返済期間が長ければ長いほど、大きくなるとされています。

ここでは、先ほどのシミュレーションでメリットを感じやすい金利差は0.4%~0.5%という結果が出たため、同様に金利差0.5%で前提条件を想定。その上で「返済年数が1年違うと実質軽減額はどうなるのか」を検証していきますね。

【前提条件】

  • 現在のローン残高:2,000万円
  • 返済年数:20年~10年
    ※ローンの残存年数と借り換え後の返済年数は同じとする
  • 現契約の住宅ローン金利:1.1%
  • 借り換え後の住宅ローン金利:0.6%
  • 借り換えでかかる諸費用(概算値):61万9,400円(税込)

<諸費用の内訳>

  • 事務手数料(借入金額×2.20%(税込)):43万2,000円
  • 保証料:3万2,400円
  • 印紙税:2万円
  • 登録免許税(借入金額×0.4%):8万円
  • 司法書士報酬:2万5,000円 
  • 現契約のローン完済に必要な手数料(繰り上げ返済手数料や保証会社事務手数料など):3万円
    ※現在のローン返済で戻ってくる可能性のある手数料は考慮しておりません。
ローン残高 返済年数 現在の金利 借り換え後の金利 金利差 借り換えで削減できた費用
(a)
諸費用合計額
(b)
借り換えでの実質軽減額
(a-b)
2,000万円 20年 1.1% 0.6% ▲0.5% 106万560円 61万9,400円 44万1,160円
19年 1.1% 0.6% ▲0.5% 100万5,252円 61万9,400円 38万5,852円
18年 1.1% 0.6% ▲0.5% 94万9,968円 61万9,400円 33万568円
17年 1.1% 0.6% ▲0.5% 89万5,152円 61万9,400円 27万5,752円
16年 1.1% 0.6% ▲0.5% 84万384円 61万9,400円 22万984円
15年 1.1% 0.6% ▲0.5% 78万6,060円 61万9,400円 16万6,660円
14年 1.1% 0.6% ▲0.5% 73万1,808円 61万9,400円 11万2,408円
13年 1.1% 0.6% ▲0.5% 67万7,976円 61万9,400円 5万8,576円
12年 1.1% 0.6% ▲0.5% 62万4,528円 61万9,400円 5,128円
11年 1.1% 0.6% ▲0.5% 57万1,164円 61万9,400円 ▲4万8,236円
10年 1.1% 0.6% ▲0.5% 51万8,280円 61万9,400円 ▲10万1,120円

上記表をご覧いただくとわかるように、やはりローンの残存年数が長くなるほど軽減額も大きくなっていますね。

返済年数による比較の場合、諸費用を差し引いても負担軽減メリットが発生するのは「返済年数12年から」でした。ただ、返済年数12年の実質軽減額は5,128円なので、メリットと言うには少なすぎますよね。

このような結果を踏まえると、多くの方が借り換えメリットを感じる分岐点は、数十万円程度のメリットがある「返済期間14年~15年以上から」だといえますね。

ローン残高3,000万円の借り換え損益分岐点

さらに別のシミュレーションとして、ローン残高3000万円で借り換えした場合、損益分岐点がどうなるかを見てみましょう。

ここでも、金利差による分岐点と返済年数による分岐点をそれぞれ見ていきます。

金利差による損益分岐点

ローン残高3,000万円の場合、金利差による分岐点がどうなるかを見ていきます。下記の前提条件を基に、金利が0.1%違うと総返済額をどれだけ削減できるのか、実質軽減額とあわせて表にまとめました。

【前提条件】

  • 現在のローン残高:3,000万円
  • 返済年数:20年
    ※ローンの残存年数と借り換え後の返済年数は同じとする
  • 現在のローン金利:0.7%~1.6%
  • 借り換え後のローン金利:0.6%
  • 借り換えでかかる諸費用(概算値):87万5,400円(税込)

