住宅ローンの審査にかかる期間はどれくらい?

じぶん銀行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単に言うと…
  • 住宅ローンの事前審査には3日間~1週間程度かかり、本審査には2週間~3週間の時間を要します。
  • 審査の期間を短くするには、できるだけ最初に多くの書類を提出しておくこと、また、金融機関の担当者に後回しにされないよう頻繁に連絡を入れて確認することが有効な手です。
  • 審査にあたって、個人信用情報や給与証明書の取り寄せが必要になれば、さらに日数が必要となる場合もあります。

住宅ローンの審査には、事前審査本審査がありますが、それぞれどのくらいの期間が必要なのでしょうか。

また、審査に問題がある場合は審査の結果が出るまで時間がかかることがあるようですが、どの程度の時間がかかるのでしょうか。

住宅ローンの審査にかかる期間を事前に知っておきましょう。

事前審査がない住宅ローン

新生銀行
諸費用が安く、借り換えにおすすめ!
変動金利 0.450%

2019年7月適用金利

住宅ローンの事前審査の期間はどのくらい?

住宅ローンの事前審査に必要な期間は一般的には3日間~1週間程度です。

ただし、年収に対して借入額が大きすぎる場合や、自営業である場合、住宅ローン以外に借入がたくさんある場合などにはそれ以上の期間が必要な場合があります。

また、住宅ローンの事前審査は、金融機関によっては本部と支店でやり取りをしながら審査を行う場合があり、その場合に本部から追加書類の提出を求められると、その資料を用意するのに数日、用意した書類を送付するのに数日かかったりして審査期間が延びるケースもあります。

事前審査の期間を短くしたければ、できるだけ最初に多くの書類を提出しておくのが安全です。追加で提出が必要になる可能性のある書類は、後述いたします。

また、金融機関の担当者は他にも案件を抱えているため、後回しにされないよう頻繁に連絡を入れて確認するのも審査期間を短くするのに有効な手です。

事前審査の期間が短い住宅ローン5選

事前審査の期間が短い金融機関には住宅ローン専門金融機関の「ARUHI」とネット銀行の「au住宅ローン」、「住信SBIネット銀行」、「じぶん銀行」のそれぞれの審査期間は下記のようになっております。

また新生銀行」のように、事前審査がない金融機関もあります。

本審査のみの手続きで済むため、スムーズに進められますね。

<審査完了までが早い住宅ローン>

金融機関 事前審査にかかる期間
新生銀行 事前審査なし
ARUHI 最短即日
au住宅ローン 最短即日
住信SBIネット銀行 当日~3営業日
じぶん銀行 1~数日

新生銀行<事前審査なし>

新生銀行
適用金利
変動金利
0.450%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.800%

2019年7月適用金利

当初20年固定
0.950%

2019年7月適用金利

全固定25年
1.100%

2019年7月適用金利

全固定35年
1.300%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 1,変動フォーカス:借入金額×2.16%2,その他:108,000円 2週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済 必要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
1~35年 ~1億円 全国

諸費用で差がつく「6つの0円」!保証料・一部繰上返済手数料・コントロール返済手数料・団体信用生命保険・団体信用介護保障保険料・ATM手数料が全て0円。また、事前審査(仮審査)がなく審査が1回のみのためスムーズに審査が進みます。

公式サイトはこちら

ARUHI<最短即日>

ARUHI
適用金利
ARUHIフラット35
1.620%

2019年7月適用金利

新機構団信付き、融資比率9割超

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 1週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
100万円~1億円 全国

ARUHIは国内最大手の住宅ローン専門金融機関で、フラット35の実行件数シェアNo.1!全国140位上の店舗を展開しており、安心して相談ができます。

公式サイトはこちら

au住宅ローン<最短即日>

au住宅ローン
適用金利
変動金利
0.457%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.590%

2019年7月適用金利

当初20年固定
1.293%

2019年7月適用金利

全固定35年
2.220%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 4週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~1億円 全国

業界トップクラスの低金利住宅ローン!さらに、auユーザーなら最大40,000円分のキャッシュバックも。ガン保障特約(50%)が無料、仮審査が最短即日回答、全ての手続きでネット上で完結できる等、様々な魅力がある住宅ローンです。

公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行<当日~3営業日>

住信SBIネット銀行
適用金利
変動金利
0.447%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.650%

2019年7月適用金利

当初20年固定
1.230%

2019年7月適用金利

全固定35年
2.420%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 1ヵ月~2ヵ月
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料 ※固定金利特約期間中の全額繰上返済は所定の手数料がかかります。
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~2億円 全国

