• 2020.06.12

年収別に安心して返済できる住宅ローンプランのまとめ

この記事では年収別にベストな借入金額や、住宅ローン金額によっていくら年収があれば安心して返済できるのかをまとめています。

気になる記事はリンクから確認してみてくださいね。

この記事を執筆・監修している専門家

執筆者

中澤悠生

ナビナビ住宅ローン編集部

保有資格・検定

3級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士、住宅ローンアドバイザー、

住宅ローンアドバイザー、3級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士。「家を買いたいけど、ローンをどう選べば良いかわからない」「不動産屋さんに勧められるままにローンを契約したけど後悔している」などの悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。このような悩みを解決するべく、当サイトではどこよりも分かりやすい住宅ローン情報を届けることをモットーに執筆・編集をしています。

編集者

ナビナビ住宅ローン編集部

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

年収400万円の住宅ローン

>>>年収400万円の住宅ローン適正額は?借入限度額と無理なく返済できるプランを試算

  • 年収400万円の適正な借入金額は、手取り収入の20%程度、税込み年収の17%程度まで
  • 年収400万円の場合、住宅ローン控除の恩恵はそれほど大きくないため、減税をあてにした借入れは危険
  • 変動金利の場合は、「金利上昇を見越して返済負担率を抑える」「返済期間を短くする」の2つが重要
  • 同じ年収でも働き方や借入時の年齢に合わせて、返済負担率を抑えるよう対策する

    年収500万円の住宅ローン

    >>>世帯年収500万円の適正住宅ローン額は?安心返済できるプランをプロがアドバイス

    • 世帯年収500万円でも4,900万円まで住宅ローンは組める
    • 「借入可能な上限額」と「返済できる金額」は全く異なる
    • 世帯年収500万円の適正借入額は2,200万円前後
    • 返済負担率は17%程度(手取り収入の20%程度)までにすることが大切
    • 安心して返済するため、ライフスタイルや年齢にあわせて借入額と返済期間を調整する必要がある

    年収600万円の住宅ローン

    >>>年収600万円で3,000万円借りても大丈夫?返済に困らない理想的な住宅ローン借入額を解説!

    • 年収600万円の適正な借入金額は、手取り収入の20%程度、税込み年収の17%程度まで
    • 住宅ローンの適正借入額は2,600万円~2,700万円程度
    • 家賃=住宅ローン返済額にしないこと
    • 長期的なライフプランを考え、返済負担率も意識した返済計画を立てること

      年収700万円の住宅ローン

      >>>世帯年収700万円の理想的な住宅ローン!借入金額、返済負担率の基準を詳細解説

      • 年収700万円の適正な借入金額は、手取り収入の20%程度、税込み年収の17%程度まで
      • 世帯年収700万円の場合、理想的なローン金額は3,000万円程度
      • 家族それぞれの意見や希望をしっかり反映した綿密なライフプランを作ること
      • 金利上昇など万一の可能性があっても返済できる余裕のある返済計画を立てること

      年収800万円の住宅ローン

      >>>年収800万円の人はいくらまで住宅ローンを組める?理想の返済額と上限を解説

      • 余裕をもって返済できる金額は約3,300万円~3,400万円
      • 「借入上限額」と「無理なく返済できる金額」は違うので要注意
      • フルタイム共働き子育て世帯は、片方の収入だけで住宅ローンを返済できるようにしておく
      • 借入時に高齢の場合や、頭金がない場合は、世帯状況に合わせて組み方を変える

      年収900万円の住宅ローン

      >>>年収900万円の住宅ローン事情!借入金額は3,400万円までに抑えるのが理想

      • 余裕をもって返済できる住宅ローン返済額の目安は、手取り収入の20%以内
      • 「借りられる上限金額」と「無理なく返済できる金額」は違うので要注意
      • 共働き世帯は片方の収入で返済できるようにする
      • 借入時年齢が40歳など高齢の場合、定年までに完済できる返済プランにする
      • しっかり頭金を準備し、家の維持管理費用を多めに見積もりつつ返済計画を立てる

      2,000万円の住宅ローン

      >>>安心して2000万円の住宅ローンを返済するためのプランの考え方!借り入れ年数別に返済額を解説

      3,000万円の住宅ローン

      >>>3,000万円の住宅ローンを組んでも大丈夫か?年収別の影響を調査!

      • 返済額を手取り収入の20%以内に抑えること
      • 3,000万円の住宅ローンを組む場合に必要な年収は500万円

      4,000万円の住宅ローン

      >>>4,000万円の住宅ローン シミュレーションで家計への影響を見る

      5,000万円の住宅ローン

      >>>5,000万円の住宅ローンは年収1,300万円あれば余裕を持って返済できる!

      • 返済額を手取り収入の20%以内に抑えること
      • 5,000万円の住宅ローンを組む場合に必要な年収は1,300万円

      6,000万円の住宅ローン

      >>>【6,000万円住宅ローン】余裕を持って返済する場合の年収は1,600万円以上

      • 返済額を手取り収入の20%以内に抑えること
      • 6,000万円の住宅ローンを組む場合に必要な年収は1,600万円
      保険相談
      スポンサーリンク

      住宅ローン シミュレーション
      新生銀行
      おすすめ住宅ローン
      新生銀行
      満足度
      4.1
      新生銀行
      最低金利
      0.450%

      2020年07月適用金利

      変動金利

      総合人気ランキング
      1位 auじぶん銀行
      満足度
      4.7
      auじぶん銀行
      最低金利
      0.380%

      2020年07月適用金利

      変動金利

      全期間引下げプラン

      じぶんでんきをセットでご契約の場合

      2位 住信SBIネット銀行
      満足度
      4.5
      住信SBIネット銀行
      最低金利
      0.398%

      2020年07月適用金利

      変動金利

      借り換え金利

      3位 新生銀行
      満足度
      4.1
      新生銀行
      最低金利
      0.450%

      2020年07月適用金利

      変動金利

      総合人気ランキングを全て見る

      おすすめの記事ランキング

      新着記事

      • 国税庁
      • 国土交通省
      • 住宅金融支援機構
      • フラット35
      たった1分 住宅ローン シミュレーション