<諸費用の内訳>

  • 事務手数料(借入金額×2.20%(税込)):64万8,000円
  • 保証料:3万2,400円
  • 印紙税:2万円
  • 登録免許税(借入金額×0.4%):12万円
  • 司法書士報酬:2万5,000円 
  • 現契約のローン返済に必要な手数料(繰り上げ返済手数料や保証会社事務手数料など):3万円
    ※現在のローン返済で戻ってくる可能性のある手数料は考慮していません。
ローン残高 返済年数 現在の金利 借り換え後の金利 金利差 借り換えで削減
できた費用
(a)
諸費用合計額
(b)
借り換えでの実質軽減額
(a-b)
3,000万円 20年 0.7% 0.6% ▲0.1% 31万4,160円 87万5,400円 ▲56万1,240円
0.8% 0.6% ▲0.2% 63万480円 87万5,400円 ▲24万4,920円
0.9% 0.6% ▲0.3% 94万8,720円 87万5,400円 7万3,320円
1.0% 0.6% ▲0.4% 126万8,880円 87万5,400円 39万3,480円
1.1% 0.6% ▲0.5% 159万960円 87万5,400円 71万5,560円
1.2% 0.6% ▲0.6% 191万5,200円 87万5,400円 103万9,800円
1.3% 0.6% ▲0.7% 224万1,360円 87万5,400円 136万5,960円
1.4% 0.6% ▲0.8% 256万9,680円 87万5,400円 169万4,280円
1.5% 0.6% ▲0.9% 289万9,680円 87万5,400円 202万4,280円
1.6% 0.6% ▲1.0% 323万1,840円 87万5,400円 235万6,440円

ローン残高3,000万円の場合、借り換えによるメリットが生じるのは「金利差0.3%から」ですね。

ただし残高が3,000万円にもなると諸費用も高額になるため、借り換えのためにある程度まとまった費用を準備しなければなりませんよ。この点に注意が必要です。

借り換えにかかる手間や諸費用の負担を考えると、数十万円規模のメリットが生じる「金利差0.4%~0.5%から」が、多くの方にとっての損益分岐点になると思いますね。

返済年数

次は、ローン残高3,000万円で返済年数が異なる場合の分岐点を見ていきましょう。下記の前提条件を基に、返済年数が1年違うと総返済額をどれだけ削減できるのか、実質軽減額とあわせて表にまとめました。

なお、ここでは借り換えメリットを感じやすい金利差0.5%を前提に計算しています。

【前提条件】

  • 現在のローン残高:3,000万円
  • 返済年数:10年~20年
    ※ローンの残存年数と借り換え後の返済年数は同じとする
  • 現在のローン金利:1.1%
  • 借り換え後のローン金利:0.6%
  • 借り換えでかかる諸費用(概算値):87万5,400円(税込)

<算入している諸費用の項目>

  • 事務手数料(借入金額×2.20%(税込)):64万8,000円
  • 保証料:3万2,400円
  • 印紙税:2万円
  • 登録免許税(借入金額×0.4%):12万円
  • 司法書士報酬:2万5,000円 
  • 現在のローン返済に必要な手数料(繰り上げ返済手数料や保証会社事務手数料など):3万円
    ※現在のローン返済で戻ってくる可能性のある手数料は考慮していません。
ローン残高 返済年数 現在の金利 借り換え後の金利 金利差 借り換えで削減
できた費用
(a)
諸費用合計額
(b)
借り換えでの実質軽減額
(a-b)
3,000万円 20年 1.1% 0.6% ▲0.5% 159万960円 87万5,400円 71万5,560円
19年 1.1% 0.6% ▲0.5% 150万7,764円 87万5,400円 63万2,364円
18年 1.1% 0.6% ▲0.5% 142万4,952円 87万5,400円 54万9,552円
17年 1.1% 0.6% ▲0.5% 134万2,524円 87万5,400円 46万7,124円
16年 1.1% 0.6% ▲0.5% 126万480円 87万5,400円 38万5,080円
15年 1.1% 0.6% ▲0.5% 117万9,000円 87万5,400円 30万3,600円
14年 1.1% 0.6% ▲0.5% 109万7,712円 87万5,400円 22万2,312円
13年 1.1% 0.6% ▲0.5% 101万7,120円 87万5,400円 14万1,720円
12年 1.1% 0.6% ▲0.5% 93万6,864円 87万5,400円 6万1,464円
11年 1.1% 0.6% ▲0.5% 85万6,812円 87万5,400円 ▲1万8,588円
10年 1.1% 0.6% ▲0.5% 77万7,480円 87万5,400円 ▲9万7,920円

ローン残高3,000万円の場合でも、負担軽減メリットが発生する返済年数は「12年から」となっていますね。ただ、返済年数12年の負担軽減額は約6万円と少ないのに対し、借り換え諸費用は約88万円と高額です。

