意外と知らない!?住宅ローンの保証料とは

住宅の模型と計算器
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 住宅ローン利用時に必要な諸経費の中でも、住宅ローンの保証料は高額となります。
  • 住宅ローンの保証料は、連帯保証人を立てるかわりに、金融機関が指定した住宅ローン保証会社に保証を委託するために支払う費用です。
  • フラット35なら保証料はかかりませんが、融資事務手数料という費用が別途かかるので、各プランの内容をしっかり理解して、どの住宅ローンにするか判断するようにしましょう。

住宅ローンを利用する際に必要な諸経費の中でも、高額負担となるのが住宅ローンの保証料です。数十万単位になることが多い住宅ローンの保証料は一括支払い、または分割支払いで支払いすることができます。

しかし、なんのために必要な費用か分からないまま高額な金額を支払うのも腑に落ちませんよね。

そこで、今回は住宅ローンの保証料について徹底的に解説していきたいと思います。

知っておきたい!保証会社と保証料

最初に「住宅ローンの保証料はなぜ必要か」をご説明したいと思います。

かつて、住宅ローンを利用する際には、本人が返済できなくなった時のために、肩代わりすることを約束する連帯保証人が必要でした。

しかし、現在では個人の連帯保証人を立てるのではなく、金融機関が指定した住宅ローン保証会社に保証料を支払うことによって保証を委託するのが原則となっています。

実際、契約者の肩代わりとして債務を負う可能性のある連帯保証人になってくれる人はなかなかいませんから、住宅ローン保証会社が保証料の支払いを条件に連帯保証人になってくれる、というわけです。

万が一、住宅ローンの返済が六ヶ月以上遅れるような場合、金融機関は、契約者に全額の返済を求める代わりに保証会社に請求します。

だからといって、住宅ローンの返済が消えるわけではなく、契約者は肩代わりしてくれた住宅ローン保証会社に返済の義務を負うことになります。

住宅ローンの保証会社はこのような役目をしています。

さて、住宅ローンの保証料は大体どれくらいの金額なのか、下の【例1】をご覧ください。

【例1】

住宅ローンの借入れにかかる費用(民間ローン利用で30年借入、保証金額3000万円、外枠方式、0.2%の一例) 単位:円

印紙税 登録免許税 登記手数料 融資事務手数料 住宅ローン保証料 団信生命保険料 合計額
20,000 35,000 60,000 32,400 568,267 0(金利に含む) 715,667

【例1】をご覧いただくと、住宅ローンの借入れにかかる費用のなかでも、住宅ローンの保証料が突出して高額となっています。

その割合はなんと、全体の約80%を占めています。

既に住宅ローンを利用されている方は、保証料がいくらぐらいなのか把握しておきましょう。

住宅ローンの保証料がかからない融資もある!?

金融機関は様々なローンを扱っていますが、なかには保証料のかからない住宅ローンがあります。

その中で一番ポピュラーなものが、フラット35です。

フラット35は、住宅金融支援機構と民間金融機関の連携によりできた、全期間固定金利型住宅ローンです。

住宅ローンの保証料を支払いたくない方にとっては、すごく都合の良い住宅ローンに思えますが、利用する際には注意すべき点がいくつかあります。

<フラット35を利用する際に注意すべき点>

  • 住宅ローンの保証料はかからないが、融資事務手数料が高額になる場合があること。
  • 団体信用生命保険料が別枠でかかること。

フラット35を利用する際に融資事務手数料という費用がかかります。

この費用は、民間の住宅ローンを利用する時でも必要になりますが、フラット35を利用した場合と比較すると、かなりの金額差があります。

フラット35の場合、融資事務手数料を借入額の2.1%とする、という金融機関もあります。

例えば3,000万円を借入した場合、融資事務手数料が63万円かかるということです。

さらに、民間の住宅ローンのほとんどは、団体信用生命保険料が金利に含まれていますが、フラット35の場合、別枠で保険料を支払う必要があります。

保証料がかからない住宅ローンを利用する場合は、諸費用合計でいくら支払う必要があるのか事前にチェックすることが大切です。

フラット35について詳しく知りたい際は「フラット35とは?」を参考にして下さい。

住宅ローンの保証料は、外枠方式か内枠方式のどっちがお得?

住宅ローンの保証料の支払い方法は下記の二種類のいずれかを選択することができます。

  • 外枠方式:保証会社に対して、借入時に一括して支払う
  • 内枠方式:保証料を金利に上乗せして、毎回の返済額に含める

ここで気になるのは、「外枠方式か内枠方式のどちらが結局お得なの?」ということですね。

結論から言うと、返済総額だけで比較した場合、外枠方式の方が毎月の返済額、返済総額ともに少なくなります。

しかし、気を付けていただきたいのが、外枠方式を選び、退職金などで住宅ローンを一括返済した場合です。

内枠方式で、一括返済をして予定より早く住宅ローンを完済したとします。

その後の保証料の支払いも当然なくなります。

これに対し、外枠方式で一括返済した場合、借入時に一括で支払いした住宅ローンの保証料は一部しか返還されません。

したがって、一括返済を念頭に置くなら、内枠方式を選んでおくことがおすすめです。

一括返済について詳しく知りたい際は「タイミングがポイント!住宅ローンの一括返済について解説」を参考にして下さい。

まとめ

「住宅ローンの保証料はなぜ支払う必要があるのか」をご自身で理解されることは、住宅を購入する上でとても大事なことでもあります。

保証会社も様々ですし、金融機関も多数存在します。その中からご自身にピッタリのプランが見つけられるよう、ご参考頂ければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加