団信はもちろん、すべての病気・けがをカバーする全疾病保障が「保険料無料」「金利の上乗せもなし」で付帯! 働けなくなったら、月々の返済額を保障いたします。働けないまま12ヵ月経過したら、住宅ローンの残高が0円になります。 魅力的な金利と安心の保障がついた住宅ローンです! ※掲載の金利は所定の条件を満たした場合の金利です。

公式サイトはこちら

じぶん銀行<1日~数日>

じぶん銀行
適用金利
変動金利
0.457%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.590%

2019年7月適用金利

当初20年固定
1.293%

2019年7月適用金利

全固定35年
2.220%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 2週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~1億円 全国

三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資の住宅ローンの安心感!手厚い保証がついて低金利で提供。また、申込みから契約までネットで完結が可能!契約書の捺印は一切不要です。【借換えキャンペーン中!現金2万円キャッシュバック※2019年9月30日まで】

公式サイトはこちら

住宅ローンの事前審査について詳しく知りたい際は
住宅ローンの事前審査(仮審査)について詳しく解説!
初めての方必見!住宅ローン事前審査に落ちないためのポイント5つ」を参考にしてください。

住宅ローンの本審査の期間はどのくらい?

住宅ローンの本審査の期間は、一般的には2週間~3週間と事前審査よりも長い期間を要します。

本審査も事前審査と同じく条件が厳しい場合には審査期間が長くなります。

また、住宅ローンの本審査の場合、支店と本店との関係もそうですが、保証会社の承認も取り付ける必要があり、追加書類の提出を求められると保証会社から本店、本店から支店へと取次が必要になり、審査期間はより長くなります。

ただし、事前審査の場合もそうなのですが、審査期間が長くなり、細かい追加書類を求めてくることは、基本的には良い傾向です。

金融機関の担当者も何とかして住宅ローンの承認を得ようとしてさまざまな説得を試みているところで、追加書類の提出を求めるということは、「その内容を確認できれば承認が出せるかも」ということが多いからです。追加で提出が必要になる可能性のある書類は、後述いたします。

そうでなければ早い段階で否決の連絡が来るでしょう。

金融機関の担当者が審査を後回しにしているから、審査の結果が遅いということもあるため、適度な催促は有効ですが、難しい案件の場合には審査が通るかどうかは担当者次第とも言えるため、担当者と良好な人間関係を築くことも大切だと言えます。

本審査の期間が短い金融機関には住宅ローン専門金融期間の「ARUHI」と「新生銀行」、「じぶん銀行」があり、審査期間は下記となっております。

金融機関 本審査期間
ARUHI 最短3営業日
新生銀行 書類提出後約7営業日
じぶん銀行 1~数日

本審査の期間が短い金融機関はこちら

ARUHI
適用金利
ARUHIフラット35
1.620%

2019年7月適用金利

新機構団信付き、融資比率9割超

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 1週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
100万円~1億円 全国

ARUHIは国内最大手の住宅ローン専門金融機関で、フラット35の実行件数シェアNo.1!全国140位上の店舗を展開しており、安心して相談ができます。

公式サイトはこちら
新生銀行
適用金利
変動金利
0.450%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.800%

2019年7月適用金利

当初20年固定
0.950%

2019年7月適用金利

全固定25年
1.100%

2019年7月適用金利

全固定35年
1.300%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 1,変動フォーカス:借入金額×2.16%2,その他:108,000円 2週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済 必要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
1~35年 ~1億円 全国

諸費用で差がつく「6つの0円」!保証料・一部繰上返済手数料・コントロール返済手数料・団体信用生命保険・団体信用介護保障保険料・ATM手数料が全て0円。また、事前審査(仮審査)がなく審査が1回のみのためスムーズに審査が進みます。

公式サイトはこちら
じぶん銀行
適用金利
変動金利
0.457%

2019年7月適用金利

当初10年固定
0.590%

2019年7月適用金利

当初20年固定
1.293%

2019年7月適用金利

全固定35年
2.220%

2019年7月適用金利

保証料 事務手数料 審査期間
無料 借入金額×2.16% 2週間程度
返済方法 来店 繰上げ返済手数料
元利均等返済/元金均等返済 不要 無料
固定期間 借入可能額 対応地域
2~35年 500万円~1億円 全国

三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資の住宅ローンの安心感!手厚い保証がついて低金利で提供。また、申込みから契約までネットで完結が可能!契約書の捺印は一切不要です。【借換えキャンペーン中!現金2万円キャッシュバック※2019年9月30日まで】