このような点を踏まえると、現契約のローンで88万円繰り上げ返済したほうが、手間をかけずに総返済額の負担を軽減できるのでお得ですよ。

このように、高額な諸費用の支払いをするなら、その費用を繰り上げ返済に回すほうが手軽に負担を軽減できる場合もあります。ローン残高3,000万円の場合、繰り上げ返済よりも借り換えメリットが大きくなる分岐点は、「返済年数15年~16年程度(※)でしょう。

※繰り上げ返済による負担軽減額は人によって異なるため、ご自身の場合にどうなるのかを併せて確認しておきましょう。

ローン残高4,000万円の借り換え損益分岐点

3つ目のシミュレーションとして、ローン残高4,000万円で借り換えした場合に、損益分岐点がどうなるかを見ていきましょう。

ここでも、金利差による分岐点と、返済年数による分岐点をそれぞれ探っていきます。

金利差による損益分岐点

ローン残高4,000万円の場合に、金利差による分岐点がどうなるかを見ていきます。ローン残高が4,000万円もあるという点を想定すると、返済期間もそれなりに長く残っているはずです。

今回の前提条件では返済期間を30年とし、金利が0.1%違うと総返済額をどれだけ削減できるのか、実質軽減額とあわせて表にまとめました。

【前提条件】

  • 現在のローン残高:4,000万円
  • 返済期間:30年
    ローンの残存年数と借り換え後の返済期間は同じとする
  • 現在のローン金利:0.7%~1.6%
  • 借り換え後のローン金利:0.6%
  • 借り換えでかかる諸費用(概算値):113万1,400円(税込)

<算入している諸費用の項目>

  • 事務手数料(借入金額×2.20%(税込)):86万4,000円
  • 保証料:3万2,400円
  • 印紙税:2万円
  • 登録免許税(借入金額×0.4%):16万円
  • 司法書士報酬:2万5,000円 
  • 現在のローン返済に必要な手数料(繰り上げ返済手数料や保証会社事務手数料など):3万円
    ※現在のローン返済で戻ってくる可能性のある手数料は考慮していません。
ローン残高 返済年数 現在の金利 借り換え後の金利 金利差 借り換えで削減できた費用
(a)
諸費用合計額
(b)
借り換えでの実質軽減額
(a-b)
4,000万円 30年 0.7% 0.6% ▲0.1% 64万800円 113万1,400円 ▲49万600円
0.8% 0.6% ▲0.2% 128万7,360円 113万1,400円 15万5,960円
0.9% 0.6% ▲0.3% 193万9,680円 113万1,400円 80万8,280円
1.0% 0.6% ▲0.4% 259万8,120円 113万1,400円 146万6,720円
1.1% 0.6% ▲0.5% 326万2,680円 113万1,400円 213万1,280円
1.2% 0.6% ▲0.6% 393万3,000円 113万1,400円 280万1,600円
1.3% 0.6% ▲0.7% 460万9,080円 113万1,400円 347万7,680円
1.4% 0.6% ▲0.8% 529万1,280円 113万1,400円 415万9,880円
1.5% 0.6% ▲0.9% 597万9,600円 113万1,400円 484万8,200円
1.6% 0.6% ▲1.0% 667万3,320円 113万1,400円 554万1,920円

※シミュレーションの総返済額はナビナビ住宅ローンのサイトより

ローン残高4,000万円で返済期間が30年の場合は、「金利差0.2%から」借り換えによる負担軽減効果が得られます。ただし金利差0.2%での負担軽減額は約16万円なので、諸費用として約113万円支払うことを考えると、かなりメリットは小さいですよね。

多くの方がメリットを感じる分岐点は、負担軽減額が約80万円程度得られる「金利差0.3%から」だといえますね。

返済年数

ローン残高4,000万円で、返済年数が異なる場合の分岐点も見ていきましょう。返済年数が1年違うと総返済額をどれだけ削減できるのか、実質軽減額とあわせて表にまとめました。

なお、ここでの金利差はメリットが生じやすい金利差0.3%で比較しています。

【前提条件】

  • 現在のローン残高:4,000万円
  • 返済期間:20年~30年
    ローンの残存年数と借り換え後の返済期間は同じとする
  • 現在のローン金利:0.9%
  • 借り換え後のローン金利:0.3%
  • 借り換えでかかる諸費用(概算値):113万1,400円(税込)