公式サイトはこちら

住宅ローンの審査において問題がある場合の対処日数

住宅ローンの審査において問題がある場合として、さまざまなケースが考えられます。

年収が返済負担率や審査金利の条件を満たさないけど、属性が良いため審査の承認を取り付ける場合や、過去に延滞歴があるもののそれはしっかりとした理由がある場合には金融機関の担当者が、本店にいる審査部や保証会社の担当者に対して、審査の承認を得るための理由を作文して伝えます。

事前審査の段階では、保証会社を通さない金融機関もあるため、そうした問題があっても1~2日程時間を見れば大丈夫だと言えるでしょう。

本審査の場合は保証会社をつけないプロパー融資でない限りは、本店の審査部と保証会社に交渉するため、場合によっては1つの問題で1週間程延びる可能性もあります。

また、一般的には地方の信用金庫よりも地方銀行の方が時間はかかり、地方銀行よりもメガバンクの方が審査に問題があった場合にかかる対処日数は長くなると考えた方が良いでしょう。

これは金融機関の担当者次第ですが、メガバンクの場合無理だと判断されれば否決にすることが多く、地方銀行の場合無理そうでも頑張ってくれる可能性が高い傾向にあるためです。

住宅ローンの審査で資料の取り寄せにかかる日数

住宅ローンの審査中に、追加で資料の取り寄せを依頼されることがあります。

例えば、CICや全国銀行協会、JICCといった個人信用情報の調査機関から資料を取り寄せる場合や、就業期間が1年間に満たない場合に勤めている会社から給与証明を取得する場合です。

前者の個人信用情報の取得には、通常2週間程の時間がかかります。

郵送で利用する場合には定額小為替等を用意する必要があるためそれらの準備期間も見ておく必要があるでしょう。

一方、後者の給与証明書のように、会社から資料を取り寄せる必要がある場合には、会社の規模や体制によって思った以上に時間がかかることがあるかもしれません。

会社に住宅を購入することを伝えていなかった場合にはなかなか言い出しにくいという問題もあるでしょう。

また、自営業の場合で申告している年収では足りなくて、修正申告をするような場合には確定申告書に記入して、税務署に提出するまでの時間を見ておく必要がある、といったケースも考えられます。

いずれにせよ、追加書類の提出が必要な場合は、一度審査がストップしてしまいます。

事前審査の場合であれば提出から1~2日程度で結果が聞ける場合もありますが、本審査の場合には保証会社にも見せる必要がある可能性があるためより日数がかかる可能性があります。

住宅ローンの審査は通常、事前審査であれば3日~1週間程、本審査であれば2週間~3週間程あれば済みます。

状況が厳しいと審査が長引くこともあるので、金融機関の担当者には定期的に確認をすると良いでしょう。

住宅ローンの仮審査について詳しく知りたい際は「住宅ローンの事前審査(仮審査)について詳しく解説!」を
仮審査の内容について詳しく知りたい際は「住宅ローンの仮審査はどんな内容?審査基準や通過ポイントをFaが解説」を参考にして下さい。

まとめ

審査に要する期間は仮審査と本審査で最短でも10日間程度はかかってしまうと思われます。実際には審査よりも審査結果の連絡だったり、必要書類の郵送と書類準備のやりとりで契約締結までに30日から60日程度かかっていることが多いようです。

融資実行を早めるためには

  • 必要書類の記入、返送をすぐに行う
  • 取得必要な書類は事前に分かっているので、仮審査の結果がわかる前に複数枚取得しておく。
  • 10日経っても審査結果の回答かない場合、銀行担当者に連絡を入れる
  • もしものことを考えて、契約するまでは複数の住宅ローンに同時に申し込んでおく

住宅ローンを利用する場合、手続きに最低でも60日前を目処に準備を始めると安心できそうです。

監修者情報

株式会社エスティライフ

株式会社エスティライフ ファイナンシャル・プランナー

FP1級技能士、CFP、DC1級アドバイザー、証券外務員、住宅ローンアドバイザー、損害保険プランナー、TLC(生保協会認定FP)など幅広い専門的な知識・経験をもとにライフプランの"お金”に関する問題を解決するファイナンシャルプランナーの集団です。

詳細はコチラ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン シミュレーション
じぶん銀行
おすすめ住宅ローン
住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキング
1位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.418%

変動金利

2019年7月適用金利

借り換え金利

総合人気ランキングを全て見る

人気の記事

新着記事

たった1分 住宅ローン シミュレーション
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • なお、本注意事項に定めがない事項は当社が定める「利用規約」 が適用されるものとします。

「ナビナビ住宅ローン」は、エイチームフィナジーが運営するサービスです。

株式会社エイチームフィナジーは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662