<算入している諸費用の項目>

  • 事務手数料(借入金額×2.20%(税込)):86万4,000円
  • 保証料:3万2,400円
  • 印紙税:2万円
  • 登録免許税(借入金額×0.4%):16万円
  • 司法書士報酬:2万5,000円 
  • 現在のローン返済に必要な手数料(繰り上げ返済手数料や保証会社事務手数料など):3万円
    ※現在のローン返済で戻ってくる可能性のある手数料は考慮していません。
ローン残高 返済年数 現在の金利 借り換え後の金利 金利差 借り換えで削減できた費用
(a)
諸費用合計額
(b)
借り換えでの実質軽減額
(a-b)
4,000万円 30年 0.9% 0.6% ▲0.3% 193万9,680円 113万1,400円 80万8,280円
29年 0.9% 0.6% ▲0.3% 187万848円 113万1,400円 73万9,448円
28年 1.1% 0.6% ▲0.5% 180万2,304円 113万1,400円 67万904円
27年 1.1% 0.6% ▲0.5% 173万4,048円 113万1,400円 60万2,648円
26年 1.1% 0.6% ▲0.5% 166万6,080円 113万1,400円 53万4,680円
25年 1.1% 0.6% ▲0.5% 159万8,700円 113万1,400円 46万7,300円
24年 1.1% 0.6% ▲0.5% 153万1,296円 113万1,400円 39万9,896円
23年 1.1% 0.6% ▲0.5% 146万4,180円 113万1,400円 33万2,780円
22年 1.1% 0.6% ▲0.5% 139万7,616円 113万1,400円 26万6,216円
21年 1.1% 0.6% ▲0.5% 133万1,064円 113万1,400円 19万9,664円
20年 1.1% 0.6% ▲1.0% 126万4,800円 113万1,400円 13万3,400円
19年 1.1% 0.6% ▲1.0% 119万9,052円 113万1,400円 6万7,652円
18年 1.1% 0.6% ▲1.0% 113万3,568円 113万1,400円 2,168円
17年 1.1% 0.6% ▲1.0% 106万8,348円 113万1,400円 ▲6万3,032円

返済年数で見た場合、負担軽減メリットがあるのは「返済年数18年から」です。ただ返済年数18年の場合、諸費用分の113万円を繰り上げ返済に回したほうが、手軽に負担を軽減できますよ。

ローン残高4000万円の場合、繰り上げ返済より借り換えしたほうがメリットを得られる分岐点は、「返済年数24年程度から」でしょう。

繰り上げ返済で得られるメリットは個々の状況によっても異なるため、ご自身の場合はどうなるかを計算のうえ、損益分岐点を探ってくださいね。

借り換えタイミングの見極め方

住宅ローンの借り換えによる損益分岐点は、契約状況や契約者によって異なります。ご自身にとっての損益分岐点を知るために重要なポイントは、「借り換えで得られる具体的なメリットを知ること」ですね。

具体的な借り換えメリットを調べるには、専用のシミュレーションツールが便利ですよ。下記の住宅ローン借り換えシミュレーションで、「現在の借入金額」もしくは「月々の返済額」を入力し、借り換えメリットを調べてみてください。そうすることで、具体的なメリットを知ることができますよ。

便利ツール住宅ローン借り換えメリット一括比較シミュレーション

まとめ

住宅ローンの借り換えによる損益分岐点について、ローン残高別に解説してきました。

当記事の重要ポイントをおさらいすると、

  1. ローン残高2000万円の損益分岐点は金利差0.4%~0.5%、返済年数14年~15年程度
  2. ローン残高3000万円の損益分岐点は金利差0.4%~0.5%、返済年数15年~16年程度
  3. ローン残高4000万円の損益分岐点は金利差0.3%、返済年数24年程度

の3つですね。

ただ冒頭でも触れたように、人によってお得感を感じる損益分岐点は異なります。大切なのは、ご自身のケースでどれだけ負担を軽減できるか、具体的なメリットを知ることです。

ご紹介したシミュレーションツールで具体的な借り換えメリットを知り、納得できる分岐点を探ってくださいね。

関連記事住宅ローンアドバイザーが15の銀行を比較!今、借り換えるべきおすすめ銀行を紹介

関連記事住宅ローンの借り換えをする前に要チェック!借り換えのメリット・デメリットとは

スポンサーリンク

住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

2019年12月適用金利

変動金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 じぶん銀行
満足度
4.7
じぶん銀行
最低金利
0.400%

2019年12月適用金利

当初2年固定

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

2019年12月適用金利

変動金利

借り換え金利

3位 三菱UFJ銀行
満足度
4.4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

2019年12月適用金利

当初3年固定

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662